>
[Amazon] リピート (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

リピート (文春文庫)
リピート (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

リピート

おすすめ!3.3 [3.3](26件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:94417位
  • Amazon価格:¥ 858
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167732025(文藝春秋)
リピート (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(26件) 3.3 [3.3]

*あらすじ* もし、現在の記憶を持ったまま十カ月前の自分に戻れるとしたら――。この夢のような「リピート」に成功し、人生の「やり直し」に臨もうとしている、年齢も職業もバラバラの十人の男女。彼らは一人、… このレビューの続きを見る

普段そんなに読書をしていないのが バレバレな程に久し振りの読書レビュー。 否、全く読んでない訳ではないけど 大半が漫画だしねぇ…。 そんな訳で、久々に読んだ小説は やっぱり乾くるみ作品。 『… このレビューの続きを見る

 作家別マイベスト8回目です。今回は、個人的に結構好きな乾くるみさんでいきたいと思います。何かと話題作が多いような気がしますが...なんかたまにものすごいハズレがあるのがこの作家さんの怖い所ですね(^… このレビューの続きを見る

リピート 乾くるみ面白かったです。「いつか読もう」と思いながら本棚の隅っこに置いたまま忘れていて・・・たまたま週末ふと手にとった、という次第でして、「買ってきたばかりの本をさっそく開く」という場合と… このレビューの続きを見る

今の記憶を持ったまま10ヶ月前に戻るという話。 SF。全体的にはまあまあ。 人物描写は気に入らなかったかったんだけど、 内容が面白くて先が気になりサクサク読み進められた。 でもオチがイマイチ。 「イニシエーションラブ」よりも驚けるって帯に書いてあったから、すんごい大どんでん返しがくると思ってたのに。。 「えっ、それだけ?」って感じで終わってしまった。 残念。

 簡単に言うと「タイムスリップ」ものです。 タイムスリップと言えども多種多様で、作品によって時間旅行は様々。 「リピート」は、その名に相応しく数ヶ月前に戻りその期間を繰り返すことが 出来る設定のタ… このレビューの続きを見る

2007年ももうすぐ終わるということで、 今年読んだ本を振り返ってみたいと思います。 ちなみに、今年読んだ本は104冊らしいです。 一応100冊の大台は超えてますね〜。 んで、★5個のお気に入り本… このレビューの続きを見る

採点: 6.5点 10月某日、ある場所に入れば、その年の1月に「記憶を持ったまま」戻れる。 といったタイムリープ・ミステリーものである。時間系SFには目が無い私なので当然おもしろかった。それにしてもこの作者の作品には「ドス黒い」表現や作風がチョロチョロと顔を出す。そこがまた魅力でもあるのだが。

SFとしましたがミステリーになるのかな? タイムスリップものです。 しかし行けるのは10ヶ月前の過去。 そして肉体ではなく精神のみが戻り一方通行。 裏表紙に『リプレイ』+『そして誰もいなくなった』に挑んだ… このレビューの続きを見る

リピート

17:43:By On and On

一晩かけて読んでみました。「リピート」。 以下内容に触れるので、未読の方はやはりご注意を。 裏表紙みりゃ内容がおおまかに書いてありますが、『リプレイ』と『そして誰もいなくなった』のあわせ技だそうで… このレビューの続きを見る

 やっと読み終わった 他に読みたい本があるのになかなか進まなかったこの作品 乾くるみの作品は『イニシエーション・ラブ』、『Jの神話』に続いて3作目やったけれど、 やっぱりあんまりあわへんかも 人間の… このレビューの続きを見る

 乾くるみの「イニシエーション・ラブ」がおもしろかったので、この本も読んでみようと手に取ってみた。 『現在の記憶を持ったまま10ヵ月前の自分に戻れるとしたら?夢のような話に疑いつつも、人生のやり… このレビューの続きを見る

そして、待ち時間に読もうと思っていたにも関わらず、 映画を見終わって布団に入ってから (ちょっとだけ) と思いつつページを繰り始め、 結局、寝る前に全部読んでしまったこの本。 あらすじ(amazon… このレビューの続きを見る

乾くるみさんのリピートを読みました。 乾さんはイニシエーション・ラブを読んで 時空ミステリー小説が面白いと思いこの本を手にしました。 ストーリーはもし現在の記憶を持ったまま10ケ月前に戻れるとしたら? … このレビューの続きを見る

  10点中8点 結末ネタバレ→後味の悪いバッドエンド 『リプレイ』+『そして誰もいなくなった』のキャッチコピー通り。といっても2冊とも読んだこと無いけど。まぁ作中でも触れていたし、そこから考えたの… このレビューの続きを見る

3.3

MANSHIROW乱読記17-リピート

12:30:By

リピート (文春文庫) この前の「読み返さずにはいられない」イニシエーションラブの乾くるみ、リピートです。驚愕の結末らしいですが、さてどうなんだろうかと手に取りました。 「もし、現在の記憶を持ったま… このレビューの続きを見る

3.3

乾くるみ/リピート

22:15:By

 

「イニシエーション・ラブ」より驚けるというコピーの「リピート」.タイムトラベルものに殺しを盛り込んだミステリーで,発売時にはケン・グリムウッド「リプレイ」+アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 なんだか最近、いろんな世界や時間を行ったり来たりするような話、多いな。 まあ似ているようで、全然違うけれど。 ある一定時間を繰り返す話は、 確か『秋の牢獄』にも出てきました… このレビューの続きを見る

2冊目。 同じ作者によるエンターテインメント小説。 こっちはパズルというよりミステリー色が強い。 過去に戻っちゃう古典的なシナリオに、「謎解き」を含めたもの。 ぜんさくのような「へぇ」と思うようなイレギュラーな小説ではなかったので ちょっとがっかり。 この作者、男の子を書くのは上手いのに、 女の子がなんだか薄いんだよなー。

JUGEMテーマ:読書 主人公のもとにある時地震を予言する電話がやってくる。 男は「自分は過去からきた」と話し、主人公に「過去に戻らないか」と誘う。 説明会に集まったのは8人の男女。 謎の男、風見が言うには… このレビューの続きを見る

もし、現在の記憶を持ったまま十ヶ月前の自分に戻れるとしたら?この夢のような「リピート」に誘われ、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて・・・・・・。あの… このレビューの続きを見る

前半はよくありがちな内容かな、と思ってしまったのですが、 後半徐々にのめり込んでいきました。 乾くるみさん、男性なんですね。 なるほど男性の心理描写が絶妙なわけだ・・・。

もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら? この夢のような「リピート」に誘われ、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。 ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて……。 あ… このレビューの続きを見る

私は小説の再読はしない主義なのだが、もし一冊何か再読するとしたら「リプレイ」にするだろう。 私の中での金字塔的名作だ。 本作はその「リプレイ」のオマージュ的作品になっているが、タイムトラベルとサス… このレビューの続きを見る

簡単に言っちゃうとタイムスリップのSFの要素に加えて、 タイムスリップした先で、一緒にタイムスリップした仲間たちが、 次々に変死していくというミステリの要素が加わった作品。 ハッキリ言って、面白かっ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品