>
[Amazon] 空色勾玉 (トクマ・ノベルズ EDGE)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

空色勾玉 (トクマ・ノベルズ EDGE)
空色勾玉 (トクマ・ノベルズ EDGE)で自分のブログにレビューを書く

空色勾玉

おすすめ!3.6 [3.6](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:645750位
  • Amazon価格:¥ 1,028
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4198506787(徳間書店)
空色勾玉 (トクマ・ノベルズ EDGE)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.6 [3.6]

空色勾玉

16:20:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  ニホン古代神話の話かと思ったら、実は肯定も否定もしない感じ。設定はそれっぽいけど、名前や詳細で微妙に違っていたりする。第一、主人公の少女の性格が全く現代っ子のそれだ。古代の少女らしくない。神に対する皮膚感覚というより、アイドルに対する距離感っていうか。 3部作の1作目だそうだ。スサノオがそうなるか!という衝撃はあったなあ。

ふと、日本のファンタジーの物語を読んでみたくなった。 で、選んだのが人気の高いこの本。 古代の神々の伝説をモチーフに、 自由で軽やかに物語が進んで行くのが読んでいて心地良かった。 神々が地上に存在… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説/詩  JUGEMテーマ:読書初めて新書サイズの本を購入。「狐笛のかなた」だったか「守り人シリーズ」だったか、何かの解説にて名前が出ていて気になったので購入。日本神話がもととなるため… このレビューの続きを見る

   もともとは児童向けのお話。版を変えて大人も手にとりやすいように出版されたりもしているので、カテゴリーは悩んだのですが、とりあえず一般で。  児童向けといっても、じっさいほんとに小学生はこれなか… このレビューの続きを見る

高校生の頃、「これ、おもしろいよ!」と薦められ、 短大の頃、古典文学が好きな先生が「読みやすいよ!」と薦めてくれ、 それから3年くらいのブランクを経て、手にとった「空色勾玉」です。 日本古来の「古事記」… このレビューの続きを見る

勾玉三部作第一段。この本あっての続刊であり、起点。 古代日本を舞台とした和風ファンタジーです。ファンタジーと言えば西洋!と抱きがちな概念を見事打ち崩してくれた作品でもありました。 三部作の一段というこ… このレビューの続きを見る

投稿の都合で割愛しちゃいましたが、2作目「白鳥異伝」は上下巻。「賀美野(嵯峨天皇の諱)」で検索かけていて、たまたま引っかかってきたのが3作目の「薄紅天女」でした。書籍注文系サイトであらすじを読み、そ… このレビューの続きを見る

3.6

空色勾玉

22:59:By note

 

3.6

空色勾玉

11:57:By ◆Ruri+Hari†◆

空色勾玉 荻原 規子 徳間書店 勾玉三部作第一弾。 和風ファンタジーの嚆矢。 水の乙女・狭也と風の若子・稚羽矢の物語。 何度読んでも圧倒されてしまう物語でした。 なんか凄い。うまくいえませんが。… このレビューの続きを見る

空色勾玉

17:28:By Cat Voice

*注意此地管理者閱讀的版本是中文簡體版 首先不劇透XD 1.翻譯稍稍有些滯涉,個別字句理解不能,不過還算認真。畢竟古意的翻譯自豐老先生以來就無人出其右,這麼比較好像有點抬高作者了(汗)整個翻… このレビューの続きを見る

すっかり和製ファンタジー漬けに(笑)。 これがデビュー作かー。すごいですねえ。 それにしても、主人公に全く親しみが持てなくて困りました(笑)。どうもよく分からんあの性格。 チャキチャキしてて気が強く… このレビューの続きを見る

「西の善き魔女」から一転、和物ファンタジーです。 こっちがデビュー作なんだっけ? 万葉ベースのファンタジーって日本人でよかったと思える一品ですね♪

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品