DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 - 山田 真哉 のレビュー全39件 JUGEMブログ

>
[Amazon] さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からは...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)で自分のブログにレビューを書く

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

おすすめ!3.4 [3.4](39件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:22618位
  • Amazon価格:¥ 756
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4334032915(光文社)
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(39件) 3.4 [3.4]

あんなに、さおだけ屋は回っているのに、買った人間は少ないのか? ベッドタウンの高級フランス店はなぜ潰れない? 完売したのになぜしかられる? あの人はなぜワリカン支払役をかってでるのか? 公認会計士… このレビューの続きを見る

 さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 著者 : 山田真哉  

 JUGEMテーマ:読書今年2冊目。

 さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 在庫商売、黒字倒産、売り上げ至上主義。 実に、この危険性がわかっていない経営者が読むべき本だ。 経営の概念を、根底から考えるために読むべきである本だ。 売り上… このレビューの続きを見る

 会計の仕方がふーんほーんと面白く、 中でいっぱい宣伝している小説の方にも若干の興味が沸いて何か見事にハメられた気分(笑) さおだけ屋何かに関しては、実際にリサーチしたわけではなく、推測とかたまたま知った話何かが多かったので、もっと突っ込んで調べて欲しかった印象。

発行されたのもブームも何年か前になりますが、 図書館でふらりと手にとったのをきっかけに読みました。 会計の知識は全くないので、そこら辺はスルーぎみ。 だけど、著者さんの優しげな語り口調の文体で読みやす… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス  やっと最近読んだのですが、中々面白い内容です。会計初心者の私は、この雑学で書かれた内容は分かりやすく非常に勉強になります。アマゾンのブックレビューを見ていたら、さおだけ屋さんが「80%のさおだけ屋はつぶれました」とか「こんなさおだけ屋はいません」等書かれておりました。ですが、会計や簿記知識が無いものとして、入門書としては非常に良いです。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 確かに入りやすいタイトルといい、ベストセラーになった理由もうなずけた。 平易な文章で書いてあるから、電車の中で読んでたら2時間くらいで読み終えた。 その後に、会計の本を読んだら確かに前より感覚がつかめたような気がした。 いや、簿記の勉強とかには直接結びつかなくても、ね。

数字アレルギーでも、これならわかる。ほんとうに。 山田真哉さんの会計本3冊。 【1】さおだけ屋はなぜつぶれないのか? 「挫折せずに最後まで読める会計の本」というコンセプトの本。 決算書やら仕訳やら、そうい… このレビューの続きを見る

さおだけ屋のカラクリは「ゴーイングコンサーン」の観点から見ると面白いですね。「潰れようのないシステムを創る」という発想は大事かも。 【早朝業務】6:30-7:30(60分)消費 【行動計画】7:30-7:40(10分)… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問から始める会計学』を読みました ちょっと古い本なんおで、今は「さおだけー」はあまり聞かなくなりましたが・・・ 会計学の本を読んだ事は… このレビューの続きを見る

この本が売れていた頃は、「さおだけ屋がつぶれない理由は知ってるよ」なんて思ったりして、中身をみようともしていなかった。でも、最近図書館でみつけて、「身近な疑問からはじめる会計学」という副題に目がとま… このレビューの続きを見る

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 今頃ですが読みました。 確かに面白かったです。 文章がやわらかいのと、本当に身近な疑問を取り上げているところが 人気の秘訣なんだと、改めて… このレビューの続きを見る

+ 『土曜日』新潮クレストブックスには、外れが少ない。装丁も好みだし、手に取ったときの感触とか、おもさとか、紙とか活字とか、好みだなあ。と云うことで、基本このシリーズ読むときはわくわくする。そうして、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  この世で1番苦手なもの、それは数学。   そんな私ですから、せっかく購入したにも かかわらず、ながきにわたって、この本を積ん読本にしてしまったのも、仕方のないことだ ったのか… このレビューの続きを見る

公認会計士の山田直哉さんの著書。身の回りの簡単な事象から会計学の考え方について説明してくれる。さおだけ屋・フランス料理店⇒本業と副業による事業シナジー飲み会のワリカン⇒キャッシュフロー商品だらけのお店… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 お金の考え方。必読の本。

JUGEMテーマ:モブログ JUGEMテーマ:読書 面白かった。 ただ新書なので内容量がそこまでないと思う。 あくまで読み物である。 会計などを学ぶ導入としていいのかな、と思った。 自分も初心者なのでこれから勉強していきたい。

「会計」を意識したことはなかったのですが読んでみるとこれが面白い。 住宅地の高級フランス料理店や在庫だらけの自然食品の店がつぶれない理由を会計士の視点で解き明かしています。会計というと会社のものと考… このレビューの続きを見る

3.4

今日の一冊

15:05:By 悠々紀行文

たしか以前にベストセラーになったんだよなぁ、これ。 基本的にタイトル/表紙デザイン買いをする自分の場合、売れた売れないは どうでもいい、というかむしろ世間で話題になっていると購買意欲が萎える。 閑… このレビューの続きを見る

入門編の入門編、初心者+好奇心=探究心 読みやすくつくっているそんな思いが随所に詰まっていてそんな心意気がさらにスピードを上げて一気に読ませてくれます。 文字数もそう多くなく、ちょっとした時間に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  一時期ベストセラーになった本なので、タイトルを知っている方や読んだ方も多いと思います。  本屋さんの新書コーナーで長い間平積みで売られていたし。POPが付いていたこともありまし… このレビューの続きを見る

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書) 著者:山田 真哉 出版社: 光文社 (2005/2/16) ISBN-10: 4334032915 ISBN-13: 978-4334032913 内容(「BOOK」データベースより… このレビューの続きを見る

身近な疑問から始める会計学、とあるように、さおだけ屋に端を発し、会計を解きほぐしすぎなのでは、というくらいに簡潔明瞭に大きな文字で薄く表現している。 つまりは、 ○鳥瞰図のような視点の確保(41頁の例)… このレビューの続きを見る

前から読もう、読もうと思ってたんですが、 ようやく読めました。 なぜ、さおだけやは潰れないかは本を読んでいただきたく事にして、 ざっとした中身を。 会計が身近な例を元に紹介されているような感じで… このレビューの続きを見る

遂に読めました。タイトルでまず惹かれますが内容もなかなかどうして。 全体の感触でいくと「会計に強くなるには「ケチ」であること!」かなって感触でした(笑)。 一見ややこしく、でも結構シンプルな部分も持… このレビューの続きを見る

 山田真哉(2005)『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?――身近な疑問からはじめる会計学――』(光文社[光文社新書191])を読了。  「会計学入門」の入門として非常に読みやすくまとめられたもので、コレを読んだだ… このレビューの続きを見る

ご存知、昨年の大ベストセラー本です。 さおだけ屋はなぜ潰れないのか?という問いに答えるだけでなく、 会計の基礎知識について、身近な例を使ってわかりやすく説明しています。 この本を読んで、実際にう… このレビューの続きを見る

これはかなり売れたから読んだ方も多いと思いますが、 今頃読みました。 今更感想もいらないかも・・ ランキング参加しています。 よかったら↓ぽちっとお願いします。 JUGEMテーマ:本の紹介

小難しいのかな?と思いきや、意外に(失礼)親切かつ丁寧に解説。 解説って言うとまた堅苦しいですが、読みやすい。 もう一度読んできちんと理解してみたいと思う (1回ではふ〜ん位で終わったため…それダメじゃん…)

50人に1人無料にだまされない 雰囲気や感覚で「売れた」「売れない」「安い」「高い」というイメージを持たないこと。ちゃんと計算すれば、正確に「回転率」や「売上率」「割引率」は把握できる。しかもその計算方法は難しくない。会社員としても、消費者としても、知っておくべきことは多い。 「キャッシュ・フロー」すら理解していなかった素人でも、会計に興味を持てた。

普段そんなに本を読むほうでもないワタクシもビックリ 文字でかいですわー 小・中学生向けの本かと思うような文字の大きさで、読むのにまったく時間が掛からなかった(ラノベの半分の時間で読める) ・・… このレビューの続きを見る

さおだけ屋

12:45:By

会社で経理を任されています。 でも本当の初心者。 分からないことだらけ。。。 でも、ようやく会計用語も少しずつ分かってきました。 数学はすごく嫌いですが、会計にも興味が出てきました。 そんなとき… このレビューの続きを見る

ちょっと前に話題になった「さおだけ屋」の本。 まぁわかりやすいしそれなりにおもしろいし、 ベストセラーになったのも納得、って感じですかね……。 ただ、まぁこれもベストセラーになった理由のひとつといえ… このレビューの続きを見る

↑数字のセンスの話は面白かった。あっという間に読んじゃいます。 今の仕事をし始めて3年。 あと何年働くか。一生働くか。 養育せねば子供に物を教わることもできんし、細君との共同作業も無くなってしまうよ… このレビューの続きを見る

さおだけ屋は全国で目にすることがあると思う。でも、実際にさおだけが売れているところを目撃したことがある人は少ないはずだ。そう、さおだけ屋はあまり儲かる商売には思えない。 ではなぜさおだけ屋は潰れな… このレビューの続きを見る

 今更かもしれませんが一時かなり話題になった『さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学』を図書館で発見。さすがに一年以上たっていれば話題作でも予約なしで借りれるようです。  この本… このレビューの続きを見る

それは、?? サラリーマンがなぜ宝くじをやたらと買いたがるのかと同じことでしょう。封建制を色濃く残す日本の場合、ビジネスに対して非常に卑しみにも似た感情を持つ人がいます。なぜでしょう。封建制が充実の絶頂… このレビューの続きを見る

関連する商品