DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed カッコウの卵は誰のもの - 東野 圭吾 のレビュー全31件 JUGEMブログ

>
[Amazon] カッコウの卵は誰のもの

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

カッコウの卵は誰のもの
カッコウの卵は誰のもので自分のブログにレビューを書く

カッコウの卵は誰のもの

おすすめ!3.4 [3.4](31件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:414166位
  • Amazon価格:¥ 1,390
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4334926940(光文社)
カッコウの卵は誰のもののamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(31件) 3.4 [3.4]

緋田 宏昌(ひだ ひろまさ)は かつてオリンピックにも出た事のある トップスキーヤーであり・・・ 現在は引退して・・・ スポーツクラブで働きながら スキーヤーで娘の風美(かざみ)が 活躍するのを… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:自分が読んだ本  昨日読み始めて、ぐんぐん進むしストーリーがどうしても気になって読破しました 最初の頃、勝手に思ってた展開が次々と裏切られて ストーリー展開がとても早いのも引き付けられ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  親子の愛情に、揺さぶりがかけられる。覚悟を決めた父親は、試練にどう立ち向かうのか。父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。娘の所属チームの研究 者は、二人の遺伝子パターン… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  ● カッコウの卵は誰のもの / 東野圭吾  ● 光文社  ● 1680円  ● 評価 ☆☆☆ スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。 母親の智代は、風美が2歳になる前… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 自分の娘だと思って育ててきた女性がさらわれてきた赤ちゃんだった、と父親が知る場面から始まります。 この時点でこの物語にハッピーエンドは無いな、って思いました。 すごく重苦しい物語の展… このレビューの続きを見る

最近は小説を読み始めて2週間経っても読み終わらないことがほとんどです。 それほどおもしろい小説に出会わなかったからです。 しかし、 この小説は面白くて2日で読み終わりました。 先へ先へと内容を知りたくなる… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 

内容(「BOOK」データベースより) 親子の愛情に、揺さぶりがかけられる。覚悟を決めた父親は、試練にどう立ち向かうのか。父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。娘の所属チームの研究者は、二人の遺伝子パターンを調べさせてほしいと考える。しかし、了承するわけにはいかない。父には、どうしても知られたくない秘密があった。娘が生まれた19年前からの忌まわしい秘密が。

スポーツの才能は遺伝する・・・そう考えたスポーツ医学の会社が、元オリンピック選手の父とその娘にDNA鑑定を依頼する。しかし、その父娘には秘密があり・・・。 この方の本は時々こういう読了感の本があるん… このレビューの続きを見る

『新参者』と同じ人が書いてるとは! 正直なところあまり面白くなかった。

 久しぶりの東野作品は、文句なくおもしろかった。 派手さというか、迫力は少なめな感じだったけど 逆にそこがいいような気がしました。 ずっと読みたかった本を、立て続けに2冊も読めて幸せだった〜。

昼過ぎから読み始め、 なんとか読み終わりました! 今回も1ページ目にして本の中。 ぐいぐい読み進み、半日で読み終わりました。 とにかく気がつくと新刊が出てるけど、 すごいなぁと思います。 『1Q84 BOOK3… このレビューの続きを見る

わざわざ派手に作りこんだりしていない。 大げさに表現したりしない。 けど、面白い。 久々の東野さん、楽しみました〜♪ 東野さんのお話の中では、かなり気軽に読めるほうかも。 根幹のテーマは、なかなか深いです… このレビューの続きを見る

親子の愛情に、揺さぶりがかけられる。覚悟を決めた父親は、試練にどう立ち向かうのか。父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。娘の所属チームの研究者は、二人の遺伝子パターンを調べさせてほしいと考える。… このレビューの続きを見る

カッコウっていう鳥は、ほかの種類の鳥の巣に自分の卵を産むそうだ。 そうして、雛を育てさせる、知ってるかい?   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 親子の愛情に、揺さぶ… このレビューの続きを見る

どーも、ピンクです東野圭吾の最新作、「カッコウの卵は誰のもの」を読みました父と娘、親子2代続けてのトッププレイヤー。娘の所属チームの研究者は、2人の遺伝子パターンを調べさせて欲しいと望む。しかし、父は… このレビューの続きを見る

3.4

親子の絆

18:43:By

産みの親は産みの親であり、育ての親は育ての親。 じゃあ本当の親は何。 そんな疑問を感じる作品。 親子ともスポーツで活躍することは今ではあまり珍しくないけれども、 それはそれで、子供に相当なプレッシャ… このレビューの続きを見る

「新参者」もまだ読めていないんですが、 こっちの予約が先にきたので読んじゃいました♪ 結構おもしろかったw 考えてた展開と違ったけど。

JUGEMテーマ:読書 スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。 母親の智代は、風美が2歳になる前に自殺していた。緋田は、智代の遺品から流産の事実を知る。では、風美の出生は? そんななか、緋田父子の遺伝子についてスポーツ医学的研究の要請が……。 さらに、風美の競技出場を妨害する脅迫状が届く。複雑にもつれた殺意……。

 【あらすじ】 元スキーのオリンピック選手であった緋田は、一人娘である風美を一流のスキー選手に育て上げるのが長年の夢であった。しかし、ある日緋田はとんでもないことに気がついてしまう。なんと亡くな… このレビューの続きを見る

前半の進まなさったら! 全体の味気なさったら! 確かに内容は濃いはずなのですが、読了後の余韻というものはまるで無いし、ただ単純に“意外な展開”と“予想外の犯人”を設定しそれを解説しましたというような後… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書   スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。母親の智代は、風美が2歳になる前に自殺していた。緋田は、智代の遺品から流産の事実を知る。では、風美の出生は? そん… このレビューの続きを見る

スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。母親の智代は、風美が2歳になる前に自殺していた。緋田は、智代の遺品から流産の事実を知る。では、風美の出生は? そんななか、緋田父子の遺伝… このレビューの続きを見る

★★★☆☆ *あらすじ* スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。母親の智代は、風美が2歳になる前に自殺していた。緋田は、智代の遺品から流産の事実を知る。では、風美の出生は? そんな… このレビューの続きを見る

 スケートのオリンピックが始まる時間になると男子の時もそうだったけど、客が減る。むかし、8時だよ!全員集合の時間になると銭湯が空になるという話があったが、オリンピックでこれを感じるとは・・・。あ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 東野圭吾の新刊が出たので読みました。 娘を持つ父親が主人公というのに惹かれました。 それでなくても東野さんの作品は読むけどね。 17年前、娘を残して妻はマンションの5階から転落して… このレビューの続きを見る

読み終わりました! 親子愛についてが重点に置かれていましたが、 これまでの作風とはまた違う感じ。 東野さんの作品って思わず読んだほうが、 楽しめるかも。 ただでは終わらない作風は、生きていたと思います。 … このレビューの続きを見る

東野サンの新刊とあっては読まないわけにはいきますまい。 というわけで、買ってきてさっそく読んでみた。 バンクーバーを意識してかどうかは知らないが、スキー選手を取り上げたもの。 元オリンピック選手を父… このレビューの続きを見る

こうまで次々と小説を書ける東野さんには感服ですが、いやおもしろく読めるのもさすがなのですが、いま一つ迫力が感じられませんでした。題名から想像できる範囲内での展開でしたし、こんな風に辛口で書くのも、東… このレビューの続きを見る

東野圭吾さんの新刊を読みました!

関連する商品