>
[Amazon] プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
プリンセス・トヨトミ (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

プリンセス・トヨトミ

おすすめ!3.4 [3.4](43件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:88802位
  • Amazon価格:¥ 853
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167788020(文藝春秋)
プリンセス・トヨトミ (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(43件) 3.4 [3.4]

JUGEMテーマ:読書   秘密の扉が開くとき、大阪が全停止する!? 会計検査院の調査官3人と大阪下町育ちの少年少女。彼らがたどり着いた、大阪の歴史に眠る秘密とは?

●購入。鹿男がおもしろかったから ●あらすじ略 あれっ 鹿男の感想は書いてないのか。忘れてたんだね。 半年ぐらい前に鹿男を読んで、おもしろいと思ったから、買ってみました。 どちらかと言うと鹿男の… このレビューの続きを見る

 松山への出張の際、フェリーで何かすることないかなーということで、映画を1本みました選んだのは「プリンセス トヨトミ」勝手な想像で時代劇ものだと思っていました時代劇といってもこの作品が映画館で放映… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 やっと読み終えました。 なんというか書き方が説明的なところが多くてつらかった・・。 私、これ 喜劇だとおもっておりましたが 全然ちがうのね いたってまじめな話なのね。 … このレビューの続きを見る

大阪が全停止ってなんだー?って、映画のCMで気になってた作品。 読み始めて、途中で映画も観て、なんじゃこりゃ?って感じで、なかなか進まなかったけど、やっと読み終わった。 何度もやめようかと思ったけど、最後にちょっとジンときちゃって、読み進めて良かった…。 大阪は未知の世界だけど、行ってみたいな〜空堀商店街!! (28日読了)

先日TV放送があったものを録画していたので見ました。 んーーーーーっとね、で?って感想なんだけど(笑) 結局何だったの?と、よくわかんなかったわ。 いろんな人がチョイ役で出てたり、ここでもあなたたちは夫婦役… このレビューの続きを見る

このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少… このレビューの続きを見る

 とんと何も書かなくてすいません。軽い欝期に入ってしまって、何をしてもだめ。ダメなときはあがいてもダメなのね。あがけばあがくほど悪くなる。そんなかんなでブログもマシなものが書けそうにないので放置にな… このレビューの続きを見る

3.4

book_2012_002

16:06:By time of life

JUGEMテーマ:読書

3.4

プリンセストヨトミ

00:09:By flowbar

 ふふ。おもしろかった。 この人の本を読むたびに、この人の頭のなかはいったいどうなってるんだろう?と思う。 脈々と自分のなかに流れついであるもの のお話なんだけど。 うん。荒唐無稽だけど ぐっとくる。 ただただシンプルに、「親と語る時間について」うーん。あまりかくとネタバレになるのであれですが。 切ないわ。 映画もみたくなりました!

JUGEMテーマ:Book review 「プリンセス・トヨトミ」(文春文庫):万城目学 面白かったですよ。本当に・・・。 こういう作品は他に書ける人が居ないのではないかと思います。 まあ、ありえないと言えばありえない話なのですが、無理なく読めて面白かったです。 ・・・映画での配役には少し違和感はありますけど・・・。

 万城目さんは、「鹿男あをによし」に続き2作目。 sacchimoniちゃん経由でTOMさんにお借りしました。 なかなかボリュームがあったけど、 一気に読んでしまいました。 「鹿男・・・」もすーっと入ってし… このレビューの続きを見る

万城目学

22:04:By あき時間

 万城目学鴨川ホルモー 発想が面白い本です。京都の地理に詳しくなると感じながら読んでいたら、恋愛もなんだかひねくれていて、でも、突然ちょんまげになったり、対決などたくさん面白いシーンが出てきます… このレビューの続きを見る

大阪を舞台にしたファンタジーのような、そうでないような。。 発想力に脱帽。 こんなのよく思いつくなぁ。。。 登場人物もそれぞれキャラ立っててよかったし。 まぁ。個人的には鴨川ホルモーのが好きでしたけ… このレビューの続きを見る

  30歳になる誕生日の前夜、レイトショーで映画版を鑑賞。「鴨川ホルモ―」の感覚からコメディ色が強いだろうと思っていたら、少し違った。家族とは、伝統とは、など色々考えさせられ、ぐっとくる場面があっ… このレビューの続きを見る

   obiword  五月末日の木曜日、午後四時のことである。 大阪が全停止した。  大阪に隠された壮大な秘密とは!?  「プリンセス・トヨトミ」  万城目 学  会計検査員vs大阪国。  無理がある設… このレビューの続きを見る

そういえば 読みました◎ 「プリンセス・トヨトミ」 映画しますよねー堤さんと岡田 将 生 さんでてる◎ けっこう真面目な歴史の裏話っぽいのんなのかなーと思いきや 作者が万城目さんで なかなか 飛躍したか… このレビューの続きを見る

映画化もあるし 前から読んでみたかったので 文庫発売に便乗して読んでみた。 まあ簡単にレビュー。

JUGEMテーマ:映画  5月29日公開の映画「プリンセス トヨトミ」観たのは公開日翌日ですが・・・・CMや映画紹介、キャストの堤真一さん、綾瀬はるかさん、岡田将生さんが、宣伝のためにあちこち番組に出て… このレビューの続きを見る

大好きな万城目学さんの最新作【偉大なる、しゅららぼん】。 タイトルからすでにインパクト大です!「これどういうことなんだろう??」って思いながらどんどん読み進めて1日で読破しました!ファンタジックで… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;プリンセス・トヨトミ 万城目 学このことは誰も知らない――四百年の長きにわたる歴史の封印を解いたのは、東京から来た会計検査院の調査官三人と大阪下町育ちの少年少女だった。鬼の松平に知らされる… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 万城目学さんを読もうと前に書いて「鴨川ホルモー」を意気込んで購入したのに、なぜか「プリンセス・トヨトミ」を先に読みました(´・ω・) 感想。 とりあえず一気読みしちゃう作品です。 という… このレビューの続きを見る

予告編CMが、気になる!!   『プリンセス・トヨトミ』万城目学  

原作読みおわったばかりで、物語の隅々までまだ記憶にのこっている私はすごく楽しめたけど、知らない人には「いっそがしい映画だなー」って感じだったんじゃないの? 原作の最後半、旭が「大阪の女は・・・」と… このレビューの続きを見る

  旭役はやっぱり栗山千明でやってほしかったかも・・・・。

話が佳境にはいるまでの下敷き部分がすごく丁寧。 もうあとこれだけしか(残り)ないけど…!と心配になった。 スピードに乗って一気にラストまで。 まきめさん。すごい筆力です。  

【商品内容】 [話題商品/] 買取価格¥500 * 2011年6月2日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数… このレビューの続きを見る

毎日、ぶどうの粒が大きくなるのと競争で間引きの作業や 花の摘み込み作業をしております。 というわけで、今、最高潮に忙しいんですが・・・ 映画を観にいきたいです。 先月末から公開されている『プリンセスト… このレビューの続きを見る

万城目氏の京都が舞台の鴨川ホルモー、奈良の鹿男あをによし、そして大阪のプリンセス・トヨトミ。関西3部作と言ったところ。 3部の中でも一番微妙にも感じたが、展開が読めなく先を読みたくなる感覚は同じ、充分楽しめた。京都、奈良と同じ。やっぱり大阪にも行きたくなる。

この話はどうつながるんだろう?という出だしのように思えたが、 うーん、そうつながっているのね!なるほど、と思った。 後半の対決の部分は途中で読むのがやめられない。興奮した。 関西の人間なら、そんなことあるかも?!って思うところがいっぱいです。 大阪城が赤くライトアップされていないか、なぜか気になって大阪城みてしまいます。

 映画よりも 活字で読んでみたい作品です。 ミステリー? なのかなッ(´・ω・`) 最近は活字を読む時間があまりとれないので 時間ができたらよみたいなー 最近読んだのは、 もう半年以上前ですが 「告白」です。 なかなか恐ろしかった・・・

大阪のヒミツ

20:48:By しろくろねこ

あさってから公開の「プリンセス トヨトミ」。 原作は万城目学著「プリンセス・トヨトミ」。 「・」があるのとないのと。 今気付いたんですが、どうしてかはわからん。 大阪市交通局が発行している「ノッテ … このレビューの続きを見る

近年、アタシが日本の俳優の中でかなりイイと思っている堤真一氏。 このところよくテレビで見かけるな〜と思っていたら、 新しい映画の番宣だったんですね。 『プリンセス トヨトミ』が実写版で映画になるっ… このレビューの続きを見る

【商品内容】 [話題商品/] 買取価格¥400 * 2011年5月23日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数… このレビューの続きを見る

壮大なファンタジー、妄想、楽しいですね。 いよいよ映画が上映されます。見に行きたいなぁ。 堤真一が、今のPJの取引先PMと雰囲気似ているんですよね。 --- 「いい加減、一人で戦っているフリするんやめッ」… このレビューの続きを見る

今月末から劇場公開されますね。 大阪が舞台なので気になって読んでみました。 ミステリーというかアドベンチャーというのか、ちょっとジャンル分けが難しいです。 舞台はもちろん大阪城なのですが、その近辺が沢… このレビューの続きを見る

 久しぶりに出張で大阪に帰ったので、国立国際美術館と中之島の様々な建築物を見て歩いた。  私は、生まれてから社会に出るまで大阪・京都で過ごしてきた。しかし、自分の眼の前に当たり前のようにあるものは、… このレビューの続きを見る

 昨日出かけた折に,本屋の前を通りかかったら,万城目学の『プリンセス・トヨトミ』が平積みにしてあるのを見ました。今月末に映画が公開されるのだとか。万城目学といったら京都を舞台にした『鴨川ホルモー』と… このレビューの続きを見る

先日京都から帰ってくるときに、京都駅の新幹線コンコース内の書店でばっきりと衝動買いしたのが『プリンセス・トヨトミ』でした。 万城目さんはどうも私の心に何かひっかかりを作る世界を描いていらっしゃって… このレビューの続きを見る

プリンセス・トヨトミ 万城目学 文藝春秋/文春文庫 日本VS大阪。な話(あらすじ大雑把!)。 大阪には数えるほどしか訪れたことがなく、豊臣秀吉が好きなわけでもなく、秀頼に同情したこともなく、ましてや関… このレビューの続きを見る

 万城目学 『プリンセス・トヨトミ』 (文春文庫)

関連する商品