DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 陰日向に咲く - 劇団ひとり のレビュー全33件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 陰日向に咲く (幻冬舎文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

陰日向に咲く (幻冬舎文庫)
陰日向に咲く (幻冬舎文庫)で自分のブログにレビューを書く

陰日向に咲く

おすすめ!3.4 [3.4](33件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:28988位
  • Amazon価格:¥ 535
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344411684(幻冬舎)
陰日向に咲く (幻冬舎文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(33件) 3.4 [3.4]

528 陰日向に咲く

01:06:By AW

ペンネーム、アメリカ兵を殴った男

『最近、短編集なんだけど登場人物がリンクしてて伏線にもなっていたりするやつが流行ってるじゃん。劇団ひとりも取り入れてる。』 って前に友達から聞いてました。 確かにその通り。 劇団ひとりは流行を追ってます。 そんで普通に面白いです。 お笑い芸人が書いた風な面白部分もあってなかなかよかったです。

  こんばんわ。 暑かった。夏になったらどうしよう。 今日は劇団ひとり氏の本です。 これは面白かった。 正直、あまり期待せずに読んでみたからハードルは下がっていたのかもしれませんが、それを差し引い… このレビューの続きを見る

陰日向に咲く

09:59:By momoの本箱

JUGEMテーマ:読書 「青天の霹靂」の紹介を新聞で読んで、ちょっと気になったので、 いまだ読んでいなかった「陰日向に咲く」を手に取りました。 登場人物が実はつながっていて、読みながら「あら?この人って・・… このレビューの続きを見る

 読書部に入ったのが確か11月末・・・。 投稿するのはこれが初めて。 そりゃー部長も怒るわな。 すみません。部長。活字苦手なモンで・・・。 というわけで。 まずこの本を読むきっかけといえば、前々か… このレビューの続きを見る

 そっかー そうやって アメリカ兵を ぶんなぐったんだね 野球選手は どしたんだ? 鳴子は どしたんだ? あれあれ 読み返したくなったが 読み返すほどでもないかな?って止めた。

陰日向に咲く

21:08:By

 ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれる女子大生。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの陽のあたらない人生に、時にひとすじの光が差す―。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。内容(「BOOK」データベースより)

   不器用に生きる人々をユーモアいっぱいに描いた、劇団ひとりの小説デビュー作。 ジーンとしたり、クスッとしたり、なかなか面白かったけど、ラストの「鳴き砂を歩く犬」が残念な感じだった。台無しな気がする。 「道草」が面白かった。

陰日向に咲く

15:55:By T_plus!

 映画になってたんでてっきり長編かと思ったら短編集なんですねー! 最初の一作は書きなれて無い感じがあるのかなーと思ったんですが、後はそんなに気になりませんでしたってか発想がすごいな〜。 設定的には… このレビューの続きを見る

 劇団ひとりさんの、陰日向に咲く、を読みました。 参りました。 自分が言うのもおこがましいですが、 文章がいい。 テンポがいい。 構成がいい。 そして何より、 登場人物がみな、不器用で、ちぐはぐで、 … このレビューの続きを見る

陰日向に咲く

21:36:By 受賞本

 陰日向に咲く  著者 : 劇団ひとり  受賞歴 : 2007年本屋大賞 8位

 ニューヨークに行く前に買ったんですがねー。読めずに置いてあって、やっと読めました。発刊当時、あまりに話題になってたのでハードカバーでも買おうか迷ったくらい。知らない間に文庫化されてたのねー。“芸… このレビューの続きを見る

陰日向に咲く

17:41:By kb

―陰日向(かげひなた)に咲く 表舞台に立つ者もいれば、人の目の届かないところで、ひっそりと輝く人生もある。 社会でいう、いわゆる負け組みと呼ばれる人々の日常を、ユニークな人物描写と語り口で読ませる、ハ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 素人感はぬぐえない

  『劇団ひとり』が結婚? 『大沢あかね』と・・・ ダメだよ 2人になっては・・・ もう少し待ってほしかったな ってのが月子の想い・・・ うーん理解に苦しむ。 彼の著書 『陰日向に咲く』 がけっこう良かったから・・・ 幸せで今後こんな作品が出てこなくなったら辛い・・・。 個人的な意見ですけれど・・・。

省吾さんと付き合えたらなあ…てくらい省吾さん好きです over runが一番すきだなあー ちょい涙が出る感じ 文庫本になったんで、買っちゃいました

3.4

陰日向に咲く

18:57:By gzip blog

買ったまま積んでおいた本。 劇団ひとりが書いてなければ買ってなかったと思うけど、中身はなかなか。どこにでもありそうな、でも彼らにしかない人生が、ものすごくリアルに描かれていて引き込まれました。きっ… このレビューの続きを見る

気になっていてやっと読みました。 すごいですね、ひとりさん 初めて書いた小説とは思えない…! 短編に出てくる人たちが 色々な所でつながっていてうまいなぁと思いました。 個人的にこういうつながりがあるの好きです さらっと読める本でした。 JUGEMテーマ:読書 

JUGEMテーマ:読書  この本がベストセラーになった時、 非常に興味はあったのですが、なんとなく買いそびれ て、そのうちに映画も見に行かないうちに終わってしまい、あらゆることで出遅れた思い出の あ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  今回、借りたのは3冊。劇団ひとりさんの『陰日向に咲く』 、内田康夫さんの『』王将たちの 謝肉祭』、桜井秀勲さんの『こんな女とは結婚したくない』です。   『陰日向に咲く』、… このレビューの続きを見る

  「道草」 「拝啓、僕のアイドル様」 「ピンボケな私」 「Overrun」 「鳴き砂を歩く犬」 5本の話しからなる、 オムニバスストーリー。   先に映画を観てしまったんで、 ストーリーとかは分かってま… このレビューの続きを見る

2ヶ月くらい前に買っておいたんだけど、ようやく読み終えたのが、劇団ひとりが書いた5つの短編集『 陰日向に咲く 』。 いずれも面白い感じの話で、コントを読んでるような雰囲気のものから、ごくごくありきた… このレビューの続きを見る

やっと文庫本になった! 一回学校で借りて読んだけど 劇団ひとり天才! 一番最初のホームレスの話は 結末が気に入らないんだけど(笑) まあ劇団ひとりっぽいなとも思うし みさき、短編がつながるの … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般   文庫化されたので購入。一体どんな文章を?どんな物語を書くのだろうかと興味が あった。といいつつ、文庫化されるまで買わなかったんだけど。  一冊として通して考えると、考えら… このレビューの続きを見る

劇団ひとりはなぜか好き。 彼のお笑い芸人としてのパフォーマンスはほとんど見たことがないけれど、 雰囲気が好きだなあと思っていた。 好意を持って彼の本を手にとってみたのだが、 かなり面白く、一気に読… このレビューの続きを見る

劇団ひとり…やるなぁ。 ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれる女子大生。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。… このレビューの続きを見る

 映画化もされた劇団ひとりの処女作『陰日向に咲く』。爆笑問題の太田が大絶賛したということでも話題になったようですが、芸人が書いた作品なんてと思う人も多いんじゃないでしょうか。実際に僕も、話題になって… このレビューの続きを見る

道草 拝啓、僕のアイドル様 ピンボケな私 over run 鳴き砂を歩く犬 40ページ程度の短いお話が5つ。 それぞれのお話は独立しているのだけど、きれいなオムニバスになっています。 主人公の独白による… このレビューの続きを見る

物語自体に面白さがあるというわけではなく、ただ芸能人が書いたわりにはよく出来ているというような部類の作品だ。細かな章分けがリズムを崩し、少ない語彙による描写は物足りない。キャラクターが魅力的に造形され、いくつかの短篇が少しずつリンクするという手法は上手くいっていると思うが、後に残らない作品だった。

3.4

陰日向に咲く

12:16:By daydreamdays

気になっていた作品。やっと読めました。手にって2日で読み終わったので、手に入れたことが「やっと」なのかもしれない。 劇団ひとりさんすごいと思います。別の意味で頭がいいというか、お笑い芸人さんの頭の良さ… このレビューの続きを見る

立て続けに読了。おもしろかったですよー。 小説て言うよりエッセイみたい。短い文章と短い章で話をぱっぱっと進めていくのですが、とてもテンポよくて、そのくせ登場人物もしっかり描けているし、あらうまいなーと思いながらさくさく読めました。 この人あそこにいてた人か!と分かるのがちょっと楽しい。アメリカ兵殴った人が意外に活躍しましたね(笑)。

前々から気になっていたので、即買いの即読みでした。 ここ最近の好きな話ではなかったけど、 しっかりとした構成で、多才なかたなんだなぁと改めて思いました。 いろんな人たちがいて、それぞれにそれぞれ… このレビューの続きを見る

関連する商品