>
[Amazon] 阪急電車

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

阪急電車
阪急電車で自分のブログにレビューを書く

阪急電車

おすすめ!3.8 [3.8](128件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:87366位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344014502(幻冬舎)
阪急電車のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(128件) 3.8 [3.8]

3.8

リレー

10:38:By 心は丸く、

内容(「BOOK」データベースより) 電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。 ありきたりのような安っぽい感じもするけれど、それが我… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般 映画 「阪急電車」は ←  こちらをクリック  宝塚〜西宮北口間を走る阪急電鉄のローカル線「阪急今津線」 片道15分、往復で30分の車内や最寄り駅で起こる心温まる物語。 主な乗… このレビューの続きを見る

相当ステキな物語です! 阪急電車・今津線沿線へプチ旅したくなりました。 著者は「ありかわひろ」という女流作家であること、 2008年には今津線沿線に住んでいた関西在住の作家さんだったこと などを新たに… このレビューの続きを見る

  (2011) 監督: 三宅喜重 原作: 有川浩 音楽: 吉俣良 出演: 中谷美紀、戸田恵梨香、南果歩、宮本信子 中谷美紀ちゃんとても綺麗ですが、元カレの結婚式にウェディングドレス着て出席って、なんかち… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 前回に続いて今回も本の紹介です! はい、単純に面白かったです! 面白かったので急遽映画まで観に行ってきました〜 人はそれぞれ死ぬほどではないけれど 色んなものを背負い込んで悩んで生き… このレビューの続きを見る

 同じ沿線の電車へ乗っているというだけのつながり。無関係なのに無関心ではない。一駅ごとにメインで語られる人物が変わる。半年後へ折り返し、みんな前進している。翔子の話が一番濃いのだが、軍オタ圭一と… このレビューの続きを見る

3.8

book_2011_037

12:08:By time of life

JUGEMテーマ:読書

有川浩さんの本が結構好きで出会いは「図書館戦争」から。 「フリーター家を買う」がドラマにもなっているので、知ってる方も多い作家さん。 まあ↑レビューは今度するとして、今回は阪急電車について。 兵庫県… このレビューの続きを見る

 先週、関西地区で先行公開され評判だった映画『阪急電車 片道15分の奇跡』が29日全国公開され、その初日舞台あいさつが、TOHOシネマズ日劇2にて行われました。主演の中谷美紀さんをはじめ、戸田恵梨香さん、… このレビューの続きを見る

  滑り台が出来上がったよ。 材料は本体がパイン集成材、踏み板が机のときに余った樫の一枚板、手すりがラワン系の固めの材料。滑り面と踏み台部分を別個に作って、使わなくなっても踏み台だけ使えるように… このレビューの続きを見る

阪急電車

12:47:By ほん だな

3年前、当時住んでた米沢の書店にて購入。 本を買うとき、いつもカバーをかけてもらうのですが、米沢の本屋さんのカバーがかかってる手持ちの本はあんまり多くないな。自分ももれなく財政難な学生の一人でしたので… このレビューの続きを見る

うむ、よい。

  最近、読んだ本を記録。 まず、『阪急電車』。 何人かの同僚に薦められて、読んでみました。 とっても、おもしろい。 話がリズミカルに進むし、読んでいてとてもほほえましくなれるお話。 共感できる部分… このレビューの続きを見る

  〈story〉 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。 この本を読んだのは昨年の10月です。 植物図鑑 がおもしろかったので期… このレビューの続きを見る

阪急電車

14:23:By Blulu

  シアター!を読んで有川さんに興味。 本を紹介してる本(笑)で高校生に読ませたい本にたくさん票が入っていました。 友達もこれを読みたいとしきりにいってたなあーとも思い出しこれは読んでみるしかない… このレビューの続きを見る

価値観の違う奴とは、 辛いと思えるうちに 離れといたほうがええねん。 無理に合わせて一緒におったら、 自分もそっち側の価値観に 慣れてしまうから。 簡単に言えば、付き合う人は選べよ?ってことです… このレビューの続きを見る

阪急電車

14:05:By lamp

ほっこり胸きゅん。 まさにそれ! 電車の中で起こる様々なドラマ。 物語ひとつひとつも物語のつながりも おもしろいです。おすすめです。 来年、中谷美紀主演で映画化されるんだって。 今日最終回の「フリーター、家を買う。」 も有川浩さんの小説。

〈story〉 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。植物図鑑 がおもしろかったので期待して読みました。 でもあまり期待するとハズ… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

23:19:By sablog8

おもしろかったなぁ〜。 「フリーター、家を買う」の時もそうだったけど もっと続けばいいのに・・・って感じで 読み終わるのがもったいなかった。 「あとがき」までおもしろかった〜♪ 他の作品も、もっともっと読みたくなりました。

今回もまたまたまた(笑) 有川浩先生の作品を紹介します! なんか、有川浩コーナーになった気がwww さて今回読んだ作品は、阪急電車です(o´艸`o) 来年映画が公開されるみたいです♪ なので、その前に読め… このレビューの続きを見る

阪急電車

00:24:By ◆Ruri+Hari†◆

阪急電車 有川浩 幻冬舎/幻冬舎 できれば阪急電車に乗りながら読みたい本。目次が駅名になっているので、読みながら乗ってたらその駅で降りたくなると思う。 内容は甘い話あり、苦い話ありで、電車に乗る人… このレビューの続きを見る

18冊目

23:29:By あ・ら・mode

「フリーター」を貸してくれた人が 「私が一番好きなのはこれなの」と言って、 こちらの本も貸してくれました。 たしかに良かったです。 かなり気に入りました。 文庫も出てるし、買っちゃおうかな。 来年映画化もされるんだよね? 有川さん、大モテだね。 

*あらすじ* 隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。恋… このレビューの続きを見る

3.8

ハートフルな感じ。

21:00:By PalloBox

 8月の幻冬舎の文庫新刊なので書店では有頂天家族の隣に必ず阪急電車が平積みされてあります。森見登美彦氏の作品は以前から読んでいたので迷わず購入したのですが、今までなぜか有川浩氏の本を読まずにいた… このレビューの続きを見る

えっちゃん♪♪ 恋の始まりも終わりも少女の成長も全てをゴトゴトと運ぶ電車。 とてもいい感じで短編が絡み合っていて面白かったです。 有川さんの男子は全然好きなれませんが、女性陣はそれぞれに可愛いと思えました。 折り返して戻って来たら恋が発展していたりしてうふふ♪♪ JUGEMテーマ:Book review 

阪急電車

22:14:By はなうた日記

 若い・・・。

有川浩さん大好きです!! 阪急電車は一番好きです!! 図書館戦争も好きですが、このほのぼの感が たまらなく好き!! 今、 キケンが凄く読みたいです。

3.8

阪急電車

09:37:By Dimanche

  やっぱり、好きです。 有川さん。 阪急電車の駅を順番に過ぎていきながら、いろんな登場人物が出てきて出会っていくのです。 その折り返し地点からの出合った人たちのその後が、特によかった。 有川さんの、ラブストーリーの真骨頂。 ニヤニヤさせていただきました。 もう一回読もう。

http://news.walkerplus.com/2010/0804/12/ ↑有川浩さんの小説がついに映画化となりました。 ネットでニュースを見たときに「ついにどの作品が!?」とドキドキしましたなぁ。 『阪急電車』と分かったとき、素直… このレビューの続きを見る

 阪急電車、映画化ですってよ〜 中谷さんも戸田えりかもいい、(・∀・)イイ! 俺的にはナイスキャスティング!!! まっちろいKYなドレス姿でコワイ顔して乗ってる姿はよ観たいわ♪ あと付き合い始める学生カップ… このレビューの続きを見る

3.8

映画化♪

10:08:By 0の鎖

阪急今津線の超ローカル小説(笑) 来年の夏公開されるらしい たまに使う沿線なので 撮影にバッタリ出くわしたら嬉しいかも〜♪ なかなか人情あふれる内容で 読後感がいいのでオススメです 私はこういう有りそう… このレビューの続きを見る

ひとつの電車の中で誰かが誰かの人生に作用する。 一度きりの出会いでも それは大きなキッカケを与えてくれるものかもしれない。 それぞれのエピソードが絡み合う様がお見事。 阪急電車に日々揺られている私は 明日からつい電車の中での素敵な出会いを 求めたくなってしまう。

阪急電車

09:21:By nhosan's works

阪急電車大阪に住み始めた時の最寄り駅が阪急と地下鉄だった阪急電車(宝塚線)で学校まで通学したせいか阪急電車の車両は今でも好き♪あの小豆色の車体がなんだかいいのです場所がはっきりしている物語はそこを少し… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 聞いたことある作者さんだなぁ、位の興味で なんとなく手に取った本書。 大学が大阪だった私、阪急沿線に住んでました。 昨年久しぶりに大阪に出ましたが、 小豆色の車体の可愛さを再発見… このレビューの続きを見る

阪急電車

23:17:By *SYK*

  電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。内容(「BOOK」データベースより)

図書館で借りた本で今週の金曜に返さなきゃならないんで読み始めたら、何か一気に読んでしまった。 喜怒哀楽の全てが詰まっていて、最後にほんわかした気分にさせられる本です。 笑う時はめちゃくちゃ笑った。え… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

13:43:By 人魚の本棚

そろそろカテゴリを五十音とか作者別とかに分けた方が良いのかもなぁ・・・だいぶ読んで書いてきたしなー・・・でも、分ける程にたいした感想書いてないんだよね。そう思うとこのままでも良い気がする・・・。そん… このレビューの続きを見る

電車の中という、偶然の出会いを根本に置いた ヒューマンドラマ。 短編集。 私は電車であまりいい思いをしたことがないけれど、 こういうところでの行為って人のためというよりは 自分のためと言う気がする… このレビューの続きを見る

阪急電車

17:28:By よそゆき

電車ですれ違う様々な人たち。 みんなそれぞれ、ちがう思いを抱えていても、 電車はただ進んでいく。 阪急電車に乗り合わせた人たち、 すれ違うだけの人たちの思いを、停車駅ごとに語る手法。 こういうのもおもし… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

16:25:By つれづれ読書日記

JUGEMテーマ:読書  阪急電車に乗る、乗客たちの短編ドラマ・・・かと思いきや実は長編でした。全部つながってました。まさに「電車」。「連結車両」。実に爽やかで、凛とした、老若女子達(一部男子もか?)… このレビューの続きを見る

  一昨年のダヴィンチのBook Of The Year で恋愛小説で確か3位あたりを。 この作者の代表作の「図書館戦争」というのを以前図書館から借りたものの、 べたべたな少女マンガノリの文体にやられて、即挫折。 今… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 私は関西に住んでいますが残念ながら阪急沿線じゃありません。 過去に神戸に遊びに行ったとき、数回乗ったことがある程度。 電車の外観は表紙の絵のようなえんじ色(かな?)。 内部のイスや床、… このレビューの続きを見る

『阪急電車』

23:47:By 観測古書店

 片道わずか15分の阪急今津線。  図書館で好みの本をさらっていく好みの彼女、ピシッと芯のとおった老婦人と犬好きの孫、寝取られた恋人の結婚式に純白のドレスで討ち入りをはたしたお姉さん、ろくでもない男と… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

23:41:By Amrita

折り返しっていうのが面白い! かっこいいおばあさんが大好きです。 自衛隊ネタと山菜ネタがはさんであるのが、 有川さんだなーと思った。

JUGEMテーマ:読書  出版社からの内容紹介 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車…… 関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。 大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著… このレビューの続きを見る

3.8

「阪急電車」有川浩

00:59:By scribble

電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。タイトル通り、阪急電車が舞台の物語。宝塚駅、宝塚南口駅、逆瀬川駅、小林駅、仁川駅、甲東園… このレビューの続きを見る

短編集?と思ったけど、繋がってる感。 駅毎に人物が入れ替わって、続いていくお話。 現実味のある話から、ちょっとメルヘンチックな話まで。 電車で出会って、付き合うようになるなんてありえな〜い。 と思ってしまうけど、ほっこりしてしまうのは有川浩流なのか。 半分で折り返し。 折り返しでは、前半のエピソードの完結編といった感じ。 個人的には、孫を連れたおばあさんが好きかな。 犬も、同じ犬種だし(笑)

「阪急電車」 有川浩(著) 幻冬舎   阪急電車今津線を舞台にした、オムニバス形式の小説。 電車に乗る人・降りる人。見かける人・一緒に乗った人 その時だけのそれぞれの思いを乗せて電車はいつもの街を走る― … このレビューの続きを見る

3.8

電車はどこまでも、

21:19:By Gentina

こんばんわー。 明日、大会の補助員としてお手伝いに行くので 公欠です。 いいのか、悪いのか… 物理の授業をまたしても休んでしまうことが すっごく、どうしようって感じです。 今日、初めて高校の図書館で 本借… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

21:47:By ほんのひとこと

 図書館で見ず知らずのライバル同士だった男女。 婚約者を寝取られ復讐のため結婚式に行った女。 夫に先立たれ犬を飼おうと考えているおばあさん。 すぐにキレる男を捨てようと決心した女。 社会人のバカな彼… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書前から読みたかった1冊。と言うのも、この作中の舞台になっている阪急今津線というのは、僕が小学校2年から高校3年までを過ごした場所だからだ。やっぱり、知ってる場所が出てくるというのは、… このレビューの続きを見る

電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―― 片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車… 関西の今津線を舞台にした小さな物語たち… このレビューの続きを見る

半年待ち

23:07:By BELOVED YOU

待ちに待ちました。確か図書館で予約したのは半年ほど前。その間に何度買ってしまおうと思ったことか…。でも、そうするとなんだか負けた気分になるので(なんでやねん)、じっと我慢し続けた結果、ようやく順番が回… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

18:46:By ゜+。Junie moon。+゜

友達から本を借りていたんですけど、面白かったんでちょこっと紹介します 有川浩さんの『阪急電車』です ≪恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。

「恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集」(出版社紹介文より) … このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

23:59:By 〜k.k.k〜

電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。  さすが有川さん、いつものように読みやすく、さらにストーリーに惹きつけられすぐに読み終えてしまった。  本書では何組かの人物が登場する。阪急電車今津線の乗客たちがくりだすストーリー。

「阪急電車」

22:55:By moji*lib

阪急今津線を舞台に繰り広げられるほの甘いラブストーリー。 爽やかで、甘くて、照れます。(笑) でも最後まで読んでやりました!!なんだこの達成感。  各話単独でも面白いけど、実は登場人物や物語がある… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

22:46:By GOLDEN SLUMBERS

有川浩さんのほんわかな恋愛小説「阪急電車」です タイトルの通り阪急電車の今津線を主人公とした物語です 電車に乗り合わせた人々が交差して、すれ違って、また出会う 改めて電車って不思議な空間だと思いまし… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

14:22:By Phantasmagoria

こういう卑近な話好きです。あたたかくなれる。 電車をモチーフにした話では、河原和音というひとの漫画も好きだったなあ。 どことなくオタくさいなあと思っていたら、このひと女性なのか! ずっと男だと思って読んでいた。あとがきよんでびっくりした。 文章は読みやすいけれど好みではないのでもう読むことはないかな……といいつつ好みのテーマ扱われたら手にとってしまいそう。

面白かったー「ほっこり」していました。乗客同士が少し関わりあったり、深く関わりあったり。互いに交錯しながら進んでいきます。登場人物と同じイントネーションで話すであろうオットと一緒に住んでいるので、会話がリアルに感じられました。※オットは今津線沿線出身私も乗ったことありまーすオットは書店でこの本をみかけ、中身も見ずに買ったそうで@郷土愛の強い人

JUGEMテーマ:日記・一般 最近いろいろありましたが、地味に読書もしてました。 去年の年末に図書館で予約していた「阪急電車」がやっと届きました。 私は大阪在住ですが阪急線にはあまり乗らないので、どーなんかなーと 思ってましたが、これが面白かったんですな。 登場人物が自分と同年代〜年下が多いということもあり 感情移入しやすかったです。 読後はほのぼのしちゃいました。

阪急電車

22:17:By のたりのたり

阪急電車今津線に乗ってる人のお話 阪急電車って レトロな感じでおしゃれでシンプルでかわいい! その電車の中乗客の数だけの人生がある いろんな人生がからみながらつながってる 励ましたくなったり ほほえましかったり  キューンとしたり 優しい気持ちになれます。 暖かいものが心に残るお話です。

これ読んだ大方の人が突っ込んだと思うけど阪急電車のキモは三宮〜梅田だと思うのね、なので今津線限定の話だと知ってめちゃめちゃローカルやがな!と衝撃を受けました。 そのローカル線の電車内で交錯する人間模… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車。

09:01:By mumumu

しばらくでした。有川 浩 著『阪急電車』。 読みました。決して、電車の写真集ではありません。阪急今津線が舞台の短編集。関西在住のあたしには、台詞が関西弁で、身近で、短めの話が、いい感じで進んでいって、面白かったです。 短い時間で読めるので、お気軽にどうぞ。

3.8

『阪急電車』

03:33:By POST☆SCRIPT

【あらすじ】 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車…… 関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。 大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。 久しぶ… このレビューの続きを見る

阪急電車

20:14:By Searchvision

電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。 読んだ本は書いていきますが、感想等は書かない感じですので。 七緒さんも書かなくていいって言ってたし。

図書館シリーズは完結したし、本書は自衛隊モノでもないと聞いて、これはどんな作風なんだろう?と期待と不安が入り混じりながら読み始めたのですが、最初の図書館で目当ての本を好みのタイプである女性と取り合う… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

21:20:By 読書LOG

 

有川さんの作品とっても好きです!  多少ネタバレになるのでご了承を・・・ 題名の通り今津線を走る「阪急電車」の物語。 もちろん人間が主人公ですよ? 構成がとてもおもしろくて、電車は宝塚駅から… このレビューの続きを見る

3.8

見直した

16:56:By れびゅ

☆オススメ☆ ひとつの路線に、それぞれの駅からいろんな人が乗って来て、いろんな出会いがあって、そして降りていって…って発想が面白かった。 でもそれがすぐにお友達♪っていうのではなくて、名前すら知らない… このレビューの続きを見る

今年はちょこちょこ本を読んだので、その中で3冊紹介しようと思います。 ベスト3ということですが、順位をつけるのは難しいので、気に入ったもの・おすすめしたいものを3冊。 ●夜は短し歩けよ乙女  森見 登… このレビューの続きを見る

学校の図書館で借りました! いや〜有川さんの作品は今まで読んだ事がなかったんだけど、個人的にコレは当たりだなっ(*´ェ`*)ポポw あたしの好みの内容です♪ つまり、恋愛モノww笑 ほのぼのしてて、でも痛… このレビューの続きを見る

関西の私鉄阪急電車のある路線。西宮北口から宝塚駅までの各駅で交差する人間模様を書いています。折り返しもあり、前半に登場した人物のその後も丁寧に描いています。 少しずつ重なり合う登場人物それぞれの物語… このレビューの続きを見る

長らく図書館で予約していた本がやっと借りれて、読みました。 いやぁ〜いい話ですね〜しみじみ。 電車の駅ごとにつづられていくストーリー。 どの話もめっちゃいい感じ。 この作者の作品。 『図書館戦争… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。 読みたかった本なのです@ 風邪で寝込んでた時に読んだ。(ぇ

3.8

阪急電車

23:11:By 花夢想記

この本、なんて爽やかで潔く魅力的なんでしょう 電車が乗せている人たちの人生を上手に触れ合わせて、色んな情景を鮮やかに見せてくれる。 自分もこの電車に乗って全てを見ていた一人になったようだった。 いるいる… このレビューの続きを見る

阪急電車:)

22:15:By Amabile

よーいー

恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。 はじめは、普通の話… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

21:15:By 樹木の陰で

はい、今回もレビューいきます。 アタリ本が多くて嬉しい今日この頃。 今日はその中の一冊を紹介します。 「図書館戦争」で有名な有川浩さんの作品です。 『宝塚市の宝塚駅から西宮市の西宮北口駅を経て今津… このレビューの続きを見る

「阪急電車」有川 浩 221p幻冬舎 阪急今津線で 起こるちょっとした物語。 駅間のオムニバス。 う〜、結婚式に 白いドレスって、×なんだ。 常識知らない私。 パールは やめろって 聞いたけどなぁ。… このレビューの続きを見る

阪急電車

16:39:By T_plus!

図書館戦争の著者さんの本。 なんか好きだなーてかたぶんこの著者さんが好きだな〜。 短編集の連作?形式の本で登場人物が魅力的で好きでした。読みやすいし。 毎日同じ電車に乗ってたらけっこう意外とメンバ… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

14:57:By ドレミファどん

mixiですすめられて予約したら もう60人待ちだった本! もう忘れかけたときにメールきて そっこう借りに行った 笑える本って言われてたけど 笑えるっていうより 癒される(?)穏やかになる(?) そんな感… このレビューの続きを見る

読みました。 あらすじとか書くのはめんどくさいので、適当に探してくだされ。 おおかたアマゾン辺りにも載っている気がするし。 新聞広告であらすじ的なものを見て、これ読みたいなあと思っていた1冊。 『… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

14:11:By

JUGEMテーマ:読書 何ヶ月か前の新聞に紹介されていて、気になったものの恋愛ものなので、読まず にいたら、友人が「めちゃ笑えるしおもしろかったで〜」と言うので読んでみた。 結果、おもしろかった〜(笑) … このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

17:25:By かもめノート

JUGEMテーマ:小説全般 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。 … このレビューの続きを見る

阪急電車

13:40:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  図書館戦争の有川氏の作品だったが、案外SFでもなければ自衛隊でもなかった。  阪急といえば、それだけで高級だった。阪神は海沿いの場末、阪急は山の手のええとこ、ちなみに自分は山陽電… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 結局…。 近所の古本屋でみつからなかったので、新書でかってしまいました…。 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。 (幻冬舎HPより)

阪急今津線。 宝塚駅から西宮北口駅まで片道15分。駅数は8駅。 様々な人が利用し、そして様々な物語が動き出す。 『図書館戦争』シリーズ以外ではじめて読む有川作品。 でも、私が始めて『有川浩』とい… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作… このレビューの続きを見る

有川さんが今年はじめに著した作品です。今回はドンパチ要素全くなしの現代日本。舞台はタイトルそのまま、阪急今津線です。 宝塚-西宮北口で駅ごとに主人公が切り替わり、エピソードがリレーします。 で、折り… このレビューの続きを見る

地方ものは良いものだ。地元民にとっては特に。 『図書館戦争』を読みはぐってしまい、ちょっと悔しい思いをしていたところに発売されたので読んでみた。宝塚から西宮北口までの区間(実は西宮北口からさらに先があ… このレビューの続きを見る

幻冬舎 / 2008年1月初版 / 1470円 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車…… 関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。 大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者… このレビューの続きを見る

阪急電車

18:20:By ぶくわむ

装丁に惹かれて借りました。有川さんは初。 おもしろかった。いいねー恋したくなります。電車に乗って人間観察してみたくなります(私の住んでる町には電車がありません)。 阪急電車とその駅を舞台に、様々な人のストーリーが交錯します。車窓から何かを見つける男女、結婚式に討ち入りを果たす女性、マナーの無いオバサン、等等。 胸キュンでした。笑顔。

ずっと前から予約していた本を一気に読み上げました。 ぷいぷいで紹介されたときになんとく借りてみよう、て気持ちになったのです。 たぶん、電車の文字に惹かれたと思われる(笑) 短編小説ではありますが、初… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

00:41:By にじいろひきだし

JUGEMテーマ:読書 関東人の私にとって、阪急電車はほとんど馴染みのない路線。 でも、あのエンジ色の車体は、めったに関西方面に行かない私でも覚えのある電車です。 その路線の駅にまつわる短編を、一つ一つ… このレビューの続きを見る

地元から帰ってくる新幹線の中で読みました。 泣けるとか、泣けないとかそんなレベルではない。 舞台は阪急電車今津線。 個人的には、高校時代毎日のように乗った電車。 ちなみに、俺は学生時代(小学校→大学… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

15:37:By The Samantha Times

あらすじ 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。 有川浩はほん… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/4/16〜2008/4/17 [幻冬舎HPより] 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。

一生に一度くらい恋してみたいと思うのは、こういう時間の流れを過ごしてみたいからなんです。1人称がどんどん変わってってテンポがよかったです。この線に乗ってみたいなーとか私も電車で面白いこと探してみようかなーとか思いました。ともあれどこでもドアが欲しいです。 ああ…この本読んでる場合じゃないんですけどね。女帝…

3.8

電車は進んでく

23:51:By なむなむ!

今日はロスタイムさんの最終回ですね。ワックワック。 さてさて、『阪急電車』読み終わりました。やふーい。 こんな創りの話は初めて!各駅ごとに、登場人物が物語を創り、それが繋がっていく。 この創りは… このレビューの続きを見る

 宝塚駅から阪急電車で隣に乗り合わせていたのは、かつて中央図書館で征志が手に取らんとしている本を直前で奪っていった女性だった。それ以来、本の趣味が似ていることから気になるのである。もちろん、彼女は気… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

19:59:By ひまつぶし 

こういう短編みたいだけど、微妙に繋がってる話好きだ 阪急電車は利用するけど、今津線は使ったことないしよく知らないからいつか乗ってみたいかも 特に何も起こらないと思うけど阪急電車に乗るのが楽しみだ

阪急に乗り合わせた人たちの、それぞれの視点から書かれた短編集。 読みやすい文章でさくさく読めて、登場人物の優しさにほのぼの。 忙しい時にも読みやすくてよい息抜きになります。 長編で自衛隊ネタ使って… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

19:33:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。 幻冬舎… このレビューの続きを見る

どうして有川小説はいつもこんなに楽しんだろう。。。

3.8

「阪急電車」

20:44:By What's up, Luke ?

ここ最近人に会うたびに薦めているのがこの本。宝塚駅から西宮北口駅までの片道15分の車内のお話。乗り合わせた他人たちがちょっとだけ触れ合って、聴こえて来る会話に耳を傾けて、考えさせられて、電車が止まり、… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

16:32:By Suddenly I see

はい、有川浩さんの『阪急電車』読み終わりました。 これは『図書館』シリーズのようにミステリ(?)が軸になったものではなく、どっちかっていうと『クジラの彼』のような、短編集みたいな小説ですね。 短編集… このレビューの続きを見る

3.8

◆阪急電車◆

16:19:By 本読みの休日

★★★★☆ 阪急今津線。 片道約15分の地味なローカル線で、たまたま乗り合わせた「日常」のドラマが描かれている。 一駅一駅でひとつのエピソード。 それぞれのエピソードが、袖振り合うぐらいの接点でつな… このレビューの続きを見る

内容紹介 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車…。8駅から成る、片道わずか15分間の阪急電鉄今津線で、駅ごとに乗り降りする乗客の物語。電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。 恋愛小説なんだけど、甘いだけじゃなくどこかあったかいし熱い。 JUGEMテーマ:読書

3.8

阪急電車

03:14:By day to day

恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。

3.8

阪急電車

14:08:By Alice* teatime

二冊読んでたので、連続レビュー♪ 前のがああいう系だったので、ベタ甘(であろうと予想される)有川浩さんの新刊です★嬉しいなーうちの図書室の先生有能だわーっ(´∀`*) で、すっごい良かったーーー!!! … このレビューの続きを見る

(あらすじ) 片道わずか15分・・・(●´д)人(д`●) うぅ〜ん(●´Д`)⊃⊂(´Д`○)前評判が良かっただけに過剰に期待しすぎた感ありでした。 ワタシの大好きな阪急電車しかも今津線 表紙も、とっても可愛いし♪ほの… このレビューの続きを見る

ほどよく面白かったー! 装丁もとっても可愛いので、しばらく眺めてしまった♪ これはきっと、地元で地理勘がある人は3倍楽しめるんだろうな〜。 しかし……。 図書館でそんな出会いはファンタジーだっ! いく… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

21:23:By 血中乙女濃度

有川さんの作品は「受け付ける」モノと「受け付けない」モノにはっきり分かれるのですが、この『阪急電車』今まで読んだ中で一番好きです。 私の「阪急」と言えば、梅田⇔宝塚に尽きるのですが この舞台となってい… このレビューの続きを見る

 随分とほったらかしで来ました。  有川浩、新作!  阪急電車。  関西は兵庫、大阪、京都を結ぶ、タイトルの大手私鉄が舞台。  関西に居を構える私は一時期阪急電車を主に使っていた時もあったけれ… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

08:45:By ○PECO COINS○

どうも。 Pecoの一冊レビューの時間です(なんじゃそら 今日は堂々と、他大学の生協におきまして立ち読みして参りました。 こらそこ、バカとかいわない。笑 読んだのは有川浩先生の「阪急電車」。私は今ま… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

18:16:By 小春日和の本棚

幻冬舎HPより あらすじ 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  有川作品は、まだ本当に数えるほどしか読んでいませんが、今作はいつもと テイストが違いますね。海でも空でもなく、今回の舞台は電車。阪急電車と いう電車です。正直、乗ったこ… このレビューの続きを見る

阪急電車

20:36:By 本棚

★★★

大好き。大好きです。 電車の沿線に沿って、オムニバス形式でお話が進んでいくんですが、 どの話もとってもかわいくて、読んでてクスっとわらったり 心がほっこりあったかくなったり。 表紙もめちゃめちゃ… このレビューの続きを見る

いやあ面白かった! 有川さんで軍隊モノじゃないのって数がすくないので、買う前にぱらぱら読んで「おや?」だったのですが、いざ読んでみたら頭からおわりまで文句なしでした! 書いていたら思いのほか伸びたので下げますー。

JUGEMテーマ:読書 書名に負けて購入。関西圏に住んでいる人なら「阪急電車」のファンは多いと思う。自分も以前阪急沿線に住んでいたことがあり、車体の色のカッコ良さにやられていた。

阪急電車

03:08:By こるり~blue robin~

なんだ!?これは!!! 阪急沿線で育ち、転居してもなお阪急沿線の私ですよ。 思いっきり反応してしまった、表紙に。 中をチラリとのぞくと、、、今津線ってー! 主に高校時代お世話になってなって。。。(懐涙 読むべきかな。読むべきだよねー。。。 文庫化するまで待てるかな? 悩むところです。

西宮北口駅ー宝塚駅間の人間ドラマの本・・・らしい。読んだわけではないけど、紹介されていて、以前使っていた沿線なので、ちょっと惹かれてしまった。 梅田駅ー宝塚駅までが「宝塚線」といい、神戸ー大阪間の真… このレビューの続きを見る

有川浩さんといえば、図書館戦争に、陸海空の自衛隊もの! 軍事系に強く、激甘のストーリー! 直木賞受賞の桜庭一樹と双璧をなす、ライトノベル界を飛び出して一般レーベルですばらしい作品を出し続ける女流作家… このレビューの続きを見る

3.8

阪急電車

08:06:By よみものきろく

恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車…。8駅から成る、片道わずか15分間の阪急電鉄今津線で、駅ごとに乗り降りする乗客の物語。人生の決定的な瞬間が鮮やかに描かれた傑作。「図書館戦争」著者の最新刊。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品

  • 旅猫リポート

    旅猫リポート

    JUGEMレビュー件数:17

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 海の底

    海の底

    JUGEMレビュー件数:33

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 塩の街

    塩の街

    JUGEMレビュー件数:56

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 植物図鑑

    植物図鑑

    JUGEMレビュー件数:124

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 空の中

    空の中

    JUGEMレビュー件数:40

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 植物図鑑

    植物図鑑

    JUGEMレビュー件数:8

    Amazon評価平均:評価平均30

  • ラブコメ今昔

    ラブコメ今昔

    JUGEMレビュー件数:54

    Amazon評価平均:評価平均35