>
[Amazon] ワーキング・ホリデー (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ワーキング・ホリデー (文春文庫)
ワーキング・ホリデー (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

ワーキング・ホリデー

おすすめ!3.9 [3.9](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:16829位
  • Amazon価格:¥ 726
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167773333(文藝春秋)
ワーキング・ホリデー (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.9 [3.9]

荷物も心もあけてみなくちゃわからない・・・ まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 「初めまして、お父さん」。元ヤンでホストの沖田大和の生活が、しっかり者の小学生・進… このレビューの続きを見る

坂本氏の『ワーキング・ホリデー』 読了。 坂本氏といえばお仕事・日常系ミステリーと学んだ。 今回は一味違う。 ミステリー少な目、人情多めだ。 そして主人公は男。 元ヤンキーで口は滅法悪いのだが、やっ… このレビューの続きを見る

坂木さんらしいハートウォーミングなひと夏の父と息子の物語。 父と息子とはいえ、本作では急に子供であると宣言されます。 元ヤンキーでホストの大和と、とっても出来た11歳の息子の進。 ホストから宅配便へ… このレビューの続きを見る

 作家別マイベスト12回目です。今回は、坂木司さんです。けっこうほのぼのというかほんわかする作品が多くて好きなのが多いなーって思ってはいたんですが…何気に今まで読んだ作品全部が★5個か★4個でした!… このレビューの続きを見る

「初めまして、お父さん」。元ヤンでホストの沖田大和の生活が、しっかり者の小学生・進の爆弾宣言で一変!突然現れた息子と暮らすことになった大和は宅配便ドライバーに転身するが、荷物の世界も親子の世界も謎とトラブルの連続で…!?ぎこちない父子のひと夏の交流を、爽やかに描きだす。文庫版あとがき&掌編を収録。

最近読んだのがこちらの小説。 「はじめまして、お父さん」 見知らぬ小学生の少年にいきなりそう言われた売れないホスト・ヤマト。 少年の名は進(すすむ)といい、確かに、昔別れた恋人・由起子の産んだ子どもだ… このレビューの続きを見る

坂木さんの作品というと、ミステリなイメージのほうが強かったのだけれど、この作品はミステリというよりも父子&お仕事物語。確か、これの前に読んだのが歯医者さんが舞台で、今回は宅配便。タイトルの「ワーキン… このレビューの続きを見る

関連する商品