DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed サヨナライツカ - 辻 仁成 のレビュー全35件 JUGEMブログ

>
[Amazon] サヨナライツカ (幻冬舎文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

サヨナライツカ (幻冬舎文庫)
サヨナライツカ (幻冬舎文庫)で自分のブログにレビューを書く

サヨナライツカ

おすすめ!3.5 [3.5](35件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:28360位
  • Amazon価格:¥ 535
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:434440257X(幻冬舎)
サヨナライツカ (幻冬舎文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(35件) 3.5 [3.5]

JUGEMテーマ:映画 

原作を以前に読んでいたものが映画化されたらやはりどんな風に映像化されているのか気になるもの。中山美穂も西島秀俊、石田ゆり子と好きな俳優さんが出ているし。「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督がと… このレビューの続きを見る

3.5

サヨナライツカ

10:03:By くねくね式

う、うーん。 これを愛に生きるというのかー? なんだかオシャレな設定でオシャレな人たちが素敵な恋に落ちるわけですね。 しかも超金持ち。 婚約者がいる青年に金持ち美女が裸で迫り、そういう関係になり、4ヶ月… このレビューの続きを見る

話の内容ありえなさすぎるー なんてゆうか共感の余地なし。 せつない気分になるとゆうよりは、いやいやそれは最低だろーみたいな 愛することを思い出すひとと、愛されたことを思い出すひとに分かれるらしい。 私は、愛されたことを思い出す。かな。

辻仁成さんの『サヨナライツカ』を読みました。 ストーリーは「人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを 思い出すヒトとにわかれる。私はきっと愛したことを思い出す」。 好青年とよばれる豊は… このレビューの続きを見る

3.5

成人男子の理想像

23:20:By HoliHoliday

  いやー、ひどい。 作者の妄想の女性像をただただひたすら垂れ流しでツラツラと。 男子はこういう女性に何歳になっても憧れを抱くんですかねぇ。 んでこれを奥さんに演じさせちゃうんだから、公私共にイタイ。 はいはい、好きにやってくださいな。

16th

00:45:By

今日は珍しく、1日現場。夜の時間に出発フロアにいたもんだから、よくドバイ行きのお客さんからカウンター聞かれた。その度に、なんだか ふふふ って思う。いつか、というか、近々、私のお客さんになるんやー!と… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 中山美穂主演で映画化された「サヨナライツカ」の小説を借りました。映画をちょっと見てみたいかな。

JUGEMテーマ:映画  みぽりんが久しぶりに主演した「サヨナライツカ」がもうDVD化になります。 (2010/06/25発売) 私は本を友人から借りて読んだのですが、とても考えさせられました。 辻仁成さんの… このレビューの続きを見る

読書をしよう!と思い立ち、 なんとなく目に付いたこの本を購入。 たしか映画化してたっけーくらいの感覚で、買ってみました。 …恋愛小説 、だったんですね。 あんまりおもしろくなかったです。。。 沓… このレビューの続きを見る

先日長女と近隣の映画館に出向いて 久々映画を見てきました 電車で40分のところにあるショッピングセンターの近くに新しく オープンした映画館! 水曜日のレディースデイで1000円とお得なので 娘とず… このレビューの続きを見る

サヨナライツカが映画化されたので読みました。 最近はストーリーの結末がわかってからしか映画を観ないようになりました。 以前は、この話どうなるんだろうとわくわくしながら映画を楽しんだものでしたが、 ここ… このレビューの続きを見る

サヨナライツカ

21:37:By hucco's note

中山美穂の12年ぶりの映画主演ということで話題だった「サヨナライツカ」。映画のトレーラーを見て、何となく、観てみたいな、と思っていた。  何だろう、中島美嘉の主題歌の切なさ、中山美穂の全盛期に青… このレビューの続きを見る

映画に引き続き、 原作の本も、読み終えました。 映画と設定が違うところもありますが、 映画は映画、本には本の面白さがあると感じました。 どちらも、切ない思いが残るのは、共通点かな。 いい感じで… このレビューの続きを見る

  久しぶりに仁成さんの作品を手にしました。 あまりTVを見ない私でも、これだけCM流されると、洗脳されて?さすがに気になる映画の原作 いっき読みしました。といっても、、面白くってとゆーよりは、早… このレビューの続きを見る

 わたしは、どちらを、思い出すだろう。愛したこと、というよりは、愛したひとのことは、その思い出は、忘れない。でも、まだまだわたしは若い、のかな。それがすべて、良かった、幸せだった、とは思えないの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:映画館でみました! サヨナライツカ いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない 孤独はもっとも裏切ることのない友人の一人だと思うほうがよい 愛に怯える前に、傘を買っておく必要がある … このレビューの続きを見る

3.5

サヨナライツカ

20:01:By 子供と読書

ミポリン世代なので、つい 辻さんの作品は初めてだったのですが、とても読みやすかったです。 前半はかる〜く官能小説風、後半は泣かせにくる韓流調。 ストーリー全体は「男の人の妄想の世界」って感じですが、 泣いてしまった・・・。

わたしは通勤時間に、だんなさんは、夜寝る前にお互い読書をしている最近。映画化されたこの小説をだんなさんが購入。私もすかさず借りました。んー恋愛小説。胸がきゅん。このひとの小説では、一番印象深いのがフ… このレビューの続きを見る

 ええ、はやりですから、恋愛小説週間だし、読んでみました。ま、男は身勝手ですわ。しかも、25年も自分を思い続けてくれる女だなんて、ま、幻想でしょう。でもね、そういうファンタジーも年をとるといいかな… このレビューの続きを見る

中山美穂主演は東京日和でビービー泣きましたよ。そんな、中山美穂が主演12年ぶり、というのが、クローズアップされすぎな感。旦那の辻仁成の原作だから、”冷静と情熱のあいだ”的な雰囲気も流れる。。最後に”ちょっ… このレビューの続きを見る

3.5

サヨナライツカ

11:57:By

JUGEMテーマ:読書  辻仁成さんの「サヨナライツカ」 が韓国の監督により映画化されました。 主人公の沓子を演じるのは、辻さんの奥様の中山美穂さん。 映画のサイトを読んでいたら、なんかこの内容 どこかで… このレビューの続きを見る

西島秀俊と中山美穂主演で映画化されるんだよね! 気になったので原作を読んでみた。 昨日の朝電車内で読み始めて、今朝の電車内で読み終えた。 最初のほうはエロ描写が多くて、官能小説か?と思ったくらい。 二… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:音楽  私の好きなアーティストの中島美嘉の新曲が1月20日に発売されます。  「ALWAYS」この曲は、1月23日公開の中山美穂が7年ぶりに主演する映画「サヨナライツカ」の主題歌になってます。… このレビューの続きを見る

一気に読めますね。 沓子がせつないですね。光子と沓子が一度も会わないかんじがいいですね。 映画では予告編を見ましたが、なんか嫌な予感がしました。 どうか二人が会いませんように。 この本自体が凄く映画的… このレビューの続きを見る

評判がいい本だったので、いつか読もうと思ってて。 でも、悲しい(?)恋愛小説を読みたい気分には、なかなかならないもので…^^; このたび、ようやく読んでみました。 予想に反して、バンコクが舞台なのです… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 これは、サヨナラしようと思っても「いつか」と引き伸ばしてしまうほど 切れない情、の話なんだなと、まあ簡単に言えばそんな感じです。 人当たりがよくみんなに好かれる男で、しかも女性にも… このレビューの続きを見る

前に1冊この人の本を読んだことがあるのですが、それと同じような話ですね。とても愛している人が去ってしまって自分は抜け殻みたいになった、みたいな。それだけで終わりではないですけれどね。

※ちなみに [仏] "Sayonara, toujours pres de moi"    = [英] "Sayonara, always close to me"    = [日] "サヨナラはいつもそばに" って感じでしょうか。JUGEMテーマ:本の紹介 ブックマン: WEBサイトに記事掲載!

★★★★☆ 私は本を紹介するとき、いつもとびきりの言葉で伝えたいと考えているのよ。 だから、今この本をありきたりの言葉で語れない。 レビューはもう少しゆっくり消化してから書こうと思います。 … このレビューの続きを見る

3.5

サヨナライツカ

22:49:By ETHNOCENTRISM-R

辻人成『サヨナライツカ』 永遠の幸福なんてないように 永遠の不幸もない いつかサヨナラがやってきて、いつかコンニチワがやってくる 人は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと 愛したことを思… このレビューの続きを見る

結婚を4ヶ月後に控えた「好青年」こと豊は、ある日沓子という謎の女性に出会う。許されないと分かっていながら、性愛の日々に溺れていく二人。しかし、二人は結婚式の前日、別れを選択する・・・。そして25年後… このレビューの続きを見る

 死に際に「愛されたことを思い出すか、愛したことを思い出すか」あなたはどちらを思い出すでしょうか・・・。  トゥクトゥクが走るタイを舞台に繰り広げられる恋愛小説。  読んでいて胸が痛くなりました。 … このレビューの続きを見る

3.5

私はきっと…

21:42:By 日常品

辻仁成のサヨナライツカを読みました。 ひさしぶりに小説を読みながら泣いてしまいました。 形や姿はどうあれ、その愛の存在に泣けました。 感動です。 ここにある、正しいと言われている愛や結婚、間違いと… このレビューの続きを見る

関連する商品