DB Error: connect failed くまとやまねこ - 湯本 香樹実 のレビュー全18件 JUGEMブログ

>
[Amazon] くまとやまねこ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

くまとやまねこ
くまとやまねこで自分のブログにレビューを書く

くまとやまねこ

おすすめ!4.1 [4.1](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:20136位
  • Amazon価格:¥ 1,404
  • ユーズド価格:¥ 499
  • ISBN/ASIN:4309270077(河出書房新社)
くまとやまねこのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 4.1 [4.1]

くまとやまねこ

22:51:By 鳥と本

なかよしのことりを亡くしたくまが立ち直るお話。と、いうことで、設定的には鳥好き鳥飼いには辛いものがあるお話。(ストーリー的にはやまねこの助けもあって、心温まる物になっているんだけれども。でも鳥死んじ… このレビューの続きを見る

  ともだちを失った悲しみを乗り越えて、また新しい生活に向かって行く物語です。 テーマは、悲しみを乗り越えることです。   小学校低学年向けの絵本ですが、その学年では、お友達を失った悲しみを… このレビューの続きを見る

「くまとやまねこ」という絵本をお借りした。くまの大好きなことりが死んでしまう。嘆き悲しんだくまは、自分で作った木の箱にことりの亡がらをいれて、持ち歩く。それをみた森の動物たちは、「くまくん、 ことり… このレビューの続きを見る

 この絵本も同じ友達にもらいました。 お話も好きだけど、絵がとっても好きだ。 なんでしょう、大人になって読む絵本は心に良いものです。 〜本の帯より 『だって、ぼくたちはずっとずっといっしょなんだ』 突然、最愛の友だち・ことりをなくしてしまった、くま。 くらくしめきった部屋に、ひとり閉じこもっていたくまが やがて見つけたあたらしい時のかがやき

くまとやまねこ

11:15:By 受賞本

 くまとやまねこ  著者 : 湯本香樹実  受賞歴 : 2008年キノベス 8位

今回は絵本の朗読をします。2つとも「いのち」をテーマにしたお話です。

大事なことりが亡くなってしまって、寂しさと悲しさとでいっぱいのくま。家に閉じこもりがちだけど、あるひ出合ったやまねこの音楽をきいているうちに、くまのなかでなにかが変わったようです。この表紙!!すてき… このレビューの続きを見る

  まよったけれど、 絵本は別カテゴリーとして記録。 ただ、自分があとでチェックしやすいかなぁと。 絵もおはなしもすてきで、 装丁もよくて、 心から泣いてしまった本。 こんな本に出会えるなら、 積極… このレビューの続きを見る

私は自分の中の芸術的センスが全て音楽に偏ってしまっているのか、本当に絵が苦手です。描くと中井画伯並みの絵になります。(苦笑)観賞するにしてもイマイチ絵の良さがわからなくて、美術館って縁遠い場所だった… このレビューの続きを見る

...

18:02:By loop

本屋で逢ってひとめぼれ^^ 最近自分のなかで絵本ブームきてる

書店に行った時に「本屋さんが薦める本ベスト100」と言う感じのコーナーで 一位だった本を手に取ってみました。 絵を描いたのは大好きな作家さん、酒井駒子さん。 酒井さんのやさしいタッチのモノクロの絵が、… このレビューの続きを見る

4.1

今月の絵本

14:11:By 今日のできごと

 最近ブログの更新サボリ気味なので昼休みに更新しておきますおうち帰ると寝ちゃうんだもんさてさてここ最近毎月目標を決めて絵本を買っています今月の目標は3冊自分用に1冊ママバースデーに1冊あと1冊は… このレビューの続きを見る

久しぶりに本屋によりました。 お友達に、「さいごの恐竜ティラン」という絵本を借りて読んだのですが…。これが号泣でした。 恥ずかしいことに、小さいときに、読み聞かせとかをしてもらって記憶がほとんどなく、… このレビューの続きを見る

絵本で号泣 悲しいけど切ないけど とてもいい 大人が読んでも 読み応えのある絵本

JUGEMテーマ:育児 だって、ぼくたちは ずっとずっといっしょなんだ―― 突然、最愛の友だち・ことりをなくしてしまった、くま。 かなしみのあまり、くまは、くらくしめきった部屋に閉じこもる。 だがくまにも… このレビューの続きを見る

湯本香樹実さんが文を書いている絵本。 仲良くしている小鳥が死んで、そこから立ち直れていないくまが、 やまねこと知り合って立ち直り、新しい友情を作るまでの物語。 誰かの死を受け入れる、ということは… このレビューの続きを見る

突然、最愛の友だち・ことりをなくしてしまったくま。 くまは死んでしまったことりをうつくしい箱に入れて、大切に肌身離さず持ち歩きます。けれどもやがてかなしみのあまり、暗く閉めきった家にとじこもってしまい… このレビューの続きを見る

君を失ってしまったら わたしは一体どうしたらいいのだろう たくさんの思い出を 君は わたしにくれたけれど たくさんの幸せを 君は わたしにくれたけれど ねえ、君 いつか いつか その時がきたら 君の面影を抱いて わたしは もう一度歩き出せるだろうか

関連する商品