好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

うろんな客
うろんな客で自分のブログにレビューを書く

うろんな客

おすすめ!3.7 [3.7](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:15288位
  • Amazon価格:¥ 1,080
  • ユーズド価格:¥ 799
  • ISBN/ASIN:4309264344(河出書房新社)
うろんな客のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.7 [3.7]

森博嗣「デボラ、眠っているのか?」  この前の巻の「風は青海をわたるのか?」で  最後の当たりでハギリが自分のアイディアを思いつくところが  すごくよかった。  私もそういうときあるから。 … このレビューの続きを見る

英米文学者で東京大学教授で翻訳家で小説家の柴田元幸氏。 風強く 客もなきはず 冬の夜 ベルは鳴れども 人影皆無  この人の翻訳で、エドワード・ゴーリーの「うろんな客」が印象的だった。あまりにもセンス… このレビューの続きを見る

この謎の生き物の正体が、話を読み終わっても謎のままだった。 でも、この気持ち悪い生き物のことを何故か嫌いになれず、むしろほほえましく感じた。 後書きを読むと、作者の赤ん坊を描いた本らしいことがわかり、… このレビューの続きを見る

 大人のための絵本です。この「うろんな客」には誰しも心当たりがあるはず。シュールです。でもどこか魅力的です。不思議な物体がある日ドコからともなく現われて居座る。だけど不思議と住民は受け入れている。このうろんな客はいったい誰なのでしょう?育児をちょっとナナメから見たいときにおすすめです。JUGEMテーマ:人生訓

カギ鼻あたまのヘンな生き物がやってきたのは、ヴィクトリア朝の館。 とある一家の生活の中に、突然入り込んできて、そして、それから・・・。 マフラーを巻き、白いシューズを履いて、突然あらわれたヘンなやつ… このレビューの続きを見る

とりあえず、始めるよ。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品