DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 有頂天家族 - 森見 登美彦 のレビュー全20件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 有頂天家族 (幻冬舎文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

有頂天家族 (幻冬舎文庫)
有頂天家族 (幻冬舎文庫)で自分のブログにレビューを書く

有頂天家族

おすすめ!4 [4](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:4379位
  • Amazon価格:¥ 741
  • ユーズド価格:¥ 120
  • ISBN/ASIN:4344415264(幻冬舎)
有頂天家族 (幻冬舎文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 4 [4]

 アニメが始まって数話見た頃に購入。しばらく積んであった間にKindle版も買えるようになっててちょっと残念だった。アニメでイメージが湧いていたので読みやすかったです。もう少しインパクトというかパンチ… このレビューの続きを見る

 【森見登美彦 幻冬舎文庫】 堅物だけど小物な長男、井戸の中に引きこもって蛙になった次男、阿呆なマイペース三男、すぐに尻尾が出てしまう四男、という狸四兄弟とその母親、下鴨一家の物語。 語りは三… このレビューの続きを見る

森見登美彦氏の『有頂天家族』 を読了。 これはこの夏アニメにもなっていて、 「まず、アニメを観てから読もう」  と心に決めていた一冊だ。 話がわかるとアニメはつまらない。 原作はアニメでわからなかっ… このレビューの続きを見る

最近の仕事

02:59:By イシイチコ日録

 「ドリームナビ」で『すごい人のすごい話』と『ほんとのこと言えば?』を紹介しています。対談本つながりです。前者は荒俣さんの質問が高度かつおもしろすぎてすごい。後者は岸田今日子さんの回がかっこいい… このレビューの続きを見る

 夏にアニメが開始されるそうで、久米田先生がキャラクターデザインをされたということで興味を持ちました。作者は『四畳半神話大系』『夜は短し歩けよ乙女』の森見登美彦です。監督は攻殻機動隊SSSの演出を務… このレビューの続きを見る

有頂天家族

18:22:By 本の記録

京都に住みつく狸の家族の話。天狗の話。半天狗の話。人間の話であって、 京都ファンタジー!っていうような荒唐無稽な話がおもちろおかしく語られていくのだけれど、 素敵な家族の絆が描かれていたり、ちょっ… このレビューの続きを見る

4

しからしむる

22:54:By koopot

kooです、こんばんは。今日はレビューです今回読んだ有頂天家族最後の展開が面白くて一気に読んじゃって気づいたら深夜二時でしたあらすじとしては狸の名門一家と、そのライバル一家と、落ちぶれた天狗と、天狗を手… このレビューの続きを見る

久々に買いました!! 【有頂天家族】 森見登美彦氏の小説です。 あのなんとも言えぬ不思議ワールドが好きです。 世界に入り込むまでに自分の脳内が追いつくために頑張ります。 ちょっと前に続けて作品を買っていた… このレビューの続きを見る

森見先生の作品が大好きです。その中でもの有頂天家族は、もともと私がたぬき好きなこともあり、一番思い入れの深い作品です超絶可愛いです

第三章まで読んだのだけど、また第一章に戻って読み直しているという…。 そこから先にすすめてないという…。 この本を読んだ知らない人から(←こう書くとあやしいけど)、 「森見さんの作品で一番わろた。」 と言… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ぶらり旅  ハロー!古い順表示のこのブログ、更新に気付く人はいるのか?! 良いんです、一応「ラストメッセージ」でこのブログは終わってるしネ。 このまま思い出にとっておくつもりやったけ… このレビューの続きを見る

待望の『有頂天家族』文庫化! やっほーいヽ(^o^)丿 下鴨神社を寝床にする狸4兄弟の活躍はやっぱり楽しい。宝塚かぶれで雷に弱い母親も、決して姿を見せず、宙を飛ぶ罵詈雑言のみが存在する元許嫁も、皆可愛い。そしてさらりと、結構残酷な部分もありつつ、最後は狸一家の絆にほろりとする。 この本は絶対買い!! ★★★★★

本のレビューって書きたくなる…。。今回も本のレビューです!森見登美彦初の動物が主人公の、「たぬきシリーズ」の第一部作品。 主人公は狸界の長である「偽右衛門」を務めた下鴨総一郎を父に持つ狸界の名門・下… このレビューの続きを見る

  【けれん】…(1)演劇などで、見た目の奇抜さをねらって演出すること。(2)ごまかし。はったり。 痩せたついでに煙草も止めてみた忍です、どうも。今回は意外と大丈夫みたい。まわりにゃあ特に吸… このレビューの続きを見る

4

有頂天家族

10:46:By blue_side

たぬき一家のおはなし。

連日の暑さに辟易していますが、一服の清涼剤になるとすすめられた本です。これも先に続いて京都が舞台の物語。狸さんと天狗さんが出てくる妖しさが好みの分かれるところかもしれない。先の鴨川ホルモーより、全体… このレビューの続きを見る

夏バテで、生ける屍と化している間に小型化していた模様! この日を待っていました。 買わねば♪

本作でも森見さんワールド炸裂。やっぱり森見さんの作品好きだな、と改めて実感。映像化を見てみたい。たぬきさんたちが愛らしい。

JUGEMテーマ:オススメの本 私お気に入りの森見登美彦氏の新刊文庫です。 四畳半神話体系の公式読本に「狸をめぐる物語」を書きたいと言って出版社の人たちに悉く否定され、ようやく幻冬舎が話しにのってくれたと… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品