>
[Amazon] かもめ食堂 (幻冬舎文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

かもめ食堂 (幻冬舎文庫)
かもめ食堂 (幻冬舎文庫)で自分のブログにレビューを書く

かもめ食堂

おすすめ!3.5 [3.5](35件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:15058位
  • Amazon価格:¥ 494
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:434441182X(幻冬舎)
かもめ食堂 (幻冬舎文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(35件) 3.5 [3.5]

群ようこさんの『かもめ食堂』を読みました。 ストーリーはヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。 日本人女性のサチエが店主をつとめるその食堂の看板メニューは、 彼女が心をこめて握る「おにぎり」。 け… このレビューの続きを見る

北欧ブームの火付け役といっても過言ではないでしょうのこちら。 その昔、やっぱり猫が好きを見ていた世代としては あ〜なんかしっくりくるキャスティング! といわざるをえない、この空気感。 中学生… このレビューの続きを見る

「かもめ食堂」

08:20:By moji*lib

無償におにぎりが食べたくなるお話。   ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。日本人女性のサチエが店主をつとめるその食堂の看板メニューは、彼女が心をこめて握る「おにぎり」。けれども、お客とい… このレビューの続きを見る

まぎれもなく田舎なのですが、ご近所に2件目のcafeが今月オープンしました。 関西からご主人とともにUターン。実家を改装してとってもおしゃれなcafeでした。 素材にこだわっておられるそうで、美味しい野菜… このレビューの続きを見る

●本日の読書 ・「かもめ食堂」群ようこ/幻冬舎文庫  小林聡美主演の映画の方が有名で、原作付きだと云うことを知らない方もおられるかと思いますが、あの、フィンランドで食堂やる話の原作本です。  … このレビューの続きを見る

仕事を辞めてフィンランドのヘルシンキにひとり飛び、 「かもめ食堂」という名前のカフェを営むサチエ。 排他的な雰囲気を持ちつつも、一緒にいる人を穏やかな気持ちにさせる彼女の周りには、 ひと… このレビューの続きを見る

 映画の空気感は実に見事だった。原作では一人一人の過去や性格がチョットだけ詳しく描かれており、映画を観てからコチラの原作を読むのが勧めオススメ。でも、井上陽水のクレイジーラブが最高だったので映画の勝ち。

3.5

かもめ食堂

17:20:By 雑記

先に映画を観た。(映画 かもめ食堂の感想) 映画ではわかり得なかった、サチエやミドリやマサコがどうしてヘルシンキにやってきたのかが書かれていて、何かすっきりしたの半分、サチエのお金の出所を知ってが… このレビューの続きを見る

本日2回目の更新 【かもめ食堂】見ました “かもめ食堂”を舞台に3人の日本人女性とフィンランドの人々とのゆるやかで温かい物語。 今日も雨です ムスメはお友達と図書館へ行きました JUGEMテーマ:最近みた映画  アマゾン

かもめ食堂

01:29:By 玉露駅

『かもめ食堂』 群ようこ (幻冬舎文庫 ) 映画では描かれなかった、サチエがフィンランドへ渡るまでの話がかなりぶっとんでるということがわかりました。それは悲しいぶっとんだ話だったのですが、悲しみはこの… このレビューの続きを見る

3.5

群 ようこ/かもめ食堂

16:19:By

 (少々ネタバレ含みます。お気をつけください。)

映画の原作を読むのはあまりないんですが、なんか気になって。レビューで原作を読むと映画で謎だった部分が分かるってあったからです。ほほぉ〜と思ったけど、私が映画の方が好きです。個人の事情が細かく説明されすぎてるかなと思いました。もうちょっと謎めいてて、想像させてくれる方が好きみたいです。

 『かめめ食堂』 群ようこ・著 幻冬舎文庫 映画を先に見ていた口です。 映画をみてからずいぶん経ってますが、そして 読もう!と思って買ってからだいぶ時間が経ってますが・・・。 映画の雰囲気そのまま… このレビューの続きを見る

かもめ食堂

18:56:By TASTE OF THE BLACK

 映画を見たので原作も。 一人一人の背景が詳細に書かれていて、 より一層の切なさと小さな幸せを感じた。 映画だと救われた人がいたけれど、 原作だとだれもが結局何かを失ったまま 新しい生活を成り立たせ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 なんだか「ナントカ食堂」って、聞いたことあるなと思って 読んだら映画の原作(?)らしいです。 映像になった方が、確かに良さそう。 文字で追っていくと、余りに都合のよいストーリー展… このレビューの続きを見る

かもめ食堂

16:19:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  映画になって有名になっていた、というのは知っていたが、有名になった原作は、そうそう飛びつけないのだ。ようやく今になって読んだ。 おもろいこれ。 ジンセイに色々あった3人の女… このレビューの続きを見る

♪こんにちは、みもざです♪ この「かもめ食堂」は、映画を先に見たのです。 私は、映画化されたものは、 映画が、小説か どちらかしか見ない・読まない主義ですので、 当然、この映画を先に見た訳ですから、 … このレビューの続きを見る

かもめ食堂

23:30:By thunderstruck

大好きです、群ようこ。美容院の待ち時間にさくっと読んでしまった。彼女の描く「何も無い」空気が、私が私で良かったなと思わせてくれる。特にわぁー!と行った山はないのだが、読んだ後に心ほかほか。また読み返そう。そしておにぎりが食べたい。

のんびりできそうな感じがしたので、思わず。 本 【かもめ食堂】 まだ途中ですが。 のんびり。のんびり。 いつか行ってみたい。ヘルシンキ。  

 群ようこといえば無印シリーズを昔はよく読んだものだが、それよりも老年の子供だったか何かの方が印象深い。いや、あれは群ようこではなかったか?何はともあれページを開けた瞬間から漂ってくるあの何とも… このレビューの続きを見る

 人生すべて修行

「幸福な物語」と裏表紙に書かれてた。本当にそうだった。 フィンランドのヘルシンキで食堂を始めたサチエ。 そこにミドリが加わり、マサコが加わり。 30代後半から50代の女性3人。 毎日の常連は、日本が大好… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。日本人女性のサチエが店主をつとめるその食堂の看板メニューは、彼女が心をこめて握る「おにぎり」。けれどもお客 といえば、日本おたくの青年トンミひと… このレビューの続きを見る

うーんうーんうーん。(沈黙)女性文学ってこうなの?こんなご都合主義っていうかヌルい話でオッケーなの?海外で食堂を開くぞぅって決めて資金調達に宝くじ買って1億円当たって老親置いて海外に渡って手伝いの日本… このレビューの続きを見る

かもめ食堂

16:06:By

群ようこ作品らしい、まったりとした物語。 日本の女性がフィンランドで食堂をやろう!と思ったり、宝くじで1億円当たったり、現地で目的のない女性2人と知り合ったり、なんとも現実離れしたお話なんだけれど、穏… このレビューの続きを見る

群ようこ「かもめ食堂」。 本ブログを目指しているのに、ここ2ヶ月くらいほとんど 本のレビューを書いていませんでした。ダメだなあ…。 というわけで久しぶりのレビューです。 映画のほうはだいぶ前に紹介… このレビューの続きを見る

映画はずいぶん前に映画館で観て、 その後もTVでやったのを録画して何回も見たりしてるんだけど、 原作を古本屋でやっと見つけました。 こちらもすごく良かった。 サチエさんがフィンランドにお店を開くまでのエピソードも書いてあって、 気になってた部分が解消された。 映画ももう一度観たくなった。 美味しいシナモンロール食べたいなぁ・・・ JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:小説全般  いつもいつもマンガばかり読んでる訳じゃないんですよ。笑 ということで、今回は最近読んだ中で好きな小説などについて。   まず、「かもめ食堂」。 群ようこさんは昔の小説… このレビューの続きを見る

【★★★★☆】 映画の方を先に見ていて。 大好きなので、原作も読んでみようと思っていた。 ちょうどよく、文庫になって発売されているし、表紙もかわいいのでお買い上げ。 やっぱり映画を先に見ているため、読… このレビューの続きを見る

かもめ食堂

23:26:By よそゆき

JUGEMテーマ:読書 ちゃんとした食事を食べてもらえるような店を作りたい…。 サチエが選んだ場所は、フィンランド・ヘルシンキ! 淡々とこつこつとがんばる人々の物語。 映画「かもめ食堂」の原作です。 … このレビューの続きを見る

3.5

かもめ食堂

03:37:By 36. 5°

外食で働く身として、「あー、根源はこういう気持ちだったんだな」と思ってよんだ。 なんとなく勇気をもらったきがする。

JUGEMテーマ:オススメ感動!お気に入り本! この本の表紙がすごくかわいくてつい手にとってました。 内容は、フィンランドにあるヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。日本人女性のサチエが店主をつとめるそ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 久々に小説?読みました。 うん、こりはやっぱり面白い。 映画はまだ観ていないです。

原作をずっと読みたかったです。 「かもめ食堂」は本と映画、2倍楽しめます。 映画ではサチエとミドリの過去は分からなかったけれど、読んでみて繋がりました。 なぜ、サチエはフィンランドでかもめ食堂をオ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品