>
[Amazon] 香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)
香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

香水―ある人殺しの物語

おすすめ!4.1 [4.1](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:166171位
  • Amazon価格:¥ 799
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167661381(文藝春秋)
香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 4.1 [4.1]

18世紀のパリ。孤児のグルヌイユは生まれながらに図抜けた嗅覚を与えられていた。真の闇夜でさえ匂いで自在に歩める。異才はやがて香水調合師としてパリ中を陶然とさせる。さらなる芳香を求めた男は、ある日、処女… このレビューの続きを見る

外では凄い雷が鳴っている。雨も凄い。これが過ぎたら暖かくなるのかなぁ?なんて思いながら過ごしています。(桜開花宣言からずーっと寒いのですもの)今日は色々な事を考えた一日だった。世の中本当にいろんな人… このレビューの続きを見る

映画化された作品で、映画は見ていないのですがずっと原作を読みたいなぁと思っていた本でした。本を読む人々。の100冊文庫企画にノミネートされていたので(そして選ばれました!)、これはいいチャンス!と思って… このレビューの続きを見る

米が絶賛していたので読んだ。本当に面白かったので映画も見たい。 徹底した匂いの表現。これが素晴らしくて、もう何も言うことない。特に冒頭の「これから物語る時代には、町はどこも、現代の私たちにはおよそ… このレビューの続きを見る

パヒューム ある人殺しの物語の原作本です。 映画の事をどこで知ったのか覚えていないのですが、原作小説がある事を知り、毎度のAmazonで興味あるレビューが多かったので購入しました。 そして、あっという間に… このレビューの続きを見る

恐くはないが面白かった! 少女の匂いに執着するあまり異常な行動に走る嗅覚抜群な男の話。 原作がどうやら面白いらしいんだけど、まずは映画を観て来た。本当に画面から匂ってきそうな映像が凄いし、過剰なほど… このレビューの続きを見る

外はこんなに天気なのに

12:17:By

風邪が治らないので一週間外に出てませんヽ(`Д´)ノ 今週末大事な用があるので@二日くらいで劇的に良くなってほしい・・( ゚ρ゚ ) ところで、 映画の特集で「パフューム」という作品を知った。3月3日から上映し… このレビューの続きを見る

勢いあまって原作本を購入。 出だしから引き込む上手さは映画以上。いやあ面白いのなんの。 映画はかなりあちこちカットし、時間軸も短縮してたんですな。でもその取捨選択はかなり成功していたと思う。逆に最も原作に忠実なんではないかと感じたグルヌイユが、映画ではかなり改変されていたことに驚いた。

この本を初めて読んだのはもう10何年も前。 とっても好きな本。嫁入りの際に持参したほど。 「映画化される」といううわさを聞いてから、かーなーりの年月が経っているような気がしますが、映画になりましたね。

・出版社/著者からの内容紹介・ 奇想天外! 「鼻男」の一代記 十八世紀のフランス。あらゆる人を陶然とさせる香水を創り出す匂いの魔術師が、馥郁たる芳香を放つ少女を求めて次々に殺人を犯す 今年映画化と… このレビューの続きを見る

コッポラが!!スピルバーグが!! 映画権を奪い合ったと話題の映画「パフューム」の原作本です 私が購入したのは映画のポスターにも出てくる見事な赤毛の女性が表紙を飾ったものです こういったちょっと(す… このレビューの続きを見る

近々(3/3)映画が公開する『香水−ある人殺しの物語』。 因みに映画の公式サイト。予告映像観れますよ〜。 映画のCMを見て音楽がキレイだな〜と思い、ついでにアラン・リックマンに惹かれて観に行こうと決め… このレビューの続きを見る

パフューム

21:12:By a double-faced person

すっっっっかり忘れてました。 今日から公開している「墨攻」で浮かれてました。 その原作本をフラリと本屋へ買いに行って、思い出した。 3月3日に「パフューム-ある人殺しの物語-」の公開を!! あー私… このレビューの続きを見る

関連する商品