>
[Amazon] 空中ブランコ (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

空中ブランコ (文春文庫)
空中ブランコ (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

空中ブランコ

おすすめ!4 [4](60件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:18930位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167711028(文藝春秋)
空中ブランコ (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(60件) 4 [4]

イン・ザ・プール  精神科医が主人公で、彼のすっとぼけた言動がやたらおもしろく、それでいて読み終わった後、なんだか心が癒されている。 本のマジックにかかったようでした。 空中ブランコ 精神科… このレビューの続きを見る

私が大好きな伊良部先生のシリーズ。 なんと直木賞とったんです。 小説の中の伊良部とは、似ても似つかないけど・・・ だって石原軍団の徳重聡が、伊良部なんだもん。 でも、ドラマも結構面白かった。 いろんな心… このレビューの続きを見る

4

空中ブランコ

21:23:By Scribbled Note

「イン・ザ・プール」を読み終えたのでこちらも。 同じような展開が続くので、 さわりの段階でオチまでが読めてしまう…。 文体は軽快で読みやすいけど、 展開はちょっと飽きてしまう。

今度、宮迫主演でこの話の舞台をやるらしい。 見に行きてー。 注射マニアでトンデル精神科医、伊良部が好き勝手やって 病気を治しちゃうお話。 『イン・ザ・プール』の続編。 前作より、もしかしたら自分もかかっちゃうかもと 思わせる精神病の話が多かった。 心暖まる話も多い。 笑えるところも多い。 だから面白かったです。

昨日のBlogでもチラッと書いた通り、今までに実際に「本」として持っていたものでも、iPad/iPhone用の電子書籍になったものはけっこう買い直ししている。自炊するのは面倒だし、業者に頼むのは時間とか未整備の法律… このレビューの続きを見る

  ≪内容≫ 「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依… このレビューの続きを見る

4

Dr.伊良部一郎

23:12:By beyond my wish

奥田英朗さん「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」読みました。おもしろかった。心が病んでることに自分自身は気づかないもんなんだって思う。伊良部先生は精神科医。太っていて、だらしなくて、5歳児がそのまま大… このレビューの続きを見る

10.12.18. SAT 大安 国際移民デー   今日は、ママのお好み焼き作りのお手伝いをしました。 ↑ランキングに参加しています↑ JUGEMテーマ:軽度発達障害児 JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪ -… このレビューの続きを見る

「いらっしゃーい」 奥田英朗著の第3部シリーズ。すべては伊良部先生という神経科の先生のもとに通ってくる患者の話。患者たちの目を通してのストーリーなのに伊良部先生の存在感といったらすごい!本人たちの深刻… このレビューの続きを見る

トンデモ精神科医・伊良部のもとに訪れる患者たちの苦悩を面白可笑しく描いた短編集。 前作『インザプール』よりもさらにパワーアップしているように感じます。 可笑しいけど最後はほろっと来て前向きな気持ちに… このレビューの続きを見る

4

空中ブランコ

15:28:By sablog8

会社の人に借りて読みました。 せっかく一作目の「イン・ザ・プール」とセットで借りたのに 順番を間違えて「空中ブランコ」を先に呼んでしまいました。 残念。 短編集ですが、全部に共通する登場人物が出てくるので 長編感覚で読めました。

直木賞受賞作品、 奥田英朗『空中ブランコ』読んだなう。アニメを先に観ていたので、そのイメージが強いですが…。面白かったです。短編でサクサク読めました。5歳児みたいに無邪気な伊良部先生がとーっても個性的☆めちゃくちゃな言動なのに、心の病を抱える人達の心にスッと入っていっく伊良部先生は素敵です。『空中ブランコ』はシリーズの第二弾ということなので、第一弾の『イン・ザ・プール』も読んでみたくなりました。

空中ブランコ。

23:35:By #ff8c00*

何故か失敗する空中ブランコのフライヤー、尖端恐怖症で刃物に怯えるヤクザ、 過去に書いた自分の作品との重複が気になって仕方がない作家など、 奇妙な症状に悩む患者達と、もっと奇妙な精神科医の話。 … このレビューの続きを見る

4

空中ブランコ

20:31:By memo

内容(「BOOK」データベースより) 伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎に… このレビューの続きを見る

伊良部のキャラがやたらと立ってきます。 マユミちゃんはちょっと話すようになり、身近な感じになっていきます。 と、テレビドラマでの伊良部が阿部寛だと・・・ちっがうだろおお? 阿部ちゃんは好きですが… このレビューの続きを見る

空中ブランコ

12:21:By ひとりごと。

  伊良部シリーズ第2弾です。 イン・ザ・プールのときの目新しさは無かったけど面白かった。 空中ブランコ・ハリネズミ・義父のヅラ・ホットコーナー・女流作家の5つですね。 一番好きなのはハリネズミ。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 伊良部という精神科医とその患者さんたちのお話。 まずは、伊良部の強烈なキャラにがつーんとやられますね。あと看護婦も変だろ。笑  でも2人ともなぜか憎めなくて、戸惑いつつもいつの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 伊良部という精神科医とその患者さんたちのお話。 まずは、伊良部の強烈なキャラにがつーんとやられますね。あと看護婦も変だろ。笑  でも2人ともなぜか憎めなくて、戸惑いつつもいつの… このレビューの続きを見る

4

空中ブランコ

23:12:By KEIBA FRUIT Ver6

 フジ系列のノイタミナの新アニメ。この時間帯のアニメおもしろいかどうかはともかく布団に入りながら、見てしまう。もう習慣になってる。エンディングが電気グルーヴの懐かしい曲が・・・。

 「インザプール」の続き。これもやっぱり面白かった!まあその面白さは本を読んでいるときに感じるものではなくて、週に一度のドラマを見ているときの面白さにより似ているけれど。全体としては「インザプー… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文  「イン・ザ・プール」に続く、伊良部一郎シリーズの第2弾です。個人的には、第1弾に比べてパワーアップしているように感じました=すんごい面白かったです!電車の中で読むのは覚悟が… このレビューの続きを見る

 空中ブランコが一番よかったです。スランプに陥ったときの心理描写、若手とうまくやっていけないベテラン、企業で働く人はきっと感情移入してしまうと思います。

空中ブランコ

11:10:By 受賞本

 空中ブランコ  著者 : 奥田英朗  受賞歴 : 第131回直木賞 受賞

4

空中ブランコ

21:48:By シコウヒン。

いらっしゃぁ〜い。 伊良部せんせいに逢いたい!

  前回の「インザプール」に続く、トンデモ精神科医 伊良部のめちゃめちゃ診察短編集、第2弾です。 今回も先端恐怖症のヤクザ、義父のヅラが気になる 医者、過去に同じ話を書いてないか不安で書けなくなる 女… このレビューの続きを見る

奥田英朗の大ヒット小説、伊良部先生物の第2弾 「空中ブランコ」 この小説で著者が直木賞を受賞したのは有名な話 最初の「インザプール」に続く、伊良部先生物の 第2弾で、大爆笑だった前回の期待を裏切らない 作品だ チョット元気が無いな〜 面白い小説が読みたいな〜 という人には是非オススメの一冊です

伊良部総合病院の精神科の伊良部先生と、そこに訪れる笑うに笑えない症状をかかえた患者さんたちのお話。例えば、空中ブランコが飛べなくなったブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざ、義父のヅラをはずす衝動にかられる医師など。どの患者さんも伊良部先生のおかげかせいか、解決の糸口を見つけられて、明るい未来が見える結末を迎える。悩みなんてこうやって吹き飛ばせばいいんだ!

空中ブランコ

15:42:By Searchvision

伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が…。この男、泣く子も黙る… このレビューの続きを見る

4

回転木馬のワルツ

17:26:By knock ; lucK

+ 『世界でいちばん淋しい遊園地』遊園地、が無性に好き。ねずみの国は好きじゃあないのだけれど(ひとが多すぎる)、地元にあったちいさい遊園地とか、ほんとう好き。ルナパアク、なんて名前に変わっちゃった… このレビューの続きを見る

イン・ザ・プールに続く伊良部先生のシリーズ第2弾。 映画化されたものは見ていないのですが、 なんとなく、伊良部は松尾スズキさんのイメージで読み進めてしまいます。 あと、バチスタシリーズの白鳥さん… このレビューの続きを見る

4

空中ブランコ/奥田英朗

21:26:By

 精神科医伊良部の2作目。いつも読むのが暗い本ばかりなので、癒される。 いいよね、伊良部先生みたいな人。ちょっとウザいけど。 場にうまく溶け込める人ってうらやましい。 今回の患者のケースも特殊だけど、暗くならなくておもしろい。

 

「イン・ザ・プール」の続編&第131回直木賞。相変わらず伊良部医師暴走。でも今回はちょっとヒューマン。マユミちゃんもヒューマン。微妙に「泣ける」空気が入ってしまったせいか「プール」に比べると突き抜けた感… このレビューの続きを見る

前作「イン・ザ・プール」の続編ということで読んでみました。 やっぱ伊良部さんのキャラが好きです。 笑って過ごすのって、簡単なようで難しいものです。伊良部さんみたいな人身近にいたら絶対仲良くなれると思う。いや、なりたい。

 第131回直木賞受賞作品の本作は、伊良部シリーズの2冊目。『イン・ザ・プール』に比べても伊良部の奇人さはさらに磨きがかかり、作品自体の内容もパワーアップ。直木賞受賞も頷ける完成度ですが、内容自体は… このレビューの続きを見る

読んだ。 今回も、好いなこの医者。 絶対 名医だ! 特にハッとさせられた部分を引用。 「先生、お医者さんの無念って何ですか?」愛子が聞いた。 「そりゃあ患者さんが死ぬことだよ」伊良部が鼻に皺を寄せて言った。

『空中ブランコ』 奥田英朗

JUGEMテーマ:読書 人間不信のサーカス団員、尖端恐怖症のやくざ、ノーコン病のプロ野球選手。困り果てた末に病院を訪ねてみれば…。ここはどこ?なんでこうなるの?怪作『イン・ザ・プール』から二年。トンデモ精神… このレビューの続きを見る

「イン・ザ・プール」が面白かったので、こっちも読んでみた。 カウンセリングとか投薬とかじゃなくて、症状を回復させるということに 伊良部の凄さを感じるけど、そう簡単に皆が伊良部と同じことはできないだ… このレビューの続きを見る

空中ブランコ

22:24:By Poltergeist

「空中ブランコ」

読み終わった後に温かい気持ちになれる一冊。 全作の「イン・ザ・プール」のインパクトが凄かったけど今作も凄かったです(笑) しょっぱなの「空中ブランコ」からじ〜んと感動しました。 「義父のヅラ」の話を電車の中で読んでいて、標識の文字を微妙に変えるイタズラに危うく吹き出しそうになりました(笑)

タイトルは知ってたけど話題になった時は興味が無くてスルーしてたんだけど、実際に読んでみたら面白かった。 1作目の『イン・ザ・プール』を読んでないにも関わらず違和感無く楽しめたし。 表題作の「空中ブランコ」や他の話も面白かったが、「義父のヅラ」は特に笑えた。 ただ2度3度読み返したくなるような内容の作品では無いね。

伊良部総合病院神経科の伊良部医師・・! 現実に、こんな医師がいたら楽しいし面白いと思う。 少し怖い気持ちもあるけれど、この気楽さに救われます。 最近、私の身辺で悩める人たちが多くて、自分自身もこ… このレビューの続きを見る

これは、面白いです。 私の最近のお気に入り、「奥田英朗 」氏による迷作(?)です。 ずんぐりむっくりで、ちょっと変なお医者さん伊良部。 趣味は注射をしているのを、見ること。 一応精神科医で、子供みたい… このレビューの続きを見る

4

空中ブランコ

00:34:By TAKUMA BOOKS

JUGEMテーマ:本の紹介前回に引き続き紹介するのは、伊良部シリーズ第2弾! 一度はまったら抜け出せない伊良部ワールドに、いらっしゃーい! 巻末のあらすじを紹介 伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなっ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、 先端恐怖症のヤクザ、 破壊衝動のある大学病院の精神科医、 イップスになった野球選手、 嘔吐症と強迫症持ちの恋愛小説家・・・ 誰にも言え… このレビューの続きを見る

いわずと知れた直木賞受賞作。 でもあんまり興味なくて読んでなかったんだけど実家で母がやたらすすめてきてシリーズの2作目だけどこれからでも読めるから!とか言われて読んだらすごくおもしろかった。 伊良… このレビューの続きを見る

直木賞受賞の作品。「イン・ザ・プール」に続く精神科医・伊良部シリーズ弟2弾。 中年の太った精神科医・伊良部はなんとも言えない変な先生。甲高い声で「いらっしゃーい」と悩める患者を迎る。最初の診察では全… このレビューの続きを見る

※画像は原作にリンクしています。 フジテレビ・2005年5月・金曜エンタテイメント特別企画 【あらすじ】 突然ジャンプが成功しなくなり、不眠症で悩む空中ブランコのフライヤー・公平、尖端恐怖症のヤクザ・… このレビューの続きを見る

「イン・ザ・プール」のときはその面白さに衝撃を受けたが、マンネリかもしれない。 症例が似たようなのばかりだし・・。 でも、軽く読めるしクスリと笑える気持ちのいい本だと思う。

4

空中ブランコ

09:31:By 記録

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/2/10〜2008/2/12 [BOOKデータベースより] 伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが… このレビューの続きを見る

第131回直木賞受賞作品。短編集。 こおりの好きな伊坂幸太郎らを破っての受賞! それも納得! めっさ面白い(ノ∀`) 純粋に笑える面白さです。 珍妙なおデブの精神科医「伊良部」がさまざまな患者をめった切… このレビューの続きを見る

面白い! そしてコメディタッチの奥に深さがある。 変わり者の精神科医伊良部と 彼の元にやってくる患者とのやりとり。 現代人の心の奥底を おもしろおかしく暴いていく。 確かに、 これはドラマや映画にしたら面白いわ。 伊良部のキャラクターが最高です。

JUGEMテーマ:読書 テストが終わって自由な時間ができたので, 久々に読書した。そして,この本は面白かった! 伊良部総合病院の神経科にいる伊良部医師 彼はすんごいデブで,タチの悪い子供みたいで, 人… このレビューの続きを見る

精神科医・伊良部シリーズ二作目。 一作目『イン・ザ・プール』を読んでいなくても問題なく読める。 風変わりな精神科医・伊良部一郎が巻き起こす笑いあり涙ありの診療記録を、 各編ごとに変わる患者達の視点… このレビューの続きを見る

なんなんだろう? めちゃくちゃなのになんか心地よい感じ。 やっぱりあの 「いらっしゃ〜い」 って迎え入れる伊良部に引き込まれてしまいます。 我侭だしみるからに変なのに笑えてしまう。 ページを捲る手がもう止まらない! やっぱ最高!

伊良部最高。 伊良部天才。 こんな精神科医がいたら、きっと救われる人は沢山いるんだろうな・・・。 この一つ前の作品『インザプール』 もう伊良部に会えないのかしら・・・?と思って居たところ 嬉しかったわ。

トンデモ精神科医、伊良部先生シリーズ第二段。 こんな先生…というか、人間が身近にいたら物凄く嫌ですけど、野次馬目線で見る分にはとても面白いと思います(笑) 心因性嘔吐症疑惑の私的には、「女流作家」に出… このレビューの続きを見る

ついつい、ドラマ化されたときの阿部寛と釈ちゃんの映像が浮かび、 まさに映像が流れるよう読み進めることができました。 「義父のヅラ」はかなり笑ってしまいました。 伊良部先生の関わり方と治療のメカニズム分析してみると面白そう。

関連する商品