>
[Amazon] 蜜蜂と遠雷

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷で自分のブログにレビューを書く

蜜蜂と遠雷

おすすめ!3.8 [3.8](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:117位
  • Amazon価格:¥ 1,700
  • ユーズド価格:¥ 1,300
  • ISBN/ASIN:4344030036(幻冬舎)
蜜蜂と遠雷のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.8 [3.8]

  予約してから半年待ち。   3冊目の恩田陸さん。 面白かった♪     +   +   +       今日の朝ごはん        

恩田陸氏の『蜜蜂と遠雷』を読了。 日本で開催された国際ピアノコンクールの 予選から本戦まで書き切った物語である。   参加者、審査員、取材者、 視点てんこ盛りである。 そのどれもが生… このレビューの続きを見る

漸く話題作を読むことが出来た。 ピアノコンクールを題材にした本作、音楽の描写が素晴らしいと聞いていた通り、読んでいて音楽が聞きたくて聞きたくて仕方なくなった。 スター・ウォーズを連想させると云う… このレビューの続きを見る

  ジャルファーストの 高級最中・・・(笑)     美味しかった♪     着いたらシャワー・・・ そして、パーティーへ♪     ダグ… このレビューの続きを見る

恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』を読みました。   ストーリーは俺はまだ、神に愛されているだろうか? ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。 著者渾身、… このレビューの続きを見る

おくるもの

22:00:By ぐらぐらり日記

今月から4ヶ月間は親戚の入学が3人、母親誕生日2人、父親誕生日1人、母の日父の日4人。 ・・・の、計10回の怒涛のお祝いギフトまつり。もうすでに色々テンパり気味なうえに、たまに来る実家母からの、こういうのネ… このレビューの続きを見る

蜜蜂と遠雷

10:02:By 夏と静謐

直木賞受賞の「蜜蜂と遠雷」読みました!   はじめは本が厚い、すごい長編…!と思いましたが、読み始めたらどんどん読めてしまいました。 ピアノコンクールのお話です。 わたしは小さいこ… このレビューの続きを見る

明日17時から芥川賞・直木賞の発表ですね。 芥川賞はノータッチですが、直木賞は2作品だけは読むことができました。 1冊は先日記事の「十二人の死にたい子どもたち」。   そしてもう1冊が本日ご… このレビューの続きを見る

 あけましておめでとうございます。遅い新年のごあいさつですみません。    本を読むのに忙しかった。遅読の私が言うのもおこがましいですが、後程触れますが、年末に読んだ『蜜蜂と遠雷』、今手もと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般    蜜蜂と遠雷 / 恩田陸(幻冬舎)    評価 ☆☆☆☆☆   3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。 養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品