>
[Amazon] ソロモンの犬 (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ソロモンの犬 (文春文庫)
ソロモンの犬 (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

ソロモンの犬

おすすめ!3.7 [3.7](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:212825位
  • Amazon価格:¥ 648
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167773503(文藝春秋)
ソロモンの犬 (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.7 [3.7]

動物シリーズ? あとがきにも書かれてたけど、私も動物の題名多いな〜と思ってました。 干支シリーズで言うと、あと4匹? 今回は大学生が主人公。 雨宿りに飛び込んだ奇妙な喫茶店で居合わせた同級生4人。 「こ… このレビューの続きを見る

 作家別マイベスト11回目です。今回は、映画「カラスの親指」が公開中の道尾秀介さんでいきたいと思います。道尾さん、結構クセがあるので読者を選びそうな感じがするんですが、皆様はどの作品がお好みでし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  月はすごいよね、地球とあんなに離れているのに潮の満ち引きや人間に影響をあたえてるんだよねそんな感じの陽介くんのせりふが印象的だった。犬好きにはたまらないシーンがあ… このレビューの続きを見る

3.7

「ソロモンの犬」

09:36:By If.

JUGEMテーマ:読書  愛犬の暴走による交通事故で小学生の男の子が命を落とす。その現場を一部始終見ていた主人公、秋内がその前後に不自然な動きをしていた友人たちに疑問を抱き事件を探っていくというミステリーですが、半分は謎解き、半分は青春ドラマといった感じです。容疑者を増やしたいゆえかちょっと無理無理に都合をつけたところが気になりました。

JUGEMテーマ:読書 秋内、京也、ひろ子、智佳たち大学生4人の平凡な夏は、まだ幼い友・陽介の死で破られた。飼い犬に引きずられての事故。だが、現場での友人の不可解な言動に疑問を感じた秋内は動物生態学に詳しい間宮助教授に相談に行く。そして予想不可能の結末が…。青春の滑稽さ、悲しみを鮮やかに切り取った、俊英の傑作ミステリー。 (「BOOK」データベースより)

 この作者の小説は初めて読んだのですが、読み終えた感想は・・・だまされました。一見何気ないありきたりな風景の中、事件が起こりそして解決。これって普通の小説によくあるパターンってヤツなのですが、読んでみるとえ?!まじ!?うそ!はぁ?みたいなことが起きました。笑まぁ読んでみてください。

関連する商品