>
[Amazon] 美女と竹林 (光文社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

美女と竹林 (光文社文庫)
美女と竹林 (光文社文庫)で自分のブログにレビューを書く

美女と竹林

おすすめ!3.5 [3.5](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:234102位
  • Amazon価格:¥ 628
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4334748953(光文社)
美女と竹林 (光文社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.5 [3.5]

森美登美彦氏が竹林経営によりモリミバンブーカンパニーを設立し月面に立つまでを描いた自伝的作品。というホラ話与太話妄想空想を塗り固めた竹林伐採エッセイ。竹林というただひとつのキーワードだけでここまで話… このレビューの続きを見る

森見登美彦氏の 『美女と竹林』 を読了。 主人公は 森見登美彦、という人物である。 それが著者と同一人物であるかどうは 判然としない。 文庫化されてから手に取ったので、 本当に何かに連載さ… このレビューの続きを見る

【森見登美彦 光文社】 妄想過多な随筆集。 三浦しをん系というより、乙一の『小生物語』系です。 随筆集なのだけれど、登美彦氏は〜という三人称系で語られます。 小説読んでても思ったけれど、よほどにシ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  小説宝石に連載した、妄想エッセイ(エッセイでいいのかな?)。 森見登美彦氏がひたすら竹を刈ったり刈らなかったり清談したり雑談したり締切次郎と格闘したりするのだが、 作者お得意の… このレビューの続きを見る

諸君、竹林の夜明けぜよ!     森見氏のエッセイなのか、エッセイ仕立ての妄想か… とにかくオモチロイ。 連載の締切小僧(見た目おっさん)に追われ 竹林の多角的経営を目指し竹林を伐採しようとす… このレビューの続きを見る

日々是自己反省也 これは、恐れ多くも、 森見登美彦氏のまねをして竹林を刈った美女(真っ赤な嘘。大嘘。詐欺!)N氏が、 とある日自己嫌悪の末にたどり着いた自己反省の記録である。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品