>
[Amazon] まぐだら屋のマリア (幻冬舎文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

まぐだら屋のマリア (幻冬舎文庫)
まぐだら屋のマリア (幻冬舎文庫)で自分のブログにレビューを書く

まぐだら屋のマリア

おすすめ!3.6 [3.6](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:41758位
  • Amazon価格:¥ 745
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344421574(幻冬舎)
まぐだら屋のマリア (幻冬舎文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.6 [3.6]

原田マハさんのまぐだら屋のマリアを読みました。   内容 東京・神楽坂の老舗料亭「吟遊」で修業をしていた紫紋は、 料亭で起こった偽装事件を機にすべてを失った。 料理人としての夢、大切な… このレビューの続きを見る

再読。人間誰しも持っている悲しみをいかに乗り越えていくかを読者に知らしめてくれる作品。 物語は主人公と言っていい紫紋が死を決意し尽果という地に辿り着き、まぐだら屋のマリアと出会うところから始まります… このレビューの続きを見る

『まぐだら屋のマリア』 読みました。 とにかく料理を題材にした作品が好きなんだけど 作ってる女っていうのが大概いけすかない。 今回も嫌な予感はしたんだけどよりにもよって1番嫌いなタイプだった ファック! ヒロインに限らず作中の女がもれなくアホなので 作者は女が嫌いなのかと思いました。

原田マハ氏の 『まぐらだ屋のマリア』 を読了。 まぐらだ屋のマリア……、まぐだらやのまりあ……、 マグダラのマリア。 そう聖書に出て来るあのお方、 イエスの最後をみとった彼女… このレビューの続きを見る

 「尽果」という海沿いの小さな町。生きることに絶望した人々が吸い寄せられるようになぜか 最後に辿り着く不思議な食堂「まぐだら屋」。ここへ流れ着いた料理人見習いの紫紋と店を切り盛りする謎の女性・マリ… このレビューの続きを見る

関連する商品