[Amazon] 日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く (文春文庫)
日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く (文春文庫)で自分のブログにレビューを書く

日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く

3 [3](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:116294位
  • Amazon価格:¥ 734
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4167838443(文藝春秋)
日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く (文春文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3 [3]

 中西 (中略)日本の一般紙は、中国に進出した日本企業がどんなに悲惨な目に遭っているか、まったく報道しません。  桜井 日本の銀行も苦労していますよ。中国企業に貸したお金が次々に不良債権化しているのに、それを取り戻すための裁判を起こすことも禁じられているのですから。   JUGEMテーマ:読書  

そもそも1930年台に同性愛を唯一公認していた国がソ連だったんです。中国共産党も初期は同性愛や雑婚を容認していた。同性愛嗜好からマルクス主義に傾倒した知識人は洋の東西を問わず、ものすごく多いわけですよ。   JUGEMテーマ:読書  

 いかに朝日新聞が満州事変でフィーバーしたか。それは昭和6年9月から翌年の1月までになんと131回も号外を出したことからもうかがえます。(中略)朝日をはじめとする大新聞が軍部に圧迫されたというのは嘘で、戦争を煽ることで肥大していったのが、日本の新聞なのだということがよく分かります。   JUGEMテーマ:読書  

 中西 毛沢東は所詮、中国史的文脈でいえば、「皇帝」でしかなかったのです。(中略)「大量虐殺する専制君主」というのは、支那文明史の繰り返される風景といってもよく、むしろ支那文明が伝統的に育んできた専制君主像を、毛沢東が「共産主義」という新たな衣を羽織りつつも、忠実に継承していたと見たほうが正解です。   JUGEMテーマ:読書  

北村 まさに今の中国は「社会主義の衣を着た封建王朝」にほかなりません。そもそも共産党の組織自体が、中国の伝統的な支配体制を忠実になぞっている。(中略)古代からの貴族制度そのものです。   JUGEMテーマ:読書  

インドネシアで起きたこの悲劇は、軍司令部の知るところとなり、二か月後、同慰安所は閉鎖された。女性たちは解放され、同事件に関与した責任者の将校らは処罰されている。戦後に行われたオランダ軍法廷でも死刑を… このレビューの続きを見る

戦後の朝日新聞でもう一つ一貫しているのは、(中略)強い相手とは戦わないということです。戦前に軍部と戦った少数の人たちが潔く辞めてしまったために、強いものと戦っては損だ、という悪しき教訓だけが根付いてしまった。   JUGEMテーマ:読書  

 中西 そう、宗教は彼岸の話だから永遠に答えがでませんが、共産主義はこの世の話であって、結論はすでにハッキリと出ています。理想が論理としては間違っていなくても、現実に適用したところでとんでもないことになったら、その理想自体が間違いだったと烙印を押さなくてはいけない。そうしないと、人類的な悲劇をまた繰り返すことになる。   JUGEMテーマ:読書