>
[Amazon] 適当教典 (河出文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

適当教典 (河出文庫)
適当教典 (河出文庫)で自分のブログにレビューを書く

適当教典

3.1 [3.1](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:17899位
  • Amazon価格:¥ 594
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4309408494(河出書房新社)
適当教典 (河出文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.1 [3.1]

JUGEMテーマ:Book review「適当教典」(河出文庫):高田純次 なかなかこういう本を読む機会もないのだけれど・・・ ずっといつもの古本屋の端っこで私に訴えてきていたので買ってしまいました。 なんか気分が楽になれる本です。 適当とは言っても高田純次は、私よりも年配なのです。 ふざけている言葉の端っこから、人生に対する考え方を訴えてくる本でした。 

JUGEMテーマ:オススメの本 キてます(・∀・) ずっと読みたくて、表紙の恥ずかしさを気にしつつ 本屋さんで買いました。笑 やー・・・ほんと。 てっきとーだな、おい  まさかこれほどまでとは思ってな… このレビューの続きを見る

3.1

適当教典

16:49:By Sign

人生相談に高田純次が答えていく。 かなり現実離れした解決策。 でも「適当」だと宣言されている以上文句が言えない。 しかもこの適当なアドバイスに助けられている人も多くいる。 この人、いい加減っぽくしてるけど、かなりちゃんとやってる。

はい、これ、もう表紙からして強烈な脱力感を誘うんだけど・・・、かのテキトー・タレ ント、高田純次の著書で、その名も『適当教典』(笑)。どーでもいい悩みから切実な悩 みまで、老若男女の様々な問いに… このレビューの続きを見る

高田純次『適当教典』

00:06:By Krafty

 『適当論』『適当手帳』がヒットしたことで、単行本では『人生教典』というタイトルで刊行された書物が『適当教典』と改題され、加筆されて文庫で刊行されることになった。弛んだお腹が痛々しい半裸の高田氏の写… このレビューの続きを見る

高田純次氏の最新著作。 まだ読んでないが読みたい。 読んだらレビューします。

読む価値はあります。(笑) これの前に読んだのが「適当論」 これは読みたいけど買わなーい で、図書館で借りました。 今回のこの本も読み終わると 「578円」を、他の何かに使えなかったか・・・と少し後… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品