>
[Amazon] 女ぎらい――ニッポンのミソジニー

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

女ぎらい――ニッポンのミソジニー
女ぎらい――ニッポンのミソジニーで自分のブログにレビューを書く

女ぎらい――ニッポンのミソジニー

おすすめ!3.7 [3.7](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:18982位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 500
  • ISBN/ASIN:431401069X(紀伊國屋書店)
女ぎらい――ニッポンのミソジニーのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.7 [3.7]

 AKB48の選挙深夜特番をつい見てたんだが、ファンには悪いが、気持ち悪い。ゲロ吐きそ。 オカマですもん、美少女人形を演じてる人たちも、忠誠心の捧げどころを間違ってる?イタい人々にもあたしゃ冷たいのよ。(-… このレビューの続きを見る

連続投稿  紀子さま懐妊!! これだけ騒がした挙句に秋にはしっかり素敵なお嬢様を出産していただくことをお祈りしたいと思います。  きっと秋篠宮もがんばったんだろうなー。「なんで、俺が天皇になっちゃいけ… このレビューの続きを見る

【今日の一冊】:明日のニコ生に備えて、「非モテのミソジニー」の箇所を読み返しております。 本日は、明日の準備をしつつ、事務対応。 東京勉強会への参加申し込み、本日も承りました!定員、案外早く埋まっ… このレビューの続きを見る

 AKB48の選挙深夜特番をつい見てたんだが、ファンには悪いが、気持ち悪い。ゲロ吐きそ。 オカマですもん、美少女人形を演じてる人たちも、忠誠心の捧げどころを間違ってる?イタい人々にもあたしゃ冷たいのよ。(-… このレビューの続きを見る

好著。 上野千鶴子の本はこれが初めてだったけど、正解だったと思う。 社会学者としての仕事集大成といった感じがして、あとがきを読むとまさにそうなのだという事がわかった。 女嫌いとはミソジニーとい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 --------------------------------------------- 女に生まれて 喜んでくれたのは 菓子屋とドレス屋と女衒と女たらし 嵐あけの如月 壁の割れた産室 生まれ落ちて最初に聞いた声は 落胆の溜息… このレビューの続きを見る

年末年始に読むような本じゃなかったなー、とおもう。 なんたってわたしのアタマには難し過ぎて、この本の内容のすべてを理解できたか、と問われたら 「無理」 と答えるヘタレっぷり。 あと何回読めば理解でき… このレビューの続きを見る

 昔ほどじゃないけども、最近本読みたくなってます。 急に、自分の書きたい文章みたいなんが解ってきたっぽい。(あくまで趣味の範囲で) あと、会社の図書室に気になってたほんがいっぱいあった! とりあ… このレビューの続きを見る

【今日の一冊】:東電OL事件、いくらなんでも皆引っ張りすぎなのでは、とも思いますが、臨床性護の理論構築に応用できそうなので、腰を据えて読んでみようと思います。 本日もひきこもってテキスト執筆。ようやく… このレビューの続きを見る