>
[Amazon] オレたち花のバブル組 (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

オレたち花のバブル組 (文春文庫)
オレたち花のバブル組 (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

オレたち花のバブル組

おすすめ!3.5 [3.5](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:2342位
  • Amazon価格:¥ 713
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167728044(文藝春秋)
オレたち花のバブル組 (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.5 [3.5]

●半沢直樹1作目がおもしろかったから。本屋さんで購入。 ●銀行員の半沢直樹が、嫌味な金融庁や、古い体質にこだわる行員と戦う。また、鬱で出世街道からドロップアウトして出向した半沢の同期の近藤は、非協力的… このレビューの続きを見る

*あらすじ* 「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボス… このレビューの続きを見る

池井戸 潤●(半沢)「ありもしないとおっしゃる根拠は何ですか。一方的な批判ならだれでもできる。理由なき批判は中傷に近い。」●(渡真利)「バブル時代、見境のないイケイケドンドンの経営戦略で銀行を迷走させた奴ら… このレビューの続きを見る

半沢直樹

23:40:By MneMe fragments

演出: 福澤克雄、棚澤孝義、田中健太 原作: 池井戸潤 音楽: 服部隆之 出演: 堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助 なんか、面白かったですねぇ。毎回爆笑しながら見てました。みんながみんなキャラ濃すぎ。  

●本日の読書 ・「オレたち花のバブル組」池井戸潤/文春文庫  大ヒット日曜ドラマ「半沢直樹」後半・東京編原作にして「オレたちバブル入行組」の続編です。ドラマが面白かったので、完結してから原作を読み始… このレビューの続きを見る

 (カテゴリ:TV番組) 今日は、今、かなり話題になっている(なっていた)ドラマ2つの話を、ワタシなりにしてみようかなぁ・・・、と思います(・・・多少、ネタ切れもあってね(汗)) まずは、22日を… このレビューの続きを見る

面白かったです! 半沢直樹! 特に最終回は、迫力満点、 劇場で舞台を見ているような気分で、目が釘付けでした。 演技も表情も ほんとに上手い! ハラハラさせておいて ビシッときめる、ストーリーもよかったです… このレビューの続きを見る

半沢直樹がものすごい視聴率だ。前回の携帯電話を取り出して、「これが証拠です」と黒崎検査官に見せるシーンは思わず水戸黄門の印籠と重なり、正義が悪を懲らしめる感じで、日本人の心の琴線に触れるのではないか… このレビューの続きを見る

 池井戸潤による企業エンターテインメント小説原作のドラマ、半沢直樹が面白いです。 まあ、何を今更というタイミングなのですが、第2部の冒頭である第6話をHDDレコーダーの整理中に眺めてたら思いの外面白く、す… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:kindle。。ネタバレしています。。。。並べ読(ならべとく)だった、池井戸潤の「オレたちバブル入行組」を読み終わりました。ドラマ「半沢直樹」の原作、と知っていたのできっと面白いんだろうな。。… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 巨額の損失を出すことが決定的となった老舗ホテル・伊勢島ホテルを担当することになった、東京中央銀行の半沢直樹。彼は、ホテルの再建を目指すべく、ホテルの本社に赴き、経営陣と対面するこ… このレビューの続きを見る

関連する商品