>
[Amazon] 下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)
下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)で自分のブログにレビューを書く

下流社会 新たな階層集団の出現

2.8 [2.8](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:180474位
  • Amazon価格:¥ 780
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4334033210(光文社)
下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 2.8 [2.8]

●本日の読書 ・「下流社会」三浦展/光文社新書 ISBN:4-334-03321-0  自分がこの本言うところの「下流」であるなあと思ったので、手に取ってみたベストセラー。この著者の先の著作を読んでいないのですが、… このレビューの続きを見る

 下流社会 新たな階層集団の出現 著者 : 三浦展

『下流社会』

13:53:By Proc Blog

 JUGEMテーマ:読書今年13冊目。

 2005年とちょっと古いがなぜ下流(またはワーキングプア)が生まれたかを論じている。基本的に個人責任なのだが、階層の固定化はなんとかしたいという意見で私の考えににている。東大授業料無料化は東大が独自の活動としてすでに実現済み、 ただ、自分の性格が下流タイプなのにおどろいてしまった。下流社会(ワーキングプア)の出現はかなりの部分当人の責任という論調です。

女性の階層化、というのは、新しい発見でした。 これまで女性は専業主婦しか道がなかったのが、 今は女性が労働力になってきていている以上、 階層もできるだろうなあという感じです。 女性と男性の階層の… このレビューの続きを見る

読んだ。アマゾンレビューでは賛否両論があるようですね。前半は面白かったですよ。ですよねーなるほどねと見れる。おおげさっぽいけどその通りかもしれないねーと思える。後半は・・・統計数字に対するこじつけと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  正直、期待はずれでした。   「なんだかなあ。」という感じの本でした。『負け犬の遠 吠え』と同じくらい、何が言いたいのか、分からない本でした。みもふたもないことばかり 書き… このレビューの続きを見る

 本書では、数多くの調査によって、親の階層によりその子供の階層が、特に「下流」階層が固定化されつつあることを丁寧に論じている。で、私は、なんでそれがそんなに重要なことなのか理解できなかったんだけど、… このレビューの続きを見る

<紹介文> 消え行く中流幻想 日本社会に地殻変動が起きている。安定就職を前提とした中流階層モデルの崩壊は、目に見える仕組みやルールだけでなく、国民の価値観や生きる意欲に大きな影響を及ぼしている。 … このレビューの続きを見る

女性の階層化、というのは、新しい発見でした。 これまで女性は専業主婦しか道がなかったのが、 今は女性が労働力になってきていている以上、 階層もできるだろうなあという感じです。 女性と男性の階層の… このレビューの続きを見る

これもちょっと前の話題本。 自分はどうかなぁとは思うけど、そううまくあてはまらないよとも思う。

最初から最後までいらいらしっぱなし。 データの結果が全てで、自分が調査したことが全て正しいって感じで論じていると私個人としては感じた。最後の最後の項で、収集したデータの少なさを認める文章を書いている… このレビューの続きを見る

いままでの中流社会が崩れつつある。 中流は中の下が多くなって、上流はとことん上流になってる。 要は格差についてのお話です。 なによりも女性のほうが格差が大きいんだとか。 作者は意識の低い女性を批判し… このレビューの続きを見る

072 『下流社会 新たな階層集団の出現』 三浦展著 光文社新書 780円+税 2005/9/20 神田昌典さんのメルマガにて、紹介されていた本です。 なんでも、三浦展さんは、日本のニーチェらしいです。(神田さんが呼ん… このレビューの続きを見る

悩むねぇ

17:17:By epiphora

この本、ちょっと前に大流行しましたねー。 あたしも読みました。 この本の言ってることは、どうかと思う部分もあるけど、 低収入家族は、子供も低収入家族を作っちゃうから、 日本がどんどん落差社会になると… このレビューの続きを見る