>
[Amazon] 独白するユニバーサル横メルカトル

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

独白するユニバーサル横メルカトル
独白するユニバーサル横メルカトルで自分のブログにレビューを書く

独白するユニバーサル横メルカトル

3 [3](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:345477位
  • Amazon価格:¥ 1,147
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4334925103(光文社)
独白するユニバーサル横メルカトルのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3 [3]

ユニバーサル横メルカトルというのは地図の技法らしいです。架空の設定なのか実際そういうものがあるのかは私にはわかりませんのでおググりください。 この表紙がズララッと書店に並んでいた発売当時、「この表… このレビューの続きを見る

「独白するユニバーサル横メルカトル」 このなんとも奇抜なタイトルと表紙に目を奪われ&グロいと聞き早速図書館で借りて読みました。 グロ・ホラー好きや刺激の足りない人には最適です。 ただ単に恐怖を味わい… このレビューの続きを見る

3

独白

02:17:By たらこにっき

 たらこです。 もうすっかりメジャーになったもんだ。 そんな気もする平山夢明の短編怪奇小説集です。 異形コレクションでちらちら名前をみたときにワクワクさせてもらった、卵男、独白するユニバーサル横メ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ミステリまぁ、まず感想は 「なんつうタイトルですのんお客さん」 だよなぁ。平山夢明初挑戦。 若い世代にも売れている作家だよなぁ。 なんかポップティーンだかなんだかで連載してない? すごいなぁ… このレビューの続きを見る

どうも、あれから本を一冊読みましたので、 今回もレビューをちゃんと書きたいと思います。 この本は、平山夢明さん著の短編集で、このミステリーがすごい!で第1位にも選ばれた作品です。1位だということで、タ… このレビューの続きを見る

職場の人に何の本を読んでいるのか聞かれて表紙を見せた瞬間、マズいと思った。表紙もさることながら中身もまた一般人の感覚から離れていて、最後まで読み切った自分でも少し引いた。この短編集最後の『怪物のよう… このレビューの続きを見る

無理…orz グロテスクなものは苦手で 内容を頭に入れることを拒否してしまうので この話が面白いかどうかの判断はできませなんだ(苦笑)

ブログ読み返してたら感想書いてなかったので今さら書きます 今年の1月初旬に読みました。読み終わった後はあまりの内容の凄まじさに(ホラー好きな私ですが)売りに行こうと思ったんです が! なんだか手放せ… このレビューの続きを見る

実はこれは最後までちゃんと読んでいません。 この本は2007年度版このミステリ−がすごい! で、堂々の1位になっている作品です。 最近ミステリー好きだから、即買いして読みました。 否、読もうとしました。 … このレビューの続きを見る

ユニバーサル横メルカトル図法で書かれた地図本。 その主人はタクシーの運転手であったが、ある酔客を消してしまったことから、変化を生じた。 主人はそれから頻繁に客を消してしまうようになり、その度に地図に… このレビューの続きを見る

怖くてグロテスクな快楽!?怪談実話の鬼才の異形小説 日本推理作家協会賞を受賞した話題作を含む8編の短編集。 「魔地図」を改題した表題作は、人肉食、拷問、老人暴行など、 あらん限りの残虐行為をグロテスクだが、耽美な余韻を秘めた 文章で露呈させていく。しかし、グロテスクホラーを毛嫌いする 人には、不快きわまりない作品の羅列でしかない。

関連する商品