DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 最後の授業 ぼくの命があるうちに - ランディ パウシュ, ジェフリー ザスロー のレビュー全8件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 最後の授業 ぼくの命があるうちに

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

最後の授業 ぼくの命があるうちに
最後の授業 ぼくの命があるうちにで自分のブログにレビューを書く

最後の授業 ぼくの命があるうちに

おすすめ!4.1 [4.1](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:166217位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4270003499(武田ランダムハウスジャパン)
最後の授業 ぼくの命があるうちにのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 4.1 [4.1]

著者のメッセージを知りたくて読書。話題となった亡くなる前にYouTubeで1〜9まで見たことがある。本書は先に動画を見てから読んだほうがいいのか、逆がいいのかは分からない。少なくても動画見たときには涙が止まら… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般<読書日記> 今年16冊目、「最後の授業 ぼくの命があるうちに」(ランディ・パウシュ/ジェフリー・ザスロー著、矢羽野 薫訳)を読了しました。 この著者のことは何がきっかけで知ったのか… このレビューの続きを見る

4.1

最後の授業

19:49:By my favorite

この本の著者ランディー・パウシュ氏は 、カーネギーメロン大学の教授だが、2008年夏、膵臓ガンからの転移のため亡くなった。享年47才だった。彼は頭脳にも人脈にも恵まれ、40歳を目前に結婚、3人の子供をもうける。で… このレビューの続きを見る

 がんによって余命宣告をされた大学教授が、生徒たちに、そして自分の子どもたちに向けてのメッセージを贈る、そんな本です。 今生きているそのときを大切にすること、そして夢を持つことを語っています。 その… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 2度目の紹介。 ディズニーランドを夢見ていたランディ少年は 1度はふられてしまいますが、最後にはディズニーで働く機会を得て、 ランディの教え子の「Star Warsを少年時代に見た時か… このレビューの続きを見る

『最後の授業 ぼくの命があるうちに』(ランディ・パウシュ) 「楽観主義と現実主義の健全なバランス」のとれた人。 作中のこの表現が、まさに著者を的確に表しています。 ものすごくポジティブで、夢に対し… このレビューの続きを見る

★★★★★ 余命宣告を受けた、米国のある大学教授の 最後の授業についての本。 喫茶店で読んだので、涙こらえるのに必死。 さすがに我慢できなくなりそうになって 途中からは自宅に戻ってから・・・でした。 後ろ向きとまではいかないけれど、 行き詰ったり、立ち止まることが多い私に 色々教えてくれる本だったりする。

関連する商品