>
[Amazon] 殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)で自分のブログにレビューを書く

殺人鬼フジコの衝動

おすすめ!3.3 [3.3](22件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:76958位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4198933677(徳間書店)
殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(22件) 3.3 [3.3]

途中まで見て、しばらく時間が経ってしまってて、 その続きを見たので・・・・ ちょいと、何があったんだっけ・・・?な感じでしたが・・・ 最後の最後でびっくりぽんやわ! まさか・・・でしたね。 小坂… このレビューの続きを見る

原作とは展開が違ってきたけど、 その悲しい展開だけは、同じだったなぁ・・・ 再審棄却により、家族以外は面会できなくなってしまったフジコ。 美智子は、ミヤコに戸籍を戻して再度会いに行く・・・ そこで… このレビューの続きを見る

裕也と結婚して・・・ あり・・・?そこすっ飛ばして、藤子、結構年くってるぞ・・・? もう、上原と暮らしてるし・・・? どういうこと・・?かと思ったら・・・ ちゃんと描かれてましたよ。 すんごいこと… このレビューの続きを見る

今回は、フジコ高校生に・・・・ですね。 レコード屋さんの裕也と付き合ってる藤子。 バイトを始め、杏奈という友達もできたんだけど・・・ その杏奈が、カレシを奪いまして・・・ 嫌な予感がしておりました… このレビューの続きを見る

CM無しの67分は・・・結構キツイ。 内容もハードだからねぇ・・・ さて、第2話。 今回は藤子の幼少期のお話。 一家惨殺事件後、叔母に引き取られた藤子は、 新しい場所で居場所を必死に探そうとする。 こ… このレビューの続きを見る

Huluオリジナルのドラマ。 原作はかなり前に既読・・・ なので、「すごい話だった」って記憶はあっても、 ほぼほぼ内容は忘れてる・・・ だから、新鮮な気持ちで第一話を見ましたよ。 記者・美智子のもと… このレビューの続きを見る

真梨幸子著「殺人鬼フジコの衝動」徳間文庫「ユリゴコロ」に引き続き女の殺人鬼の話。こちらは衝動と名前が付いているだけあって自分が困ったときに相手を衝動的に殺している。その衝動や全体の流れに残念ながら新鮮さがなく、私は物足りなかった。味付けにひらめきのないコース料理のようだった。苦くてもいい、しょっぱすぎてもいい。一つでもなにか狂気がほしかった。

今日久しぶりに図書館へ。冷房弱目。ネットで予約していた本を借りる。由良秀之「司法記者」(講談社) 今WOWOWでやっているドラマ「トクソウ」の原作本。 ドラマがおっそろしいので読んでみたくなった。 早く読… このレビューの続きを見る

3.3

息子の乱読日記

11:38:By Film Rider

キタ、キタ…

本屋さんが妙にプッシュしていたよ(笑) しかも、本の帯もドヤドヤッってカンジのアオリっぷり …ハッキリ言って、種明かしをしちゃっているよ とにかく、読んでいてウンザリする物語です 早く読み終わりたいよーと… このレビューの続きを見る

 早いもので新年度ももう1ヶ月経過ですね。では、4月の総括です。4月に読んだ本は13冊、見た映画は4本でした。ほんとはもっと読んでるんですが...書く方が追いついてないということで来月に(笑)今月は意外と面… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】幼い頃から不遇な人生を送ってきたフジコ。彼女は、そんな人生から脱皮しようと必死にあがくのであったが、そう簡単には運命は変えられず、彼女には次々に厄介事が舞い込むのであった…。【感想】… このレビューの続きを見る

※ネタバレはございません。帯に書かれている通り物凄く後味が悪い小説です。後味の悪さというか。もう一番最初から。はじまって1ページ目から後味が悪いです。もはや後味なのかわからないですが。でも面白かったで… このレビューの続きを見る

一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み始めた十歳の少女。だが、彼女の人生は、いつしか狂い始めた。人生は、薔薇色のお菓子のよう…。またひとり、彼女は人を殺す。何が少女を伝説の殺人鬼・… このレビューの続きを見る

  最初の小学生時代のところで、読むのを断念するところだった。 自分と似ていたから。何をやってもうまくいかなくて、それを自分の醜い風貌ゆえだと思ってしまう。そして、それを埋め合わせられるのはお金だけだと考える。その思考が、私も理解できてしまって嫌だった。 タイトルの感じだと、フジコは快楽犯か愉快犯か…というイメージだったけど、そうではないのは意外だった。

殺人鬼フジコの衝動

19:32:By 屑紙

店頭でやたら押しまくってるポップに負けて購入してしまった… すごいガッカリ ´Д` (すいません) 蛙の子は蛙みたいな話だったよ ゴシップ誌の三面のような内容でつまらなかった…orz orz あと文章が好みじゃなかったのも大きかった… 本のカバーに、あとがきを読まねば後悔する!って書いてあったぜ あれ?特に後悔しなかったぜ!

―内容(「BOOK」データベースより)― 一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして新たな人生を歩み始めた十一歳の少女。だが彼女の人生はいつしか狂い始めた。「人生は、薔薇色のお菓子のよう」。呟きながら、また… このレビューの続きを見る

うへ

22:00:By L I F E

読みましたが、グロくてグロくて濃くて濃くてたまらないです。読み終わった今も多少の嗚咽混じりな感じ。。。わたしにはこういう小説向かないなぁ…。もっとおもしろい話ないかな?明日は図書館戦争やっけ?そんなの… このレビューの続きを見る

3.3

下町ドリーム

00:57:By Wallflower

 上の二つは最近買った本です(゚∀゚*) 下町ロケットは後期の直木賞受賞作ですね^^  追記でタイバニ24話感想

業(カルマ)からは逃れられない…死ぬまで 『殺人鬼フジコの衝動』 真梨幸子 この作品で初めて真梨さんを知りました。 なんてお話を書く人なんだ!と驚愕。 なんでこんな心理描写がリアルなの!? こんな… このレビューの続きを見る

もうずいぶん前にこのヒトのデビュー作(孤虫症)を読んだ。内容ははっきり覚えてないけどものすごく気味が悪く救いのない最悪にイヤーな話でその強烈な印象だけ記憶に残っている。このヒトはそういうのを書くのが… このレビューの続きを見る

関連する商品