DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed その日のまえに - 重松 清 のレビュー全25件 JUGEMブログ

>
[Amazon] その日のまえに (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

その日のまえに (文春文庫)
その日のまえに (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

その日のまえに

おすすめ!3.9 [3.9](25件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:3657位
  • Amazon価格:¥ 648
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167669072(文藝春秋)
その日のまえに (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(25件) 3.9 [3.9]

その日のまえに

23:15:By 蛇足

頂いたときに「電車内で読むのはヤバいですよー」と言われてたんですけど、まぁほら読むじゃん、文庫だし、手軽だし、満員の中立ってても読みやすいし。泣いたよね、満員電車の中立ちながら。 連作短編集なんで… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】余命数ヶ月を宣告された妻・和美の希望により、昔夫婦で住んでいた思い出の地へとやってきた僕ら。しかし、時は無常にも過ぎ去り、かつての面影はあまり感じられないほど様変わりしてしまってい… このレビューの続きを見る

身近な人の死をテーマにしたこの短編集は、いつかは誰にでも訪れる「その日」とどう向き合うべきなのか、人の幸せって何か、家族に何ができるのか、そんなことを考えさせてくれます。 特に「その日のまえに」~「… このレビューの続きを見る

忘れても、また思い出そう。 『その日のまえに』 重松清 恥ずかしながら、人生初・重松清さんです…^^; いやー泣きました!もう号泣! 死を見つめる短編集なんですけど、 登場人物が死ぬ瞬間が書かれて… このレビューの続きを見る

「死」がテーマの少々、いやいや、めっぽう切ないお話。 短編集でひとつづつの話も読めるし、読み応えもあります。 ふざけることの出来ないテーマなので、笑いとかはないですが、 誰だって考えたり、これから考えることがあるテーマで、 そこからは逃げられないから余計に嵌り込んでしまいます。 できれば一度読んでください。

 またしても泣きました!何なんやろ、重松さんの作品はというか生と死に触れてるからこそ、涙ものというのもわかるけど読んだあとになんか、人とつながっていたいなぁって思わせてくれる作品が多いかな?昨日… このレビューの続きを見る

その日

16:53:By lamp

  その日。大切な人が亡くなる日。 泣くつもりはないのに。 終盤は涙が止まりませんでした。 涙で文字が見えない。 自分でも驚くほど号泣してた。 読み終えた後、隣に座ってた旦那さんを見て、もっと涙が出た。

JUGEMテーマ:読書感想文お兄ちゃんが重松清さんの小説を読破しているので我が家にもほぼすべて揃っています。文章がとても上手いからかサクッと読める点から私もたくさん読んでましたが、テーマとなるのが「いじめ… このレビューの続きを見る

3.9

その日のまえに

10:48:By DoWhat10!

じんわりきたー。 もともと「死」テーマにした話が好きってのもあるけど すごく良かった。 号泣とかではなくて、じんわり涙が流れる感じ。 昼休みや移動中に読むには憚られる小説。 映画は大林ワールド!って感じだったけど 意外と原作に忠実だったんだたなーと。

<永遠なんてどこにもない。死を題材に生を問う。落涙必至の傑作> 何気ない日常から、ある日突然、愛する人を失う人たちはどうするか。誰でも訪れる死、その日をあなたはどう迎える。短編集。 こんなに泣いた本… このレビューの続きを見る

 ■内容(「BOOK」データベースより)僕たちは「その日」に向かって生きてきた―。昨日までの、そして、明日から続くはずの毎日を不意に断ち切る家族の死。消えゆく命を前にして、いったい何ができるのだろ… このレビューの続きを見る

その日のまえに

21:21:By 受賞本

 その日のまえに  著者 : 重松清  受賞歴 : 2006年本屋大賞 5位

その日のまえに

14:23:By S U P E R_P

友達イチオシの本。読みました。泣きました。号泣です。短編集かなーと思ったら違ってました。ぜひ順番通りに読んで欲しいです。ラスト2くらいからはもう、涙はでるは鼻水はでるわでなかなか進まなかったくらい号泣!こんなに泣いたのは東野圭吾の「手紙」以来かも。重松清の本は前に「流星ワゴン」を読んだくらいかな?あれもぐいぐい引き込まれて一気に読んだなあ。

普段、どれくらい本を読んでいるのかわからないが、重松さんを知らなかった友達に『その日のまえに』をオススメした。 「良かったよ」という答えが返ってきてホッとし、そして他の人にまたオススメだよと言って瀬… このレビューの続きを見る

 私が最近一番気に入った1冊です。 久しぶりにのめりこむ本に出会いました。 泣きたい時の1冊です。 切ない思いが・・・

母から借りた重松清さんの「その日のまえに」 彼が恩師をなくしたことをきっかけに、大幅に改稿が加えられた身近な人の「死」にまつわる短編集です 同級生、夫、幼馴染、妻、母親、父親……そんな大切な人をなく… このレビューの続きを見る

「その日」

22:05:By minorhythm

泣いた。 久しぶりに 思いっきり泣いた。 思いっきりって言っても 声を上げてわんわん泣くんじゃなくて 静かに、泣いた。号泣した。 「その日のまえに」 重松清 誰だって、いつかは死ぬ。 「その日」… このレビューの続きを見る

 読みながら何度涙を流してしまったかわかりません。遠いようですぐそこにある「死」という存在を扱った作品。それぞれが短編なのだけれども、うまい具合に話が繋がっているところがまたよかった。た だ、長く… このレビューの続きを見る

発売当初から読みたかった本。 生きること、死ぬことをテーマにした7つの短編ストーリーの集まり。 それぞれ1つのストーリーだけど、何気にすべて繋がっている。 自分が死ぬってわかっていたら、一体何を望… このレビューの続きを見る

その日のまえに

16:59:By ぶくわむ

重松さんは私が惹かれてやまない雰囲気を作ってくれる作家さんです。まだ2冊しか読んでないけど、なんでもっと早く読んでみなかったか後悔しちゃうぜ。 連作短編集、になるんでしょうか。大雑把に言うと、すべて… このレビューの続きを見る

重松清さんのその日のまえにを読みました。 ストーリーは愛する人、家族、友達などの大切な人が突然病魔に 冒されて亡くなってしまう過程、その周囲を細かく描かれた7つの連作短編集。  ひこうき雲  朝日のあ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/11/6〜2008/11/7 [文庫裏表紙より] 僕たちは「その日」に向かって生きてきた―。昨日までの、そして、明日からも続くはずの毎日を不意に断ち切る家族の死。消えゆく命を前… このレビューの続きを見る

 

これ読みました。 いつかは誰にもおとずれる大切な人とのお別れ。 「その日」という日に向かって進んで行くのってどんな気持ちなんだろう。 重松さんはその日に向かう人や、周りの人のことを丁寧に描いていて。 「その日」が予測できるのと、突然「その日」がやって来るのと どちらが幸せなのかなぁ。。。なんて考えてしまいました。 映画もちょっと興味があります。

僕達はその日のために準備してきた 会社で読んでましたが、泣くに泣けず辛かった… 一人で読むのをオススメします。 いくら人が生まれたからには死ぬといったって 愛すべき人が死ぬのは辛い。

関連する商品

  • 流星ワゴン

    流星ワゴン

    JUGEMレビュー件数:56

    Amazon評価平均:評価平均35

  • ビタミンF

    ビタミンF

    JUGEMレビュー件数:13

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 青い鳥

    青い鳥

    JUGEMレビュー件数:5

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 卒業

    卒業

    JUGEMレビュー件数:10

    Amazon評価平均:評価平均40

  • とんび

    とんび

    JUGEMレビュー件数:6

    Amazon評価平均:評価平均35

  • きみの友だち

    きみの友だち

    JUGEMレビュー件数:19

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 博士の愛した数式

    博士の愛した数式

    JUGEMレビュー件数:56

    Amazon評価平均:評価平均35

  • ツナグ

    ツナグ

    JUGEMレビュー件数:11

    Amazon評価平均:評価平均35