[Amazon] 日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く (文春文庫)
日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く

3 [3](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:50582位
  • Amazon価格:¥ 734
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167838443(文藝春秋)
日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 3 [3]

そもそも1930年台に同性愛を唯一公認していた国がソ連だったんです。中国共産党も初期は同性愛や雑婚を容認していた。同性愛嗜好からマルクス主義に傾倒した知識人は洋の東西を問わず、ものすごく多いわけですよ。   JUGEMテーマ:読書  

 中西 毛沢東は所詮、中国史的文脈でいえば、「皇帝」でしかなかったのです。(中略)「大量虐殺する専制君主」というのは、支那文明史の繰り返される風景といってもよく、むしろ支那文明が伝統的に育んできた専制君主像を、毛沢東が「共産主義」という新たな衣を羽織りつつも、忠実に継承していたと見たほうが正解です。   JUGEMテーマ:読書  

 中西 そう、宗教は彼岸の話だから永遠に答えがでませんが、共産主義はこの世の話であって、結論はすでにハッキリと出ています。理想が論理としては間違っていなくても、現実に適用したところでとんでもないことになったら、その理想自体が間違いだったと烙印を押さなくてはいけない。そうしないと、人類的な悲劇をまた繰り返すことになる。   JUGEMテーマ:読書