>
[Amazon] 暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)
暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)で自分のブログにレビューを書く

暗いところで待ち合わせ

おすすめ!3.9 [3.9](49件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:55577位
  • Amazon価格:¥ 535
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344402146(幻冬舎)
暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(49件) 3.9 [3.9]

【あらすじ】 事故により、視力を失ってしまったミチル。そんな彼女は、父が遺してくれた家でただひとりで暮らしていたのであったが、そんな彼女は最近、不思議な感覚を覚えるようになった。誰もいないはずの家の… このレビューの続きを見る

こんにちは、猫子です。6/5(火)に開催したビブリオバトルの参加レポートです。友人や図書館職員の方々も含めて総勢14名の参加となりました。参加してくださったみなさん、ありがとうございます。テーマは、「映画… このレビューの続きを見る

ストーリーが完全に記憶から抜けてたので、 初見同じく楽しんで読めた 得した気分^u^ 殺人犯として追われる男が 盲目の少女の家に忍び込む、って設定勝ち これは読みたくなるなーまぁまぁ面白かった(偉そう) 個人的にキュンとくる描写がいくつか アキヒロとミチル可愛い 一週間ぐらい世俗から一切を断って、 甘く腐りながら午睡を楽しんでみたくなる あくまで一週間ぐらい

3.9

いろいろ

02:07:By Wallflower

 最近乙一さんの本をよく読みます。しかし盲目の女の人が出て来る話を読んで盲目のバニーちゃんが、書きたくなって、家族の話を読んで結婚するコテバニが書きたくなる私は読む本に影響され過ぎですね… 笑 二… このレビューの続きを見る

 これは一言、良かったです私が好きなお話でした。心温まる、ヒューマンストーリーですかね。事故で視力を失ったミチルと印刷会社で働くアキヒロ。アキヒロは、外界に興味を持とうとせず、孤独だった。同僚の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般         暗いところで待ち合わせ   乙一 著    ネタバレ多少含みます、ご注意くださいm(__)m

久しぶりに面白い本に出会った。 「GOTH」はディープな内容すぎて脱落したものの、 別名義の青春小説など、文体は好みなので何となくこちらを借りてきた。 たしか田中麗奈ちゃんで映画化されていたよね? こ… このレビューの続きを見る

前々から気になってはいたけれど、乙一さんの本は初めて読んだ。 彼を知ったのは高校生の頃。 学校の図書館で借りられている本の上位三位が全て乙一さんだった。 私が高校生の頃は、正直に言ってよしもとばなな… このレビューの続きを見る

  大手通でフリーマーケットやります! 良かったら来てください 【期日】 7月10日(土)11時〜16時 【場所】 新潟県長岡市大手通(場所の詳細は当日決まります) 【内容】 フリ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  よかった。やはり「白乙一」はすごいです。お互い何者かわからない同士が心を通じていく、という点で「幸せは猫のかたち」に通じる物語ですがこちらは最後まで「失われ」ない分、読後は幸福感に満たされました。「黒」も良いけど、やはり「白」が好きだなあ、私は。・・・そして、あとがきにも笑わせていただきました。(笑)

JUGEMテーマ:読書 乙一の作品は「黒乙一(ホラー)」「白乙一(切ナイ系)」に分けられたりするようです。 この作品は“ミステリー的要素のある切ない純愛小説”だと私は思うので、さしずめ「灰乙一」といったところでし… このレビューの続きを見る

わかる

19:49:By Que sera, sera

内容(「BOOK」データベースより)視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家… このレビューの続きを見る

 ある意味いびつなメルヘン・・・ かも?乙一。名前はよく目にしていたけれどこれが第一冊目。想像してたよりデリケートな感じがした。目の見えない女の子と殺人容疑の男の子。ふたりの不思議な同居。そのココロの流れ。現実的にはちょっとあり得ない設定だけどそれを淡々とさっぱりした書き方で進めている。重すぎずクドすぎず冷たすぎず最後の一展開がけっこう意外でストーリーがぐっと締まる。おもしろかった。

視力を失い、父に支えられて二人で暮してきたミチル。 しかし父の死後は、滅多に外へ出ることもなく一人で ひっそりと暮していました。 そんなある日、部屋の中にかすかな「気配」を感じ・・・ この著者の作品は初… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅にうずくまる。他人の気配に怯えるミチルは、身を守るため、知らない振りをしようと決める。奇妙な同棲生活が始まった―。書き下ろし小説。

【あらすじ】 視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅に… このレビューの続きを見る

 「暗いところで待ち合わせ」 乙一 著 幻冬舎 乙一さんという作家さんに出会ったのは、大学の頃だ。 何気なく、行きつけの(といっても立ち読みばかりしていたから、きっと店員さんには別の意味で顔は覚え… このレビューの続きを見る

  今日 東野圭吾さんの「転落」を買いました 読み終わるのに時間がかかる気が  なので先にひとつ書いておきます 書いていて思うのですが 読んでくれた方へ紹介しているわけでなく こういう… このレビューの続きを見る

とってもすらすらと読めました…。 ミチルとアキヒロの距離が近くなっていく様子を見守っているような感じ。  知らぬ間に応援していましたw 二人が前向きになったところでお話はおしまい。 その先が気にな… このレビューの続きを見る

最近読んだ本たち

22:04:By mariblo

年末年始に読んだ3冊。「幸福な食卓」は、前読んだ卵の緒に引き続きほっこりする楽しさ。感動したし、ほっこり家族のストーリーでした。「ストロベリーナイト」は殺人現場の描写があまりにエグすぎて・・・。すごく… このレビューの続きを見る

タイトルがこれで表紙がそれで、映画にもなったと聞いていたので、てっきりホラー系かと思いきや、乙一さんにしては珍しいほどグロもホラー要素もなかったです。びっくり。 怖いと思って読めばもしかしたら怖いの… このレビューの続きを見る

今日、読みました。 乙一の本は好き嫌い半々なんですが、 今回は結構好きでしたね。 読んで1割程度でオチが見えたんですが、 そんな事は関係なく、ハッピーエンドを求めて 読み進める事が出来ました。 普通… このレビューの続きを見る

  静寂の中に緊張感があって面白かったです。 少し切なくて、少し温かいかんじ。 映画も観てみたいなー。

JUGEMテーマ:本の紹介 たんたんとしてるんだけど最後いい。

めちゃめちゃおもしろくて一気読み。 殺人事件の容疑者として追われる男が、視力をなくして一人静かに暮らす女の家に逃げ込む。 と、それだけでも設定的に充分おもしろいのに、推理小説としても、そして恋愛小… このレビューの続きを見る

私としては「ホラーじゃないのに表紙がホラーっぽい本」ベストスリーに入る本。 何度も読み返してます。乙一はグロ描写が綺麗ですきです。 駅のホームで起きた殺人事件。駅の近くに静かに暮らす目が見えない女… このレビューの続きを見る

友人に薦められて読んでみました。 個人的には、結構考えさせられるところが多かったのですが、 それは小説の設定であって、ストーリじゃないところでした。 つーか、オチが読めてしまったのは痛い。 まぁ、そういう需要向けの本ではないって事でしょうか。 んー。読書量が落ちている。 何とかせねば。

入院中、お見舞いで頂いた2冊の内の一つです。 病床でのことですので、「軽く読める本を・・・」と選んでくれただけあって、ページ数も250P程度と薄く、サクサクっと読みきれる小説でした。 視力をなくし、独… このレビューの続きを見る

ミチルは交通事故で視力を失って以来、暗闇の中で生きている。 一緒に暮らす家族はいない。一人だ。 あとは死を待つだけだ、というような淡々とした日々を送っている。 そんなある日、ミチルは気付く。 一人… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 内容(「BOOK」データベースより) 視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。 職場の人間関係に悩むアキヒロ。 駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。 犯人として追わ… このレビューの続きを見る

こんかいは真面目なレビューですよー。ほらほら、乙一さん← これ表紙はちょい怖いですけどかなりおすすめ! すごいいい話ですよ〜!! 目が見えなくなって外に出たがらなくなったミチル。 毎日家に閉じこも… このレビューの続きを見る

久しぶりの乙一作品。 ホラーか?!と思わせといて違います。 殺人犯が逃げ込んだのは盲目の少女の家。 少女はその存在に気がつきながらも、知らないふりをして過ごす。 そうやって始まった奇妙な同棲生活。 設定がもー面白い。 ストーリー展開はまあ予想通りなんですけど、 そこにいたるまでの書き方がすごく上手いと思う。 なんか、良かったなあ。うん。心が温まったよ。

読み終わっっっった……よっ わー!! 以下、ネタバレ含むかもです

 視力を失った女性の家に、とある男性がそっと忍び込み、息を殺して彼女の家に居続ける、という物語の設定が衝撃的。  手を伸ばせばすぐに触れられる程の至近距離で、相手に気付かれないように息を潜める緊迫… このレビューの続きを見る

−あらすじ− 視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。 職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。 犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅にうずくまる。 他人の気配に怯えるミチルは、身を守るため、知らない振りをしようと決める。 奇妙な同棲生活が始まった―。

この人の本は全て切ないです。登場人物も少ないです。 ただ、飽きることがありません。それでも、話が展開していくのです。 こちらは目の見えない少女と、犯罪の疑いを持たれた男の温かい話。

初・乙一作品! ずっとずっと乙一さんを読みたくて、でもなぜかなかなか図書館で見当たらなくて。。人気があるのか、もとから置いていないのか・・・(というか、読みたいなら買えばいいだけの話なんですけどね)… このレビューの続きを見る

3.9

暗いところで待ち合わせ

20:24:By YOU

DVDも借りました(田舎じゃやってないので 笑) 結構面白かったですよ−♪最初は淡々とした生活を描いてるんですけど、読み終わると「お−」って思うような爽快感があります♪ 白ver.の乙一好きは是非☆笑

田中麗奈ちゃんが主演の映画にもなりましたね〜 視力を失ったミチル。 職場の人間関係に悩むアキヒロ。 ある日、駅のホームから職場の先輩が落下したことで、彼は殺人犯として追われてしまうことに 慌てたア… このレビューの続きを見る

映画化されてる。いつの間に? もし、目が見えなくなったら。なんて事は五体満足精神不満足な日常では考えない。 生まれながらに目が見えないのと、見えている状態から見えなくなるのとでは おおきな違いがあ… このレビューの続きを見る

久しぶりの乙一さんでした〜ちょっと手に取ったら一気読み。 初めに一言言うのであれば、「こんなにいい話なら早く読んでおくんだった」 に尽きます。いや、本当に、個人的には「GOTH」に次ぐ、 「ZOO」と同率2… このレビューの続きを見る

暗いところで待ち合わせ ★★★★★ 父親を失ったと同時に視力も失った薄幸のミチルと、 ミチルの家の目の前にある駅での殺人事件の容疑者として行方を追われている男。 そんな二人がおりなす奇妙な共同生活。 ネタバレ含むため、未読の方は注意。

炭の匂いが落ち着くのは、私が単にお習字をずっと習っていたからではなくて、生き物の匂いがするからなんだ、と『暗いところで待ち合わせ』を読んで気づいた。 はぱこも言ってたけど、乙一さんの文章は色で言う… このレビューの続きを見る

これはなかなかよかったです 乙一の短編集と山田悠介はほとんど本屋で立ち読みな私ですが(おいコラ)いや、うちにはもう本の置き場が限界域に達しているもので…ゲフゲフ これは妹が持ってたので借りてじっくり読… このレビューの続きを見る

3.9

暗いところで待ち合わせ

20:36:By

期待の作家、乙一さんが書かれた小説です。 その魅力は私などが語っていいのか!?というほどで 全く測り知れません!! 目の不自由な女性、殺人犯の男性、それぞれの心理が複雑に、 けれども繊細に書かれていて口頭では説明できない面白さです!! 私のボキャブラリーでは表現しきれないので、 ぜひ、一度読んでみてください!!

3.9

暗いところで待ち合わせ

21:29:By

私には残念ながらこの人の良さはわかりません。ぺらいから読みやすいけど。

内容(「BOOK」データベースより) 視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。 駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。 犯人として追われるアキヒロは、ミチル… このレビューの続きを見る

3.9

暗いところで待ち合わせ

00:27:By

幻冬舎文庫 暗いところで待ち合わせ 乙一著 電車から同僚を突き落としたと疑いをかけられたアキヒロが、一人暮らしをしている盲目ミチル宅に潜むというお話。気付かれないように行動するアキヒロと、それに気付… このレビューの続きを見る

関連する商品