DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed クワイエットルームにようこそ - 松尾 スズキ のレビュー全28件 JUGEMブログ

>
[Amazon] クワイエットルームにようこそ (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

クワイエットルームにようこそ (文春文庫)
クワイエットルームにようこそ (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

クワイエットルームにようこそ

おすすめ!3.6 [3.6](28件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:149166位
  • Amazon価格:¥ 484
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167717387(文藝春秋)
クワイエットルームにようこそ (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(28件) 3.6 [3.6]

彼氏と大喧嘩して薬を大量に飲んで死にかけて精神病棟に入れられた女の子とその周りにいる人達のリアルなお話。 ※昨日映画公開 最初、「吐いたものでうがいする」という全然さわやかじゃないシーンから始まるけ… このレビューの続きを見る

読んだ2011。活字編

12:10:By 蛇足

活字に関しては、手元に残っているもの縛りで。 『クワイエットルームにようこそ』松尾スズキ 頂き物です。 松尾ちゃんに関しては、大人計画の本公演でお世話(?)になっていたり、演者として焦点を当てるなら… このレビューの続きを見る

映画は最後のオチが余韻をつくり、それで映画全体の印象の良し悪しを左右する.すくなくともワタシにとっては.その観点では、最後のオチがイマイチ.主人公の未来を、なにかしら想像を誘うような余韻がない.残念… このレビューの続きを見る

松尾スズキ原作の映画ですな。内田有紀って演技上手いと思う。わりと好きです。ただちょっとキャラが濃いんだよね。。もう4年ぐらい前の映画だから、今更だけど、面白かった。overdose(薬の過剰摂取)して精神病棟… このレビューの続きを見る

年度末が近づいてくるとばたばたしますね。クワイエット〜は松尾さんの著書だって知らなかった。あんまし色々ためこまずに、こんなんならないようにしよ。とりあえず、未だに日本酒は絶っている。吉行淳之介の時代は日本語がきれいなのでたまに読みたくなる。LOSTはいつの間にかビバヒル並の人間模様でげっそりした。

予告どおり見てきました。一人で。 名古屋公開2日目だったと思うけど、私が見たお昼は空席半分くらいありましたね。 名駅だと109しかやってませんでした。 感触は期待どおり!って感じでしたかね。面白かったです… このレビューの続きを見る

彼氏が買ってきたのを借りて読んだんですが、凄い本だった。 壮絶。 そしてこれ、映画がやるんだね! 主演は内田有希ちゃん!!(*´Д`)ダイスキ 以下、感想。 (ネタバレるかもね)

1限      休講2、3、4限  運用II5〜8限    実習みなさんお元気ですか。さいきんモノポリーを時々やっています。パソコンで。すごろくみたいなので、とまった土地を買って、買い占めて、家を建て… このレビューの続きを見る

 クワイエットルームにようこそ  著者 : 松尾スズキ  受賞歴 : 第134回直木賞 ノミネート

彼氏との大喧嘩の末、薬の過剰摂取(オーバードーズ)により、 精神病院の閉鎖病棟に送り込まれた主人公の明日香。 クワイエットルームと呼ばれる部屋で目覚めた彼女は、体の5点を拘束され、 尿パックをぶら… このレビューの続きを見る

映画を見たあとに読みました。 おもしろかったです。場面もぽんぽんうかんでくるし。

お花見シーズンに冒頭のゲロでうがいするってシーンはキツイが作品自体はスラスラ読める。 結構悲惨な話もあるんだけど笑えるんだな。 笑っちゃいけない事ほど笑いたくなるってのもあるが、書き方がそうなってい… このレビューの続きを見る

狂った人間バンザーイ!!!(笑) ようやく見つけました。読みました。 うんうん、面白い。細かい台詞とか表現がちょっとずれてて狂ってる感じでナイス。 思ったより薄くて短くて、あっちゅうまに終ってしまったけれ… このレビューの続きを見る

駅前の本屋さん3つもまわったのに。 どこにも置いてない。 他の映画の原作やらは、平積みされてるのに。 なんでやねん! なんでやねん! どないやねん! かなりイライラしています。 電車に乗らないとダメかなぁ・・・

劇場公開中です 勢いで原作もその場で買ってしまいました。。。 わたしは危なかったことがないか自分で心配になりました。 だって、人生に疲れることは誰でもあるでしょう? どんなに適当な人でも… このレビューの続きを見る

読みたい。 映画よりコッチがいいかも。 けど映画は流れてくれるから 観てるだけでいいけど 読書は集中力が必要で 今の僕にはない。 あぁ無情。 映画も観たい・・・

蒼井優ちゃんが出演する映画の原作として知った小説。 文章がラフな感じで、最近純文学にこだわってて「古都」「伊豆の踊子」その他文章がかっちりしたものが続いたので丁度良い息抜きになりました。 今の自分に… このレビューの続きを見る

「クワイエットルームにようこそ」 松尾スズキ まだ続いている読書の勢い。 この文庫、1件目の本屋では売り切れだった。 大きな本屋だったんだけどな。 2件目の本屋でゲット。 平積みは残り1冊になった… このレビューの続きを見る

初めて松尾スズキの本を読んだ。 映画になったということで。 思ったより面白かった…。 主人公が痛すぎます。 普通の人が狂うのってホント紙一重というか、 誰がこの人狂ってるなんて決めるのだろうか。 … このレビューの続きを見る

『クワイエットルームにようこそ』 読みました。 短い本だったから,一日で 空き時間で読めた。 映画を観たいと思っていて, それで予習のつもりで読んでみたら もっと映画を観たくなった。 面白かった

昨日、ユナイテッド・シネマ 豊洲で「クワイエットルームにようこそ」を見てきました。 松尾スズキさんなので、間違いないと思いましたが、 間違いありませんでした。 私的にはとても充実した時間をすごせま… このレビューの続きを見る

やーーーん。 気持ち悪い幕開けです。 ゲロゲロゲローーー って・・・・・・・ 我慢して(^^;読み進めたたら、意外におもしろかったけれど、 まさしく、世の中いろんな人がいる!って感じ。 終わり方はよかったような・・・・・・・ ランキング参加しています。 よかったら↓ぽちっとお願いします。 JUGEMテーマ:本の紹介

クワイエットルームにようこそ - goo 映画 オススメ度 ☆☆☆ 精神病院が舞台である事にさほど意味はない 『17才のカルテ』でも『カッコーの巣の上で』でもない ただ単に精神病院を舞台にすれば面白そうな登… このレビューの続きを見る

実はもう9月

21:49:By 87LOG

映画の予告がとても面白くて、 淳治くんが原作もおすすめしていたので読んでみました。 文庫本で厚さ1cm未満というとても短いお話で、サクッと読了。 とってもポップで、まるで漫画を読んでいるようで面白かった… このレビューの続きを見る

劇団大人計画の松尾スズキ小説。この人のエッセイを昔読んだのですが、あまり文体が好きではなく、ただ「オーバードーズ」がテーマだと知って、買いました。最近、興味あるんです、オーバードーズ。病院で処方され… このレビューの続きを見る

一気読み。 かぶるなぁ(笑) 起きてるか眠ってるかよくわかんない感じの繰り返し。 ボヤ〜ンとした視界で目が覚めたらベッドに拘束されてて。 おまけに腕には点滴、緑色の酸素マスクと鼻からチューブ。 ん… このレビューの続きを見る

“本”というサイズに収まりきらない感じ。 物語がはみ出て、どーっと襲ってくる感じ。 スピード感もありーの。読後、何故か不思議な爽快感もありーの。 映画がぜひ見たくなった! 枡野浩一のあとがきも必読です。

解説で山田詠美さんの芥川賞候補選評が引用されてますが、 確かに、「17歳のカルテ」の日本版ノヴェライズという感じ。 映画を見てみたいです。

関連する商品