>
[Amazon] 神去なあなあ日常

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

神去なあなあ日常
神去なあなあ日常で自分のブログにレビューを書く

神去なあなあ日常

おすすめ!3.4 [3.4](55件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:90740位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4198627312(徳間書店)
神去なあなあ日常のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(55件) 3.4 [3.4]

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  昨日の夜からずっと雨が降り続き、少し恵みの雨だったような 猛暑日が続いていたので、気温もぐっと下がって吹く風も涼しくなってます。 こんな雨の日は、絶好の日です。 三浦… このレビューの続きを見る

自然満載! 四季折々の風景が手に取るように伝わってくるのが素晴らしい。 神去村の人たちの温かみにふれた青年の姿が軽妙な語り口で 生き生きと描かれていて引き込まれる。 やっぱセンスいいな〜。

泊まったホテルで本が読めるスペースがあり 手に取った一冊。。 自然の中で読むのに“ピッタリ”の内容で・・ 物語は高校卒業と同時に山奥に 放り込まれた勇気・・ 日々の日常が書かれているのですが 同時に。。 … このレビューの続きを見る

3.4

神去なあなあ夜話

12:59:By 読書三昧

三浦さんが書く小説は、ホント読みやすい。 これは前作『神去なあなあ日常』の続編。 三重県の山深い場所にある神去村にヨコヤマからやってきた勇気クンの日記みたいなの。 彼がこの山里にやってきた経緯とかザ… このレビューの続きを見る

 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去… このレビューの続きを見る

 最近はPCで図書館所蔵の書籍を検索出来るようになったのですね。とても便利です。というわけで読みたい本を探していたら近隣の図書館にあったので早速借りてきました。2012年の本屋大賞を受賞した作者の… このレビューの続きを見る

「こわくて、うまく踏み入ることもできなくて、でもいつだってうつくしい。」 まず不思議なのがタイトル。書店で見つけた時には思わず首をひねって考えてしまいました。神去? なあなあ? 一体なんぞや。読み始… このレビューの続きを見る

3.4

神去なあなあ日常

20:39:By 白い本棚

三浦しをんの小説は何冊か読んでいますが、 時が経つと内容をすっかり忘れてしまうほど、 印象に残らない普通の話ですが、 読み始めると惹き込まれて、 止まらなくなります。 読み終わると温かな気持ちになります… このレビューの続きを見る

神去なあなあ日常

14:37:By ぶくわむ

高校三年だった平野勇気は、親と担任に強引に就職先を決められ、東京から離れた神去村という場所で、林業に従事することになる。 本人の望みでなかったことにより、最初は嫌々ながら仕事をし、機を窺っては脱走を… このレビューの続きを見る

【商品内容】 [話題商品/] 買取価格¥250 * 2011年5月17日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数… このレビューの続きを見る

すっごくよかった。 ほっこり幸せな気分になりました これで4冊目の三浦しをんさんですが、 エッセイと小説、かなりギャップありました(笑)。

あらすじ: 少女と木の触れ合いを描く坪田賞作家の新作父親の赴任にともない1年間限定で山奥の小学校にやってきた美楽は、山の中に工房を構える「デンさん」と出会って、木の温もりに惹かれ、木工に目覚めていく。… このレビューの続きを見る

3.4

のんびりと

20:49:By 心は丸く、

内容(「BOOK」データベースより) 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三… このレビューの続きを見る

 高校卒業と同時に突然放り込まれた山奥で、なぜかチェーンソーをにぎる羽目になった平野勇気。携帯は圏外、気の抜けたような方言、住民はみんな顔見知り、ろくな交通手段もなくて脱走すらできない神去村。そんな… このレビューの続きを見る

あー。ほのぼの。 最近殺伐とした本を読むことが多かったせいか、 こういう物語を読むとほっとする。 やりたいことも見つからず、高校を卒業したらフリーターになろうかとしていた 平野勇気は、母と高校の先生の陰謀(?)にはまって 神去村の中村林業株式会社に就職することになった。 山仕事は五人程度の班単位で行う。 同じ班の飯田与喜の家に住み込み、 徐々に仕事を覚えていく。

後には残らない面白さ。でも、後に残らないのもいいもんだなと思える面白さ。読後感が有川浩と似てる。ある特定のジャンルについて話を書いているところが。その分野についての知識が身につきつつ、読み物として面… このレビューの続きを見る

 本の帯に宮崎駿監督のコメントがあってどんな内容かなーと気になっていたのでわりと早めに読み始めました主人公は都会の高校を卒業目前だが進学もままならず就職も。。。という感じで担任と母親が(勝手に)… このレビューの続きを見る

*あらすじ* 高校卒業時に進路の決まってなかった勇気は、ひょんな事から三重県の山奥にある神去村で林業の研修生となった。最初は脱走する事ばかりを考えていた勇気だが、次第に村と林業の魅力にとりつかれてい… このレビューの続きを見る

就職も進学も決まらないまま高校の卒業式を迎えた俺は担任の勝手で神去村で林業をすることになった。最初は何度も脱走を試みたもののいつもあっけなく連れ戻され腹を括ったわけではないがヨキの家に住みこの村にな… このレビューの続きを見る

神去村の人たちはおっとりしている。彼らの口癖は「なあなあ」で、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」など、いろんな意味に使われているが、語尾にも「な」がつくので、のんびりした感じになる。神去村には林業従… このレビューの続きを見る

 親に勝手に応募されて決められた就職先は、神去村に住み込み、林業に従事すること。訳分からぬまま連れてこられ、携帯の電池を抜かれ、最初は脱走することばかり考えていた。そんな村で暮らす1年のこと。おもしろくてすらすらと読めます。あまり触れることのない林業の世界を少し知れたのも、よかったかな。 ランキング参加しています。よかったら↓ぽちっとお願いします。JUGEMテーマ:本の紹介

しばらくしてから知ったことだが、俺は林業に就職することを前提に、国が助成金を出している「緑の雇用」制度に勝手に応募されていたのだった。基本的には、山村にIターンやUターンするひとの再雇用を支援する制度なので、俺みたいな新卒は例外中の例外だ。役所が例外を認めるほど、林業は人手不足らしい。

おもしろかった! 高校卒業してフリーターになりかけた男子が 神去村に送り込まれて住み込みで林業をする話し。 だが、林業が主だけど、それを取り巻く人々やならわし、儀式もおもしろい! ノコが欲しい! ヨキに会ってみたい!笑 これは映画かドラマにでもなって欲しい アニメでも可!

3.4

神去なあなあ日常

17:02:By 雑記

三浦しをん。 すごいなー。 色んな分野をそれぞれ魅力的に描けるがスゴイ。 大学生の駅伝、文楽、そしてこれはなんと林業。 思いもよらないね、小説の題材として。 高校を卒業した男子が、親と先生に半ば… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 林業に携わることになった少年と彼を取り巻く人々や自然を描いた さわやかすぎるほど、さわやかな物語。

三浦しをんの他作品を読んでみる。まぁ、おもしろい。ぷっとなって微笑ましい。でもなぁ・・・ただ、それだけ、かな。でも、おもしろいことは保証する。

 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ〜!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林… このレビューの続きを見る

 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。  (内容ブックデータベースより) ■ガツンとはこないけど、安定しておもしろい。

【商品内容】 [本屋大賞] 買取価格:¥800 * 2010年5月6日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数ごとに★★★★もれなく買取点数ボーナスプレゼントキャンペーンを実施中★★ 本・CD・DVD・ゲームソフト・おもちゃ・LEGOの買取は楽珍堂

内容(「BOOK」データベースより) 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 

JUGEMテーマ:読書 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。 先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。 しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~! 高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。 林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。

 【あらすじ】 やりたいこともなく、勉強も好きではなかった勇気。彼は、高校卒業後はなんとなくフリーターでもやろうかなと考えていたのであったが、何と、母親と担任教師が結託し、勝手に就職先を決められ… このレビューの続きを見る

 本屋大賞第4位おめでとうございます!面白かったです、三浦さん!1位は「天地明察」だった!おめでとう!てっきり話題性で「1Q84」かと思ってたけど。何となく安心。話題性とか作者だけじゃなく、面白い… このレビューの続きを見る

内容紹介、 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ〜!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神… このレビューの続きを見る

「なあなあ」=ゆっくり行こう、まあ落ち着けとかゆったーりなニュアンス。 私も「なあなあ」な生活を送りたいと思いました。 神奈川の高校生が卒業して三重の山奥に放り込まれ林業へ! 学生時代に間伐体験と化し… このレビューの続きを見る

林業の大切さと素晴らしさが凝縮された本。 生命の源である山が魅せる四季折々の姿は神々しく、 そこに住む人々は"なあなあ(ゆっくり)"に山と共に生きる。 ・・・花粉シーズン、辛そう。

3.4

神去なあなあ日常

21:30:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 神去村の人たちはおっとりしている。彼らの口癖は「なあなあ」で、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」など、いろんな意味に使われているが、語尾にも「な」がつくので、のんびりした感じにな… このレビューの続きを見る

神去なあなあ日常

13:58:By 受賞本

 神去なあなあ日常  著者 : 三浦しをん  受賞歴 : 2010年本屋大賞 ノミネート         2009年キノベス 8位

今回は本屋で人を待っていた時に、平積みの本の宣伝文句にヤラレて買ってみました。以下、その宣伝文句。 「ぼくのおすすめ 宮崎駿 とてもおもしろい。読みすすめながら、この本は映画になるぞと思い、やるなら… このレビューの続きを見る

 あらすじ: 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある… このレビューの続きを見る

☆☆☆強引に林業の世界に放り込まれた主人公の独白で進む物語。都会っ子で初心者の主人公が最初はヨタヨタと仕事に入り、謎の美人が現れ、男惚れするような先輩に囲まれ、通過儀礼的な事件があり、最後は壮大な祭りで… このレビューの続きを見る

11月21日

21:49:By ぺぺぷblog

おこんばんは。 さっそくですが、 この「神去なあな日常」 最近読んでるのですが、 おすすめです。はい 今日は、めぐと遊びました。 合格おめでとーーー っていうことで ぐだぐだしてきました。 今度は、あたし… このレビューの続きを見る

美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  ● 神去なあなあ日常 / 三浦しをん  ● 徳間書店  ● 1575円  ● 評価 ☆☆☆☆ 高校を出たら、フリーターにでもなってテキトーに食っていこうと思ってた。 なのに、担任と母親が俺に内… このレビューの続きを見る

 今回は、少しエッセイの三浦さんに近い小説。 ひょんなことから林業をすることになった高卒の少年の物語〜 り…林業… 私のやりたくない仕事ベスト3に確実に入ってたよ…。 大して知りもしなかったのに、そんな… このレビューの続きを見る

  高校を卒業したばかりの勇気は、 担任に勝手に決められた就職先に 突然行かされることになる。 行先は、 三重県の神去村。 仕事は、林業。 見渡す限り山ばかり。 唯一の雑貨店は、「百貨店」と呼ばれている… このレビューの続きを見る

「美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!? 林業っておもしれ〜!」。三浦しをんが贈る「林業に《ゆる〜く》かける青春」物語。(カッコ内は帯… このレビューの続きを見る

美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従… このレビューの続きを見る

小学生の、読書感想文課題図書みたい!が読後最初の印象。 良くも、悪くも。 良い意味の方は、まあなんとなく察していただくとして、悪い意味の方は文章。 「〜だったんだ。」ってのは、ちょっと……どうかなあ。 時… このレビューの続きを見る

高校卒業と同時に、平野勇気が両親に送り込まれたのは 三重県の山奥・神去村。 なぜここに?なにをしに? 訳もわからぬまま、チェーンソーを渡され、その日から勇気の 山仕事は始まります。 金髪で筋肉りゅうりゅ… このレビューの続きを見る

若者の林業初体験物語。 落語に引き続き、シリーズ化してるんだろうか。 軽くて読みやすいのがこの人の作品の特徴だが、私の好みにはちょっと軽すぎる。林真理子もだけど、小説よりもエッセイの方が面白くて好きだ。 ★★★☆☆

村人の口癖は「なあなあ」。   「ゆっくり」「落ち着け」「のどかで過ごしやすいいいお天気ですね」まで幅広く、この一言で済まされる。   高校卒業後、勝手に応募された「緑の雇用」制度で、神去村… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  何日ぶりの更新か思い出せないほど、久しぶりの更新です。   いくら忙しい からといって、書評ブログとは思えないほど、久しぶりの更新です。   さて、三浦さんの新作は、爽やか… このレビューの続きを見る

駅伝、文楽ときて、今度は林業だ!おもしろかった。都会っ子でフリーターの主人公が、いきなり田舎の山村に放り込まれて林業に従事することに。何この田舎町ってところから更に車で山上の集落にガタゴト、さぁここ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  全然、本を読んでいる時間もないのに、また本を購入してしまいました。   試験どころか、レポート提出もやばい状況なのに、本当にやばいです。  石持さんの新作も出ていたので、欲し… このレビューの続きを見る

関連する商品