DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed パーク・ライフ - 吉田 修一 のレビュー全14件 JUGEMブログ

>
[Amazon] パーク・ライフ (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

パーク・ライフ (文春文庫)
パーク・ライフ (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

パーク・ライフ

おすすめ!3.4 [3.4](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:231311位
  • Amazon価格:¥ 464
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167665034(文藝春秋)
パーク・ライフ (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.4 [3.4]

「パークライフ」

15:57:By moji*lib

『パークライフ』の方は、名前も知らぬ彼女へ向けられる幽かな恋心と、日比谷公園での二人のやりとりや何気ないことが話の中心。正直、何の山場もなく終わって、「だから?」といった感じで、特に感想も思いつかな… このレビューの続きを見る

パーク・ライフ

13:09:By 読書家宣言

  

うーーーーーーーーーん。 正直読み終わったあともなんともいえない。 淡々とした作品って嫌いじゃないんだけど これはある意味拍子抜けでした。 あれ?もう終わり?みたいな。 そのそこから何か始まる予感みたいなのがいいんだろうけれども 何気なく読んでるうちに終わってしまった。 読み終わった後もあまり何も残らずに しばらくしたら内容をすぐに忘れてしまいそうだ(汗)

 長崎は今日も雨。時折雷雨ともなり憂鬱な一日でした。 あちらこちらでも凄いことになってるみたいですね。 雨は怖いですよ〜 その昔長崎大水害で死に目に会いました。 一緒に修羅場を潜り抜けたのが今の主人… このレビューの続きを見る

東京を俯瞰する人体の解剖図のような描写から始まる本書の 舞台は東京と日比谷公園。 そこに居ないはずの話し相手 別居中の夫婦 家主がおらず、知人が生活する家 母親と亡くなった赤ちゃ… このレビューの続きを見る

 公園にひとりで座っていると、あなたには何が見えますか?スターバックスのコーヒーを片手に、春風に乱れる髪を押さえていたのは、地下鉄でぼくが話しかけ てしまった女だった。なんとなく見えていた景色がせ… このレビューの続きを見る

[吉田修一] ブログ村キーワード 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 公園にひとりで座っていると、あなたには何が見えますか?スターバックスのコーヒーを片手に、春風に乱れる髪を押さえていたのは、地下鉄でぼくが話しかけ てしまった女だった。なんとなく見えていた景色がせつないほどリアルに動きはじめる。日比谷公園を舞台に、男と女の微妙な距離感を描き、芥川賞を受賞した 傑作小説。

パーク・ライフ

13:24:By 受賞本

 パーク・ライフ  著者 : 吉田修一  受賞歴 : 第127回芥川賞 受賞

血液、流水、墓石、花

00:00:By Mement

JUGEMテーマ:読書   久し振りに「これは秀逸だ!」と膝を打った。  牧野とも息巻いて話していたのだが、特に後半に収録されている『フラワーズ』。元旦と、流れる水、墓石、花びら。  頭の中で移り変わる… このレビューの続きを見る

3.4

吉田修一三昧。

01:09:By knock ; lucK

+ 『パーク・ライフ』パークとライフの間にどうして点が入っているんだろう。公園と人生?公園でぼうっとするのは愉しいとおもう。あたまの中をからっぽにできる数少ない瞬間。目眩とか、まぶたおさえるとあらわれ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:注目★BOOK 二回目です。 五つ星つけてたものの、覚えてなかったので。 パレードが良すぎたっていうのもあって。 あらためて読んでも面白い。 新鮮っていう感じは薄れてしまったけど、新… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:気になる書籍 芥川賞受賞作なんですね。 でも正直なにがいいのか良くわからない・・・ ほんとに普通の日常生活なんですよね。それがいいのかな? 正直私には退屈でした。

公園にひとりで座っていると、あなたはには何が見えますか? スターバックスのコーヒーを片手に、春風に乱れる髪を押さえていたのは、地下鉄でぼくが話しかけてしまった女だった。なんとなく見えていた景色がせつ… このレビューの続きを見る

これ芥川賞だって。知らなかった・・・! でも通りでいい作品なわけだ、とちょっと納得した。なかなか、なかなか。 「最後の息子」の閻魔ちゃんは衝撃的でしたが、これはそんな気もなく素直に面白い。 何となく… このレビューの続きを見る

関連する商品