DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed デッドエンドの思い出 - よしもと ばなな のレビュー全35件 JUGEMブログ

>
[Amazon] デッドエンドの思い出 (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

デッドエンドの思い出 (文春文庫)
デッドエンドの思い出 (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

デッドエンドの思い出

おすすめ!3.7 [3.7](35件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:11797位
  • Amazon価格:¥ 562
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167667029(文藝春秋)
デッドエンドの思い出 (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(35件) 3.7 [3.7]

今ならわかる。最低の設定の中で、その時私は最高の幸せの中にいたんだということが。あの日の、あの時間を箱につめて、一生の宝物にできるくらいに。・・・無慈悲なくらいに無関係に、幸せというものは急に訪れる… このレビューの続きを見る

3.7

共時性

00:19:By フラクタルな日常

 よしもと ばななさんの本には、いつも、書かれている内容と自分が、どこかシンクロしたような状況にある時に出合います。  きっと、本を手に取る人それぞれが、最も必要としている時に言葉が届くように、魔法… このレビューの続きを見る

 よしもと ばななさんの本には、いつも、ちょうど書かれている内容と、どこか自分がシンクロしたような状況にある時に、出合います。  きっと、本を手に取る人それぞれが、最も必要としている時に、必要な言葉… このレビューの続きを見る

ちょっとしたきっかけがあって、「よしもとばなな」を読んでみるかと思った。 縁あって(?)選んだこの2冊を読んでみて、 (なるほど〜、「ばななワールド」という言葉があるわけだ) と感じた。 登場人物… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:写真日記  ↑ 今朝の読売から。 紅葉がピークなんでしょうねぇ。最近始まった仕事のために、いつもの通勤でも紅葉を朝の時間だけ、目の保養にすることができます。↑ とんがり帽子のような銀… このレビューの続きを見る

ちょっとしたきっかけがあって、「よしもとばなな」を読んでみるかと思った。 縁あって(?)選んだこの2冊を読んでみて、 (なるほど〜、「ばななワールド」という言葉があるわけだ) と感じた。 登場人物… このレビューの続きを見る

   obiword  これまで書いた自分の作品の中で、いちばん好きです。  これがかけたので、小説家になってよかったと思いました。よしもとばなな  「デッドエンドの思い出」 よしもとばなな  *幽霊… このレビューの続きを見る

 図書館で一度借りて読んで気に入って購入した一冊。 最近、唯川恵さんや村山由佳さんより、よしもとばななさんや江国香織さんが好きです。 心が幸せ〜になります これからもいっぱい読みたいです。

 幽霊の家に打ち砕かれました。

デッドエンドの思い出

14:26:By

短編集。これはすごい面白かった。よしもとばななの描く人物像ってちょっと不思議でヘンな考え方で意味もなく淡々としててよくわからないことが多いんだけど(まあ江国さんも川上さんなんかもそうだが)その割に展… このレビューの続きを見る

必ず英語の副題が付いています。「すべてがFになる」は「THE PERFECT INSIDER」孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季(まがたしき)。彼女の部屋からウエディ… このレビューの続きを見る

やっぱりばななさんワールド全開ね。 短編集。 やわらかい感じのいいな、っていうお話もあり。 ばななさんらしいのあり。 うーん?ってのもあり。 どれもつらいラブストーリー。 でも、どれも希望の光が見えるや… このレビューの続きを見る

 デッドエンドの思い出  著者 : よしもとばなな  受賞歴 : 2004年本屋大賞 7位

   デッドエンドの思い出  よしもとばなな

ほのぼのするのに、一抹の寂しさも覚える話が5編。記憶している中では、初となる、よしもとばななの作品。確か、まったく読んだ記憶がない。直接的な表現の仕方に最初は戸惑ったものの、それが肌に触れるような近… このレビューの続きを見る

 デッドエンドの思い出 よしもとばなな 死んじゃうバナナ|寝るバナナ|殺されるバナナ|意識とか|瞑想妄想|ばななのおとこはやさしいよね|別にいいけどさ|ますみ事件|カレー|バカ元カレー|母親とか… このレビューの続きを見る

12月に友人たちと四万温泉積善館へ。 そのときに持っていた3冊のうちの一冊。

そろそろ冬眠でもするか

00:11:By

ち ょ う 寒 い ! なんなんでしょうかこの寒さ。本当に凍死するかと思いました。ひぇぇぇ。 各地で天候が荒れてるようで。ほんと何なんだこの天気! 皆さんも外出時はお気をつけて。 そして画像は最近図書館… このレビューの続きを見る

すぅっと入れました。 透明感があってすがすがしい。 基本的に人がいい。 正直な本です。 毛羽立った気持ちにも水のようにしみこみます。 「すごくいい」とか「ぜんぜん合わない」じゃなくて日常な感じです。 日常って一番考える。

あったか〜くなる 冬の日の石油ストーブのような 単純にいいなぁ、素敵だなぁ、と思う

先日、トップランナーの私のセレクションビデオを観てた その中に、よしもとばなながはいってて、「デッドエンドの思い出」を紹介してた。 これが書けて本当に良かったっていうばななはんの満ち足りた表情見て、 … このレビューの続きを見る

よしもとばななさんの作品をたくさん読んだわけではないけれど 本当にこの人は, どんな人の日常にでも,必ず存在する もの,できごと,自然の恵み,人間の感情など あらゆるものの中にある幸せを感じ取る,類… このレビューの続きを見る

大好きだった国語の先生にお借りしてはじめて読んだ本です。

実は初ばなな作品だったけど よかった。ほっこりした。 ともちゃんも出てくるし(笑) 大人の恋愛がテーマだけど なんだかいろいろ共感して読めた。

今回読んだ本;デッドエンドの思い出 よしもと ばなな つらくても、どれほど切なくても、幸せは不意に訪れる。かけがえのない祝福の瞬間を鮮やかに描いた短編集! 不思議な感じのする、けれどもどこか柔らかな幸せを感じられるそんな話が詰まった本

家族とか、仕事とか、友達だとか、 婚約者とかなんとかいうものは、 自分に眠るそうした恐ろしいほうの色彩から 自分を守るためにはりめぐらされた 蜘蛛の巣のようなものなんだな、と思った。 そのネットがたくさんあるほど、下に落ちなくてすむし、 うまくすれば下があるなんて気づかないで 一生を終えることだってできる。 P223より抜粋

だいぶ前から気になってたんで、バイト先から借りてきた。。 文句なしに良かったー よしもとばななは2〜3冊しか読んだことなかったけど、 これを読んで、何かはまりそうだった。 てか、普通に泣けました でも、やっぱ村上春樹に勝るものはないよなー 最近、活字離れしててやばい気がするので本読みます>< 本読まないと、物の考え方が固定されてしまうんで。。

ちょっとせつなくなってしまうものもあるけれど、 温かい気持ちになれる短編集。 不器用な主人公が多いかな。 でも愛すべき存在。 いいな、こういうの。 ランキング参加しています。 よかったら↓ぽちっとお願いします。 JUGEMテーマ:本の紹介

「デッドエンドの思い出」は、短編集です。 まだ全部読んでないんですが、(あー 本当にステキな作品ばかりなわけで、 私は特に一番最初に書いてあった話が ツボに入りました!(・∀・)ノ 具体的に… このレビューの続きを見る

久々に日記というか紹介w これはもう結構前にですね、 普段ほとんど本を読まない僕が無性に本読みてぇ!と思った時に買った本です。 タイトルだけでピンと来て買いました@@ デッドエンドてどんだけやっ… このレビューの続きを見る

読み終わりました。みほこさんにはこないだ気分が中庸になれるかもと勧めたよしもと先生の著作だけど、訂正つーか、これはちょっと疲れているときには読まない方がいいかもしれん……。でもみほこさんとはたしか好み… このレビューの続きを見る

つらくて、どれほど切なくても、幸せはふいに訪れる。 かけがえのない祝福の瞬間を鮮やかに描き、心の中の宝物を蘇らせてくれる珠玉の短篇集。

2月に読んだ15冊の中で、特に良かった本のご紹介。 よしもとばななさんの5編からなる恋愛短編集で、もうずいぶん前に 出ていたのですが、その時はある事があって恋愛物は触手がのびず。 先日図書館で見… このレビューの続きを見る

短編集。5つの作品が収められていて、どれもはずれがない感じ。 短編集ゆえ、あらすじは省略します。特に心に残ったものについて感想を。 ・幽霊の家 精神的なものと肉体的なこと。「棒と穴」という表現に… このレビューの続きを見る

3.7

血がダラダラ。

00:25:By

読み返すと、人生のいちばんつらかった時期のことが まざまざとよみがえってきます。 だからこそ、大切な本になりました。 〜〜中略〜〜 「なんでこんなつらいものを金を出してまで 読んでいるのだ!」と思ったかもしれないけれど、

関連する商品

  • とかげ

    とかげ

    JUGEMレビュー件数:15

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 海のふた

    海のふた

    JUGEMレビュー件数:9

    Amazon評価平均:評価平均35

  • みずうみ

    みずうみ

    JUGEMレビュー件数:12

    Amazon評価平均:評価平均35

  • ハネムーン

    ハネムーン

    JUGEMレビュー件数:4

    Amazon評価平均:評価平均30

  • ハゴロモ

    ハゴロモ

    JUGEMレビュー件数:13

    Amazon評価平均:評価平均35

  • なんくるない

    なんくるない

    JUGEMレビュー件数:12

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 哀しい予感

    哀しい予感

    JUGEMレビュー件数:3

    Amazon評価平均:評価平均45