>
[Amazon] 教育という病 子どもと先生を苦しめる「教育リスク...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

教育という病 子どもと先生を苦しめる「教育リスク」 (光文社新書)
教育という病 子どもと先生を苦しめる「教育リスク」 (光文社新書)で自分のブログにレビューを書く

教育という病 子どもと先生を苦しめる「教育リスク」

おすすめ!5 [5](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:32219位
  • Amazon価格:¥ 842
  • ユーズド価格:¥ 14
  • ISBN/ASIN:4334038638(光文社)
教育という病 子どもと先生を苦しめる「教育リスク」 (光文社新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 5 [5]

  超遅まきながら読んでおります。   本日はサミットの打ち合わせ+池袋風テラス+取材+新刊取材。   両耳中耳炎状態でしたが、どうにか無事に終わってホッとしました。   … このレビューの続きを見る

 内田良(2015)『教育という病――子どもと先生を苦しめる「教育リスク」』(光文社[光文社新書])を読了。  何をやるにせよ、ある程度の根拠なりデータなり、客観的だと思われる材料(エビデンス)が必要であ… このレビューの続きを見る

次回作の新書、仁藤夢乃さん『女子高生の裏社会』や、内田良さん『教育という病』などの話題作の編集を担当された、光文社の若手敏腕編集者・Hさんとタッグで作りました。昨年8月のセックスワーク・サミットの会… このレビューの続きを見る

関連する商品