DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 新装版 世に棲む日日 - 司馬 遼太郎 のレビュー全12件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 新装版 世に棲む日日 (1) (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

新装版 世に棲む日日 (1) (文春文庫)
新装版 世に棲む日日 (1) (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

新装版 世に棲む日日

おすすめ!3.7 [3.7](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:8361位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167663066(文藝春秋)
新装版 世に棲む日日 (1) (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.7 [3.7]

世に棲む日々を読み終えたヒーローは自分のやるべきことにまよいはないんだなとおもわさせられました。吉田松陰とそのあとを継いだ高杉晋作の伝記物語。けっこう長州の中だけで完結していて、坂本龍馬・中岡慎太郎… このレビューの続きを見る

こんばんは☆しばらくぶりになってしまいました。『世に棲む日日』(全四巻)司馬遼太郎著読破。吉田松陰と、高杉晋作。幕末を、この二人を中心に眺めたお話。『花神』に続けて読みました。山口へ行きたくなります。司馬遼太郎っておもしろい!!とにかく疑わずになんでもいいから読んでほしいです。

3.7

世に棲む日日

23:56:By Apple JAM

 最近本から遠ざかっていて、通勤時もiPhoneでWEB見たり、動画見たりだった。去年の年末から読み始めて二冊で止まっていたのを最近やっと読み上げたwさて、前半は吉田松陰、後半は高杉晋作が主人公の2部構成… このレビューの続きを見る

昭島の実家で、龍馬伝を久しぶりに見た。 今回は黒船に密航しようとする吉田松陰にスポットが当たっていた。 桂小五郎と坂本竜馬が密航する松陰を止めようとする場面。 その中での松陰の言葉が印象的だった。 … このレビューの続きを見る

狂気じみた、凄まじいまでの尊王攘夷運動 幕末、長州藩は突如、倒幕へと暴走した。その原点に立つ吉田松陰と弟子高杉晋作を中心に、変革期の人物群を鮮やかに描き出す長篇高杉晋作の「おもしろきこともなき世をお… このレビューの続きを見る

幕末が好きなもんで。(もういいって?) こないだ読んだ「花神」と対の本だということで早速読んでみました。 こちらは、吉田松陰と高杉晋作が主役。 一応、なんとなくは知ってるんですけど。いろいろ読んで… このレビューの続きを見る

初志貫徹、長州藩

22:21:By HoliHoliday

  すごいよ、吉田松陰先生、高杉晋作。 長い長い歴史の中では、山口県で起きた小さな革命運動。 でも日本初の独立国家誕生という大きな大きな偉業。 全4巻完読。 次は何を読もうかな。

萩に行ったため、読み直し中。 実際の場所を見てきただけあって、前回読んだときよりも更に楽しめる。 完。 やっぱり高杉晋作、すきです。

前半は吉田松陰 後半は高杉晋作が主人公

吉田寅次郎の幼少〜ペリー2度目の来航まで。 「実行の中にのみ学問がある。行動しなければ学問ではない」 (松蔭の読書物、王陽明「伝習録」より)

3.7

変わり者

03:51:By トビキリノリアル

最近、人の行動特性や動機に興味があります。(歴史に興味があるというよりは というのも、自分がもともともっている特性・動機もわかってないし、 今後意識すべき行動特性も明確じゃないから。 自分の事… このレビューの続きを見る

関連する商品