DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed やすらかな夜のための寓話 - 崎谷 はるひ のレビュー全12件 JUGEMブログ

>
[Amazon] やすらかな夜のための寓話 (幻冬舎ルチル文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

やすらかな夜のための寓話 (幻冬舎ルチル文庫)
やすらかな夜のための寓話 (幻冬舎ルチル文庫)で自分のブログにレビューを書く

やすらかな夜のための寓話

おすすめ!4.2 [4.2](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:77683位
  • Amazon価格:¥ 700
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344818431(幻冬舎コミックス)
やすらかな夜のための寓話 (幻冬舎ルチル文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 4.2 [4.2]

orz............

22:10:By 放浪腐女子。

し、、、、、死ぬ。。ぎゅうううううっっっっって心臓鷲掴みにされて死んじゃう。(=▽=)やすらかのデモCM聴きました。。http://atis.cc/「じえぃ?」て。なんなのもう。なんなのもう。デモだけで悶え死ねる。。な… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:BL小説 (あらすじ・抜粋)  照英が語る少年時代の慈英は…!?  大人気「慈英&臣シリーズ」、待望の最新刊! 書き下ろし中編収録の作品集!! 好きなシリーズです。 しかし、読後時間… このレビューの続きを見る

刑事の小山臣は、人気画家で恋人の秀島慈英とともに赴任先の小さな町で暮らしている。ある日、慈英の従兄・照映がふたりのもとを訪れ・・・・・・。慈英十三歳、照映十八歳の夏が語られる書き下ろし「ネオテニー<幼形成… このレビューの続きを見る

【あらすじ】刑事の小山臣は、人気画家で恋人の秀島慈英とともに赴任先の小さな町で暮らしている。ある日、慈英の従兄・照映がふたりのもとを訪れ…。慈英十三歳、照映十八歳の夏が語られる書き下ろし「ネオテニー“… このレビューの続きを見る

4.2

おみしゃああああ

22:36:By

『やすらかな夜のための寓話』収録作『ネオテニー〈幼形成熟〉』読みました じゅうさんさい慈英かわいいな! 友人と「このぽっきんアイスの食べ方はありえないww」と爆笑しましたがw 臣さんかわいい。365ペー… このレビューの続きを見る

4.2

260〜263ページに注目

23:56:By

ニコニコ動画 金曜に左上親知らずをついに抜きました ずっと悩まされてた親知らず いきなり抜くことになって抜くときかなりテンションあがっちゃった 歯医者さんもテンション高かったきがするw わたしか… このレビューの続きを見る

スッキリって聞くとマイメロを思い出すよね。 あー。クロミ可愛い。 久しぶりにあのシュールアニメが見たい。  ってことで捺稀とおそらく夏か秋ぶりにご飯行って来た。 あれですよ。 シルフにピンクの指令書… このレビューの続きを見る

4.2

臣さんかわいーっ

00:34:By

ニコニコ動画 はまりました クェイサーの絵を描いたきがするけど寝ぼけて消してしまったっぽい? ともちゃんを描いてたのだけど いまリハビリ中です 絵の ここ数日絵を描いたりニコニコをみたり 以前にも… このレビューの続きを見る

崎谷はるひ「やすらかな夜のための寓話」 「しなやかな熱情」「ひめやかな殉情」「あざやかな恋情」とこれまでに三冊発行されている、慈英×臣シリーズの短編集。 わたしはこのシリーズが好きだ。大好きだ。異常な… このレビューの続きを見る

起きたら17時でした。  ワンピースのおかげでテンションあがってROMが一個完成した。 よかた!! 毎日のようにワンピの劇場版DVDを見てるわけですが、 呪われた聖剣のED曲がすごくよくて、ニコニコでさが… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 【あらすじ】 照英が語る少年時代の慈英は…!? 大人気「慈英&臣シリーズ」、待望の最新刊! 書き下ろし中編収録の作品集!! 分厚い…。 崎谷さんでは珍しくないことですが、ほかのルチル文庫よりかなり厚いです。 これは短編集でなく、中編集ですな…。

JUGEMテーマ:BL小説《あらすじ》 刑事の小山臣は、人気画家で恋人の秀島慈英とともに赴任先の小さな町で暮らしている。 ある日、慈英の従兄・照映がふたりのもとを訪れ……。 慈英十三歳、照映十八歳の夏が語られる… このレビューの続きを見る

関連する商品