>
[Amazon] 神様からひと言 (光文社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

神様からひと言 (光文社文庫)
神様からひと言 (光文社文庫)で自分のブログにレビューを書く

神様からひと言

おすすめ!3.8 [3.8](23件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:36959位
  • Amazon価格:¥ 741
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4334738427(光文社)
神様からひと言 (光文社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(23件) 3.8 [3.8]

JUGEMテーマ:小説全般 背表紙のあらすじを読んで本を買いました。  主人公が最初の異動になるまでは のろのろ読んでましたが、 お客様相談室にいってからはおもしろくてほぼ一気読みしました。   … このレビューの続きを見る

パパドルおもしろかった♪ 現在は、5LDKなぅ。TOKIO兄さんたち、最高に楽しい。 松岡くんは復帰したみたいだし。 今日のWSでみたよ。ちゃんと水分補給してサウナに入ってください。 また、今日も文庫本紹介ってこ… このレビューの続きを見る

 作家別マイベスト第4回目です。今回は…もうすぐ「愛しの座敷わらし」の映画が公開される荻原浩さんでいきたいと思います。で、昔の作品を色々振り返ってみたんですが…やっぱりなんか初期の頃の作品の方が面… このレビューの続きを見る

3.8

神様からひと言

11:12:By beyond my wish

「神様からひと言 / 荻原浩」 読みました。 大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。… このレビューの続きを見る

雨。雨音がぱたぱた、それがいちいち飛び込んできて、こう云う夜は眠れなくなるからいやなんだよなあ。幸い、未読の本が手元にあるから安心だけれど。本と煙草と愛用のブランケットに守られた夜ならなにもこわくな… このレビューの続きを見る

いっきに読んで、読めばスッキリ。元気とやる気をもらえるお話です。 入社早々「お客様相談室」にとばされた涼平は、個性豊かな同僚たちとクレーム処理に追われる日々。肩書きにすがって威厳をふりかざす上司、苛… このレビューの続きを見る

大手広告代理店を辞め、 「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。 入社早々、販売会議でトラブルを起こし、 リストラ要員収容所と恐れられる 「お客様相談室」へ異動となった。 クレーム処理に奔走する凉平。 … このレビューの続きを見る

神様からひと言.

01:14:By SIDE 00

.

で、今日はこれを古本屋で(笑)。 荻原氏のヒット作「明日の記憶」はまだ読んだことも映画を観たこともないのですが、そちらより今回はこっちに惹かれました。 私は、ちょっとダメダメな人を応援したくなるのでし… このレビューの続きを見る

主人公の涼平は中途入社4ヶ月目、重要な会議上で問題行動を起こしてしまい、とある部署に異動になってしまう。そこは、社内のリストラ筆頭候補達が集められた、とんでもない場所だった… 冬休み前にたまたま某フ… このレビューの続きを見る

これだから読書は辞めらんないよね。 何気なく取った一冊がここまで面白いんだから! てことで、神様からひと言、かなりよかった。 大手広告代理店を辞め「珠川食品」に再就職した佐倉涼平。入社早々、販売会議… このレビューの続きを見る

神様からひと言

08:30:By にゃん吉

前回に引き続き荻原さんを読みました。 これはねーーー、すごくおもしろかったです。 帯に、『サラリーマンに元気をくれる傑作長編小説』 って、書いてあるのですが まさにその通りです。 ぜひ、お試しを。 話は飛びますが・・・、 私の今の趣味は『着物』です。 ヤバイ かなりハマってます。 ほんとにハマってます。

「神様からひと言」荻原浩 何度も読み返してしまう本。 以前ドラマ化していたらしいですね。知らなかったです。 荻原さんの作品の中で 結構好きな作品です。 勢いで彫った刺青を持つ元バンドマンの涼平。 … このレビューの続きを見る

会社勤めの経験がない私には実感がないのですが、 サラリーマンの喜怒哀楽の物語。 主にクレーム処理を担当するのだけど、 実際、ありえない苦情もあるのでしょうね〜 苦情は、愚痴みたいなものから、言い… このレビューの続きを見る

人事異動により会社のお客様相談室の担当になってしまった主人公のお話。 お客様相談室といえば、クレーム処理係。 そこでのクレーム対応を面白おかしく小説に描いちゃってます。 たとえば、やくざまがいの人… このレビューの続きを見る

昨日、荻原浩の「神様からひと言」を読み終わった。 簡単に言うと、 勤めていた大手広告代理店で上司を殴って退職となった後、 老舗の食品メーカーに勤めた主人公が、またトラブルを起こしてしまい、 「リ… このレビューの続きを見る

随分前に読んだのですが、再読しました。 やっぱりねぇ「コールドゲーム」よりも全然いい!! 荻原さんの書くサラリーマンはカッコイイです=学生は止めた方がいい。 どちらかと言えば「オロロ畑でつかまえて」… このレビューの続きを見る

3.8

神様からひと言

00:38:By J-BookShelf

2006年の僕のNO1小説です。 06年どころか、思いつく限り最も面白かった小説でしょう。 題名はなんだか重々しいニオイがしますが、全くそんな内容ではないです。むしろ、電車の中で読むのは危険なくらい… このレビューの続きを見る

―神様は、あなたのすぐそばにいる― なんでも本屋さんのおススメの面白さという事で、ドラマ化もした作品です。 確かに面白かった!! 読み始めたらもう止まらない勢いがあります。 実はこの本を旅行先に持っ… このレビューの続きを見る

拾ったものは、離さないこと。 手の中に握っているものが、たいしたもんじゃないこと知ってるのに、手のひらを開くのが怖いんだ。

読後スカッとする?!? なんだか全国でこの本を読んで共感された方々が 大勢いるみたいなのですが、うーーーむ。 正直言ってそこまで楽しめなかったなぁ まぁ、一般的だ上場企業にて働いているわけでは… このレビューの続きを見る

また、広告か。 という荻原浩ならではの悩みというヤツが出てまいります。

関連する商品