DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ハチドリのひとしずく いま、私にできることのレビュー全13件 JUGEMブログ

[Amazon] ハチドリのひとしずく いま、私にできること

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ハチドリのひとしずく いま、私にできること
ハチドリのひとしずく いま、私にできることで自分のブログにレビューを書く

ハチドリのひとしずく いま、私にできること

おすすめ!3.9 [3.9](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:13032位
  • Amazon価格:¥ 880
  • ユーズド価格:¥ 63
  • ISBN/ASIN:4334974910(光文社)
ハチドリのひとしずく いま、私にできることのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.9 [3.9]

森の大火事から逃げ出す動物達とひとりで火消しに立ち向かった小さなハチドリ。 これは勇気のある者と臆病者の話ではない。 行動する者と何をしたらいいのか知らない者の話。 「ハッとして! Good」じゃなくて、ハッとしジーンとします。 JUGEMテーマ:読書

 あるとき森が燃えていました森の生き物たちはわれ先にと逃げていきましたでもクリキンディという名のハチドリだけはいったりきたり口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきますどうぶつたちがそれを見てそんなことをしていったい何になるんだといって笑っていますクリキンディはこう答えました私は私に出来ることをしているの

森の声

14:07:By ひだまりのお茶会

 毎週木曜朝の図書ボランティア活動。  今週は6年生の次男のクラスでした。  先月 参観会に行ったとき教室に「ハチドリのひとしずく〜いま、わたしにできること〜」のお話が掲示してあったので次男にきいたと… このレビューの続きを見る

この本 良いですね。 自分に出来ることをする。 只それだけの事なんですが。。。 理屈をつけて さぼったり あざわらったりして 自分の出来ることから 逃げている。 そんな 自分を振り返ってみました。 是非 一度手にとって見て下さい。 環境問題とか 大きな事も 結局は一人一人の努力にかかっているのです。

JUGEMテーマ:育児 これは ちいさな力の大切さを教えてくれる 南米アンデスの 古くて新しいお話―― 森火事に一滴ずつ水を運ぶハチドリに対して、森から逃げた動物たちは「そんなことして何になるのだ」と笑いま… このレビューの続きを見る

南米アメリカの先住民に伝わる短いお話。森が火事になり、動物たちが逃げていくなか、ハチドリはくちばしで水を1滴ずつ運んでは火の上に落としていきます。それをみた動物たちが「そんなことして何になるのだ」と笑… このレビューの続きを見る

英語科のK先生から、この本のことを聞かれて「ハイ?」と答えてしまったlibrarianです。面目ない!!!さっそくパソコンでいろいろと検索してみました。K先生が“キリキンディ”と教えたので、最初戸惑ってしまいま… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:エコログ 南アメリカの先住民に伝わるお話「ハチドリのひとしずく」が最初にあって、有名人やいろんな地域の人々などの「いま、わたしにできること」、最後に「地球の冷やし方」。詳しくはこちら 何… このレビューの続きを見る

TOKYO FMのHummingbird(ハミングバード)という番組を何気なく聞いています。 毎回、番組のオープニングで朗読されるハチドリの話… 森が燃えていました。 森の生き物達はわれ先にと逃げていきました。 で… このレビューの続きを見る

今更ながら読みました。 エコについて多少なりとも気にして生活してるつもりだけど この手の本は、数字とかたくさん出てると読み飛ばしちゃうダメ人間。 なので、絵本→色々な人のメッセージ →巻末にデータや… このレビューの続きを見る

燃える森に くちばしで 一滴の水を 運び続けた ハチドリのお話 ☆ 南米の 先住民族の 友から この伝説を聞いた 辻さんが 伝えたいこと                           … このレビューの続きを見る

強制ではなく、こんな考え方もどうですか?という感じで。 色々な人の色々な価値観が書いてあって 共感する物もあればそうでないものも ちょっと自分が偏ってるかなぁ…と思った時に ふと手に取ったりしてます。

極々、短い文章のお話です。 赤い表紙が書店の中でも目立ちます。 思わず、手にとって見てしまいました。 できれば、この本をたくさんの人に読んでもらいたいです。 この話しから何を感じ、そして自分はどうして行くのか… ぜひ、手にとって見てください。 そこには、必ずあなたの何かを変える「コト」が書いてあるはずです。

関連する商品