>
[Amazon] ぽろぽろドール

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ぽろぽろドール
ぽろぽろドールで自分のブログにレビューを書く

ぽろぽろドール

おすすめ!3.4 [3.4](24件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:912972位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344013417(幻冬舎)
ぽろぽろドールのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(24件) 3.4 [3.4]

美しくも官能的で、残酷なまでの思いを人形に託した人たちの、切なくもまっすぐな物語。「ぽろぽろドール」「手のひらの中のやわらかな星」「めざめる五月」「サナギのままで」「きみのいない夜には」「僕が人形… このレビューの続きを見る

ぽろぽろドール

14:42:By よそゆき

お人形を「可愛がる」人の、ひそやかなひみつ。 お人形にまつわる短編6編。 一番好きな一編。 「手のひらの中のやわらかな星」 同級生の冬馬さんはかわいい。 わたしのお人形「トーマ」はかわいい。 この可愛い子… このレビューの続きを見る

人形に関わるお話ばかり6つの短篇があります。登場人物はどこか、『痛い』と感じる人ばかりでなので、暗い雰囲気もありますが、私は、嫌いじゃありません。人形=祟りと想像してしまう部分もあるので、怖さもあり… このレビューの続きを見る

おとなしい少女であるわたしは おばさんから涙を流す男の子を譲り受ける「ぽろぽろドール」 田舎の中学から出てきた私は自分の容姿を思い知り 冬馬さんによく似た人形を可愛がる「手のひらの中のやわらかな星」 家… このレビューの続きを見る

*

03:18:By 1000のだいすき

表紙も内容もきれいすぎるきれいなものって、ときどき痛々しいんだ

<変化球満載の短編集であるが・・・“黒豊島”作品> パピルスに不定期連載されていた5編に書き下ろし1編を加えた人形をモチーフとした短編集。 ただしそれぞれの話に繋がりはない。 豊島さんの作品を久々… このレビューの続きを見る

3.4

ぽろぽろドール

10:03:By marshmallo

すごい。

ぽろぽろドール

22:28:By 溺書録

 お人形が出てくる話ばかりの短編集。女の子が成長する話がいくつかあって、決して華やかではないけど、非常に少女漫画的だ。好き嫌いは別にして、共感はした。ものすごくした。初めて読んだけど、この人は別のも読んでみたいかも。

わたしの部屋にはプチブライス2、3体とリカちゃんが3体います。それを執拗に可愛がったりはしたことがないれど。「かわいい人形」として、部屋を飾っています。 それ以上の感情を何か芽生えさせたことはありま… このレビューの続きを見る

≪内容≫ 不思議な人形とその人形に対していろんな感情が混ぜ合わせられた短編集 豊島ミホblog ←他にも本の感想がのってます。

タイトル通り、人形に思いを寄せる人たちを 主人公にした6篇からなる作品。 人形という、動かず主張せずキレイなままでいる 対象に愛を注ぐひとたち。 もう、人間の願望そのまま書いた小説ですね。 しかも、… このレビューの続きを見る

ぞっとする。ひやっかな? だけどよくわかる。 なんか好きだ、この本。 あんまり読まないタイプのなんだけど。

美しくも官能的で、残酷なまでの思いを人形に託した人たちの、切なくもまっすぐな物語。 表紙がお伽話のように幻想的でかわいらしい。中身の各話の表紙も素敵です。 人形が関わってくるお話たち。しかしどれ… このレビューの続きを見る

うーん、短編集でしたが、傾向が全部一緒じゃん?と言う感じで。 人形=八つ当たりの道具、もしくは人形=人間の化姿、 という固定観念が豊島さんにはあるようで、何となく偏った感がありました。 自分の事を… このレビューの続きを見る

初めての作者さんですが、よく聞きますね。読者大賞の候補作だったので読んでます。 人形にまつわる連作集ですね。 人形というとアレですが、ドールといえば昨今ではやっぱり、スーパードルフィとかブライスとか… このレビューの続きを見る

2007/9/3〜2007/9/4 かすみの秘密は、頰を打つと涙をこぼす等身大の男の子の人形。男子にからかわれたり、教師にセクハラされると、彼の頰を打つのだ−。美しくも官能的で、残酷なまでの思いを人形に託した人たちの物語。表題作を含め全6話収録。

かすみの秘密は、死んだおばさまからもらった、頬をぴしりと打つとぽろんと涙をこぼす等身大の男の子の人形で・・・。 美しくも官能的で、残酷なまでの思いを人形に託した人たちの、切なくもまっすぐな物語。 ふわ… このレビューの続きを見る

美しくも官能的で、残酷なまでの思いを人形に託した人たちの、切なくもまっすぐな物語。

2007年新刊本ベストへのエントリです。 しんちゃんからのエントリです。 読まれた方、トラックバックやコメントをいただけると嬉しいです。

3.4

ぽろぽろドール

20:48:By ぼちぼち

かすみの秘密は、頬をぴしりと打つと涙をこぼす等身大の男の子の人形。学校で嫌なことがあると、彼の頬を打つのだ(「ぽろぽろドール」)。人形に切ない思いを託す人々を綴る連作小説。幻冬舎HPより すべての… このレビューの続きを見る

豊島さんの新作、最近の数冊まだ読んでないけど、装丁が奇麗で思わず買ってしまった。パピルスで連載されていた連作短編集。そっちで読んでのだけど、読み逃したものと書き下ろしのものが入ってたので買ってよかっ… このレビューの続きを見る

おもしろくてすぐ読んじゃった どの話もさわやかで だけどところどころくすんでて それがすごくよかったです ぽろぽろドールがすきかな バスケ部いいよ、うん←

人形にまつわる話の短編集。 ちょっとエロチック。そしてちょっとSチック(笑)。 それでも核心には触れない。 そういうところがやっぱり好きだなぁ。 なんだか重なる感情もあったりして。

3.4

ぽろぽろドール

12:00:By a bird shop

美しくも官能的で、残酷なまでの思いを 人形に託した人たちの、切なくもまっすぐな物語。 (オビより) 装丁がとにかくかわいくて心奪われた。 こんなかわいい本にはなかなか出会えない気がするよ。 お人形が… このレビューの続きを見る

JUGEM編集部おすすめ商品