DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 鹿男あをによし - 万城目 学 のレビュー全78件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 鹿男あをによし

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

鹿男あをによし
鹿男あをによしで自分のブログにレビューを書く

鹿男あをによし

おすすめ!3.4 [3.4](78件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:86482位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:434401314X(幻冬舎)
鹿男あをによしのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(78件) 3.4 [3.4]

3.4

枕詞

23:03:By 心は丸く、

内容紹介 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!? まずは率直に感想を述べるならば「面白かった」の一言に… このレビューの続きを見る

 好評いただいてます、作家別マイベストの3回目です。今回は、作品を出せばみんな映画化・ドラマ化になってる売れっ子作家の万城目学さんでいきたいと思います。一応ほぼ全ての作品を読んでるかなって思いま… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男 あおによし

14:51:By flowbar

 ドラマをみていたので、登場人物はドラマバージョンで読書。 多部ちゃんは なんかイメージ通りだったんだなぁー。 そしてあのドラマはかなり忠実に作ってあったんだなぁー。感心!! 奇想天外ものを違和感なく読める人ならばとっても楽しいお話です。

鹿男あをによし

23:00:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  爆笑。 これって、坊ちゃんのそのまんまオマージュってか、そのまんま、じゃーん! 鹿がまた良い味出している。これはこれで、映像化したくなる世界観だろうなあ。 ねずみ、結構いいやつじゃん。

鹿男あをによし

21:53:By duffer日記

 TVドラマにもなった話題作をやっと読んでみた。よくもまあこんなストーリーを思いつくものだと感心させられた。うん、まあまあ面白かったと思う。暇つぶしにはいいかな。堀田という女の子がかなり魅力的に描かれていたのだが、ドラマでは誰が演じていたのだろうかが気になる。今度は「鴨川ホルモー」を読んでみようかな・・・

JUGEMテーマ:読書 なんか、、、マンガ? 結構話題だったんだけど。

万城目さん3冊目です。 今回もおもしろかった♪ なんだか和みます +  +  + 小田原で買った金目鯛の干物。 油がのってておいしかったー♪

 ひょんなことから奈良の女子高の臨時教員になった男の話。ある日鹿に話しかけられ、任務を押し付けられるのですが、それが遂行できなかったことから、鹿男になってしまうのです。日本の神話を元に、よくできたス… このレビューの続きを見る

3.4

しか

15:14:By

 『鹿の背にまたがった堀田は、”目”を差し出し得意そうな声で言った。 「マイシカです、先生」 』 大学研究室から「こころに余裕を」ということで奈良のとある学校に転勤が決まった「先生」。しかし、なん… このレビューの続きを見る

ようやく鹿男を読み終わりました〜。 寝る前に読むことが多いからなかなか進まなくて。。(すぐ寝ちゃうから) しかも(特に前半は)話の進みもゆっくり目でのほほんとしてる内容だし。 でも読み終えた時点では面白… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

16:59:By

JUGEMテーマ:小説全般  内容紹介 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。 二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。 ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!? 「並みの天才じゃない」と… このレビューの続きを見る

 諸事情により、二学期限定で奈良の女子校に理科の教師として赴任した「おれ」は、初日早々に遅刻してきた生徒・堀田から敵意を向けられてしまう。生徒たちとの距離に悩むある日、雌鹿からおっさん声で「さあ、神… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

01:04:By SEの本棚

JUGEMテーマ:読書  「さあ神無月だ。出番だよ、先生」 突然鹿に話しかけられ、男は"目"と呼ばれる神宝の"運び番"を命じられた。 いわずもがな、今年の3月まで放映していたドラマ「鹿男あをによし」の原作… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  万城目学著『鹿男あをによし』を読了。  大学院生の主人公は、研究室の教授に諭され奈良の女子高に臨時教員として出向することになったのだが、奈良の地で妙なことに巻き込まれ……。  ドラマ… このレビューの続きを見る

タイトルが意味不明ですよね。でも面白かったよう。鹿男って、本当に鹿男か!これで万城目さんの三都市三部作(というのか知らないけど)を全部読んだぞ。ドラマになってましたよね?1回目だけみてその後見なかったんだけど、原作とは少し違う設定だったような。

鹿男あをによし

21:56:By 受賞本

 鹿男あをによし  著者 : 万城目学  受賞歴 : 第137回直木賞 ノミネート         2008年本屋大賞 8位         2007年キノベス 13位

3.4

30冊目

00:00:By ただの日記

  

今更である。 なぜ、今これを読んだのかというと、単純に『鴨川ホルモー』を読んだから。 万城目さんの本を読んでみようというわけで手に取りました。 ちなみに、このドラマちょこっと観てたんだけど、玉木宏が苦… このレビューの続きを見る

■万城目学 - wikipedia ■鹿男あをによし ドラマ版Official Web Site -------------------------------------------------------------------------------- ■この映画を紹介している放送はこちらから↓聞く事が… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!?「並みの天才じゃない」と金原瑞人氏激賞… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 ドラマで名前だけ知っていたもの。 ドラマは観ていなかったけど、評判は悪くなかったようだし、原作ありきの実写化は失敗するものが多いけど、原作自体は面白いものが多い気がする。 う… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

21:51:By 読書LOG

 

 ≪内容≫ 出版社 / 著者からの内容紹介 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!?「並みの天才じゃない」と金原瑞人氏激賞! アマゾンより転用

JUGEMテーマ:読書 のだめ〜♪に夢中だった娘たちが、玉木宏主演のドラマだといって、 このドラマを観ていましたが・・・。 なぜ、突然、鹿がしゃべり、玉木宏が、鹿男になるのか???とんと理解できぬまま。 … このレビューの続きを見る

はっきり言うとあんまり期待していなかったけれど、とーっても面白かった! 物を生み出すことができる人に対してはいつも尊敬の念を抱いているけれど、こんなおもしろい話し、どうやって考えつくんだろう。 鹿… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本  「原作を読んでから、観たいな。」と思っているうちに、テレビ版を見逃 してしまった私。  ようやく原作を読み終えたので、これで DVDを観ることができます。  … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 漫画のような表紙に惹かれたのと、 ドラマが面白かったから、原作を読んでみた。 ドラマとはまた少し違う展開だけど(逆か)、 やっぱり面白いと思う。 奈良と舞台に話が進む、ゆるりとした時間。 ところどころに効くエスプリに、思わずニヤリ。 人間と、鹿と狐と鼠が織り成す世界観に 惹き込まれます。 参考 ■ 鹿男あをによし | 無料動画野郎

○あらすじ○ 大学の教授から2学期だけ奈良の女子高で教師をしないか、とすすめられた"おれ"は9月、奈良で教師を始める。しかし、初っ端から堀田イトという生徒とぶつかってしまい、其の製で生徒とコミュニケーショ… このレビューの続きを見る

期待してなかったけれども、おもしろかった。 ドラマ良かったろうなぁ。剣道をやる多部実華子ちゃんが見たかった。天然ボケっぽい綾瀬はるかも。いや、藤原は天然じゃないと思うけど、私が制作者だったら絶対そう… このレビューの続きを見る

3.4

鹿になった男

21:15:By 一日一讀

ドラマがけっこう面白かったので。 ドラマ開始と同時に、図書館にリクエストをかけて早数ヶ月。ようやく順番が回ってきました。 やはりドラマから入っていたので、どうしてもそちらに沿って読んでしまい、脳内は… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

17:57:By

出版社 / 著者からの内容紹介 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!?「並みの天才じゃない」と金原瑞人氏激賞… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

21:22:By bookshelf -13-

まったり系。 剣道の試合シーンは圧巻でした。 熱気が伝わってくるようで。

神経質だからと研究室を追い出されたおれは奈良の女子高へ赴任する。 担任を持ったクラスで四苦八苦していたある日突然鹿から話しかけられ、 京都の狐の使いから「目」を受け取るように言い渡される。 「目」の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ドラマの最終回、オーシャンズ13の再生で観れなかったんですが タイマー録画まで失敗していて春日大社の神罰か!? と思う昨今、ようやく図書館から手元に。 春日大社と鹿島神社につい… このレビューの続きを見る

同名ドラマの原作本。→ドラマ感想はこちら。鹿男あをによし 鴨川ホルモーでデビューした万城目学氏の2作目。 デビュー作は本屋大賞6位。 そして、この鹿男あをによしは、直木賞候補作。 万城目と書いて、… このレビューの続きを見る

鹿男あをによし・・・いったいなんだったんだろう? 数回、最後のほう数分ずつを、見ただけだったのでよくわからなかった、でも、変な空気感がなんとなくチャンネルを替えさせなかったんだよな ここのところ… このレビューの続きを見る

鹿男あをによし

18:32:By ぶくわむ

あっとゆーまだったなー おもしろかったです。でも、もっとおもしろいかと思ってたから、すこーしだけ、期待はずれ。(自分が悪いのね) 万城目さんは、前評判で、森見さんと文の感じが似ている、というのを見か… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

01:22:By Who knows?

『鴨川ホルモー』は私的にイマイチだったのだけど コレは面白かった。 軽やかに楽しめる作品だったわ。

万城目作品制覇☆

JUGEMテーマ:読書 ―神無月だ、先生― なにこれ、たのしいいいいいいいい!!!! いやぁ、たのしい読書だった。面白かった!! とはいいつつ読んだのは少し前で、ちょうどドラマ化が決まった直後に読みま… このレビューの続きを見る

どんどん読ませながらも、まったり感が最高でした。 ドラマ化されましたが、第一回を見てなんとなく、続きを見ないままここまで来てしまいました。 原作を見てあぁ〜見とけばよかった(T T)という感じです。 面… このレビューの続きを見る

鹿が喋った!?――スラップスティックな歴史ファンタジー。 大学の教授の強い勧めで、奈良女学館の臨時教師を務めることになった主人公。 そこで彼を待ち受けていたのは、なんと喋る鹿だった。 「さあ、神無月だ―… このレビューの続きを見る

面白い

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/2/22〜2008/2/24 [日販MARCより] 「さあ、神無月だ。出番だよ、先生」。2学期限定で奈良の女子高に赴任した28歳の主人公。ちょっぴり無神経な彼に下された、空前絶後の救国指令とは…。「鴨川ホルモー」の著者、渾身の書き下ろし590枚。

今ドラマでやってる「鹿男あをによし」の原作本。 奇々怪々?な話!?と思ってたら、すんごく楽しくてノンストップで 夢中で読みました。爽やかだ〜。 ドラマはあんまり受けてないみたいですが、原作はとっても… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

18:30:By Sparkles*United

すごーく久しぶりに日本の小説を読みました。 ドラマをやっているのは知っているのですが、原作を書店で見かけ、ドラマ化されるくらいだから面白いのかな・・・と思い、なんとなく購入してみました。 いや、予想… このレビューの続きを見る

久々に行こうかなって思ってます♪ まだ、確定ではないのですが。。。 行くのだとしたら、終わりのほう。 桜咲いていると、嬉しい♪けど、まだ、咲いてないだろうなあ。 名古屋の桜って、見に行った記憶ないなー… このレビューの続きを見る

鹿男あをによし

15:38:By 物狂い

原作も面白いということで購入してみました。 ドラマが終わってから読もうかな〜とも思ったのですが〜〜。 本屋大賞にノミネートされたということだったし。

 神経衰弱の養生のため、二学期限定で奈良の女子高で教師をすることになった主人公。しかし赴任早々、喋る鹿に「サンカクを受け取ってくるよう」命じられる。サンカクとは、運び屋とは、そもそも鹿が喋るとは?!… このレビューの続きを見る

フジテレビの新ドラマ、「薔薇のない花屋」と「鹿男あをによし」を見て、なぜオバちゃんたちが韓流ドラマにハマるのか、何となくわかったような気がする。 この2つのドラマ(特に薔薇のない花屋)はストーリーが… このレビューの続きを見る

私はこういうタイプの小説を読むのは初めてだったんですが、いやー面白かったです。一気に読んでしまいました。 大学院を追われ、関東から奈良の女子高の臨時教師としてやって来た主人公。 赴任初日に「奈良の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 内容紹介 神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」は、失意のままに教授の勧めに従って奈良の女子校に赴任する。慣れない土地柄、生意気な女子高生、得体の知れない同僚、さ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 神経衰弱疑惑で大学から追い出された理系研究者が、 女子高に代理教師として赴任っ!! なんとも甘酸っぱい青春モノ設定のくせに、 そのままではおわらないのがさすが万城目 奈良と歴… このレビューの続きを見る

「鴨川ホルモー」がとってもツボにはまったので、 読んでみたのだけれど、 ホルモーのが好きだったな、という感想。 わざわざ単行本で買ったのに。むぅ。 なんだか、青春モノなのか、 SFっぽく読めばいい… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

16:42:By 晴耕雨読

設定が面白くて読んでみたくなる。

奈良に臨時教師としてやってきた主人公は、鹿に話しかけられ、 世界を救うとかいう妙なことに巻き込まれていく物語。 まず、「鴨川ホルモー」を先に読んでいたので、 割とそっちに似ているような感じの物語な… このレビューの続きを見る

(あらすじ) 奈良の女子高に赴任した教師が奈良公園の鹿に命を受け、日本の滅亡を防ぐために奮闘するファンタジー小説。タイトルの「あをによし(青丹よし)」とは枕詞で奈良の前につく修辞である。 9月、「お… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

14:22:By Arrivederci

冬休みは良いですね、本を読む時間を 沢山取れますから(o・ω・o) というわけで、久々に読んだ本のレビュー。 「鹿男あをによし」   作:万城目 学 ★内容  「さあ、神無月だ――出番だよ、… このレビューの続きを見る

 ねえ藤原君、「あをによし」って知ってる? 何ですか急に。いやね、生徒から知っているかと訊かれて、何だそれ? って返したらずいぶん馬鹿にされてね。え? 知らないんですか先生? 知らないよそんな言葉。… このレビューの続きを見る

京都ものonlyかと思っていたら、本作の舞台は奈良。さらに主役(?)は鹿。 奈良の鹿、京都の狐、大阪の鼠が日本を地震から守るべく何百年もの前から働き続けていたと云う荒唐無稽な話を、今回もフツーに展開する。 奈… このレビューの続きを見る

幻冬舎 / 2007年4月10日初版 / 1500円 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」 神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。 失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定で奈良の女子高に… このレビューの続きを見る

あらすじ 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!?「並みの天才じゃない」と金原瑞人氏激賞! 研究室でもめ… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

11:27:By ぼちぼち。

「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」 神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。 失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定で奈良の女子高に赴任する。 ほんの気休め、のはずだった。英気… このレビューの続きを見る

 完全に硬直するおれに、鹿はゆっくりと続けた。 「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」(本文より)  神経衰弱を理由に、大学院の研究室を離れて産休の臨時教師として、奈良の女子高へ赴任してきた主人公の「お… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

17:20:By 白い本棚

作者の名前は「まきめまなぶ」と読みます。 幻冬舎の本なので流行っています。 コミック誌のような絵が表紙です。 内容もコミックのようです。 ファンタジー小説というのでしょうか。 魔法のような現実的でな… このレビューの続きを見る

助手とのいざこざが原因で研究室のメンバーから「神経衰弱」という仇名を付けられた「おれ」は、教授の勧めで奈良の女子高に産休代理の講師として勤務する事に。 生徒の遅刻をきっかけにクラス全員から嫌がらせを… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

20:54:By ぼちぼち

「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!?「並みの天才じゃない」と金原瑞人氏激賞!幻冬舎HPより 今度は奈… このレビューの続きを見る

読了

読み始める

この作者も、この作品にもあまり興味がありませんでした。 劇画チックな装丁といい、奇妙なタイトルといい、正直なところ、今はやりの携帯小説の類だとばかり思っていたんです。 ・・・ごめんなさい。 これ、面… このレビューの続きを見る

図書館貸し出し(→7/18)

前作『鴨川ホルモー』は僕の上半期ベスト1と公言するほど痛快な青春ピクミン小説だったが、今回は巷で評判がいいのが、さっぱり理解できないほど、僕のなかでは盛り上がらなかった。 自分を見失ったモラトリア… このレビューの続きを見る

女子高に代理教員として赴任した主人公は、いきなりクラスの女生徒から嫌がらせを受けて…。 またスゴイタイトルですよね…。 「鴨川ホルモー」といい、タイトルセンスは抜群だなあと思います。 表紙の絵も同じ… このレビューの続きを見る

デビュー作「鴨川ホルモー」でいきなりのブレイクを果たした万城目学氏の第2作。前作は京都が舞台でしたが、今回は奈良が舞台です。次回作は大阪だとか。 奈良の私立女子高に期間限定の教師として赴任した主人… このレビューの続きを見る

面白くて笑えます。なかなかいい一冊です。 これまたオススメ!

もう一冊、読みました 『鴨川ホルモー』に続く、万城目作品です。 どうやら、彼は民俗学や歴史学を盛り込む人らしい。 神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」は、 失意のままに教授… このレビューの続きを見る

3.4

鹿男あをによし

12:13:By a bird shop

「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。 二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。 ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!? (幻冬舎サイトのあらすじより) 「鴨川ホルモー」に続く万城目… このレビューの続きを見る

衝動買い。

関連する商品