>
[Amazon] 裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)
裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)で自分のブログにレビューを書く

裁判官の爆笑お言葉集

おすすめ!3.5 [3.5](28件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:169471位
  • Amazon価格:¥ 778
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344980301(幻冬舎)
裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(28件) 3.5 [3.5]

 裁判官の爆笑お言葉集  著者 : 長嶺超輝  分類 : 327.04

 泣けたああああ>< 裁判官ってなんていいひとなの…! 著者の解説も楽しかった!>< 人情の方は図書館なかったから、司書の先生にいって入れてもらうの! 卒業までに入るかなあ…

 確かに笑っちゃうのあるwww 結構シリアスだったりするから、考えさせられる部分も多々あるけど、 著者の解説がユニークで、もう、楽しすぎるwww まだ途中なんだけどね! なんだったかな、裁判官が犯罪… このレビューの続きを見る

ぱらぱらぱらーとみて借りてきた。 裁判官って、「主文被告人を…、」から入るイメージあるから、なんていうか、無機質に近いものだと思ってたけど、人間味あふれる言葉話すのね、って面白くなった!  ちょーっとじっくり読んでみようかな

JUGEMテーマ:本の紹介 長嶺超輝さんの新書です。 初版は2007年。買ったのは2009年(ブックオフで安く)買ったのですが、家の中で行方不明になり(笑)最近発見、で読みました。 ちょうど、私が北尾トロさんの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般最近この本を読んでいたのですが、とてもおもしろいっす。   ついこの前も、裁判で裁判官が被告人に「バカ」って言っちゃったってことがあったけど、 これはいろんな裁判で、いろんな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review「裁判官の爆笑お言葉集」(幻冬舎新書):長嶺超輝 普段味気ないと思われがちな裁判官の言葉の中から、感情や人情に溢れる言葉を選び出し解説をつけた本です。 裁判官が自分の考えをさ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  コレは凄い。裁判官のイメージ一新。てか、裁判官、ええヒトやん。いや、そらそうねんけど、結構、しみる言葉を吐いたはる。 プチ雑学としての裁判所の仕組みなんてのも面白かった。法治国家つまみ食いのサイトかららしいけど、ここのサイトもちょいと通ってみようかと思った。

JUGEMテーマ:読書 右ページに裁判員のコメント、左ページに事件の背景とライターの感想、という 1 エピソードあたり 2 ページの構成。爆笑ってのは完全にタイトル負けなんだが、エピソードのセレクションは良い… このレビューの続きを見る

みなさんこんばんは!!ニュースZEROを見ながらブログを書いています。「この方法で生きのびろ」シリーズはお休みして、今日は「裁判官の爆笑お言葉集」という本をご紹介したいと思います。この本は裁判官が被告人… このレビューの続きを見る

3.5

難しい

22:57:By ぶろぐ。

結局、この週末に"不可能性の時代"は読破できず。いや、ちゃんと理解して読むには自分のレベルが低すぎる。バックグラウンドとなる知識が無さすぎ。 で、脱線して"裁判官の爆笑お言葉集"と奥田英朗を1冊。裁判は無… このレビューの続きを見る

友人が読んでいて、当時は法曹界への進学を考え始めていた時期だったため、貸してもらうことにした本である。 本の厚さは普通の本とほとんど変わらないが、文章自体は少ないので一時間から二時間ほどで読めてしま… このレビューの続きを見る

どうだろう。微妙。 確かに、面白い話が載ってるのだが これ書いた人って本当に法律わかってんのかって思ってしまう。 少なくとも、学部生から見ても言葉遣いに違和感があるわけで。 法廷モノとして読むと後悔する。 でも、裁判を身近に感じたいとか ただ単に気楽に読むならまぁ、いいのかな。 んー。二度は読まなさそう。

本のタイトルどおりに、『爆笑』・・・にはならんけど、めっちゃ考えさせられる。 本的にはそんな分厚くないけど、 事件のこと考えながら読んだら結構読むんに時間かかった; 被告人の反省してない、って… このレビューの続きを見る

全く笑えなかった。 読んでいるううちに、残虐な事件に鳥肌が立ったり、自分のしたことに対する犯人のあまりにも考えなしの発言にはらわたが煮えくり返りそうだったり、あまりにも辛い状況の被害者の家族に涙… このレビューの続きを見る

爆笑・・・できません、まったく “殺人”や“強姦”や“幼児虐待”の裁判で発せられたお言葉で爆笑できるほどワタクシは器用ではありません・・・怒りこそ感じるが、笑う気にはならない そもそも、タイトルが変・… このレビューの続きを見る

テレビで話題になっていて、 興味を持ったので読みました。 1見開きで1件の裁判について書かれていて、 新書のくせにレイアウトもなんだかオサレ ・・・と思ったら、 ブックデザインが装丁家・鈴木成一さ… このレビューの続きを見る

  「最近本読んだの」と読んだ本がこれだというと、読書家の友人が、 「本当に文字嫌いなんだねw」と笑いました。  本当に文字嫌いです(笑) さて暴露本やとんでも本が多い中、これはもう少し違い、… このレビューの続きを見る

「裁判官の爆笑お言葉集」読了。 最近、裁判を取り上げた書籍が多いようですが。 結構面白いですよね。 これもなかなかです。 「爆笑」だけでなく。 泣かせるようなコメントも多く。 児童虐待事件の関連は、辛い。 そういえばプロ野球選手の脱税事件ってあったよなあ…。

さらっと楽しく読めました。 なかなか心に刺さるもの なんだかなぁと思うもの 色々ありましたが 裁判官もひとなんだなぁと感じました。 大岡越前を思い出してみたり。(笑)

ようやく読んだベストセラー。 悪い本じゃないんです。 むしろ良い本なんです。 でも、 タイトルが悪い。 タイトルは基本出版社がつけるんだろうが、 爆笑はないだろう、幻冬舎・・・ 「片側はお… このレビューの続きを見る

法律をかじったことのない人にとっては、 法律に興味を持つきっかけになるような本だと思います。 薄くて読みやすいですし、内容も軽いです。 私もそうでした。 ドラマなどで裁判の場面はよくでてきますが、 … このレビューの続きを見る

著者ご本人もタイトルに対しての”爆笑”に抵抗を感じておられるようですが、、、 そうです。爆笑のお言葉は無いに等しい。 いろんな裁判官の諭す言葉が紹介されています。 私の心に留まったのは、被害者や被害者… このレビューの続きを見る

爆笑というのはちょっと疑問。 法律を並べて有罪、無罪、執行猶予・・・とか言うだけだと思っていたから、 こういう人間味のある発言もあるのかという発見はありました。 なるほどなと思う部分があったし、素敵な裁判官だなと思う言葉もありました。 でも、読み返そうとは思わないです 生でこういった発言を、聞いてみたいです。傍聴っていうのかな?

TVで紹介されたその日に本屋へ 判決を言い渡したあとに、法廷で裁判官が言った言葉をまとめた本です 法廷で裁判官が、私情を抑えきれず思わず本音をこぼしてしまうコトもあれば 人の心に直接響く「詩」や「名言」などを借りるといったコトもある・・・ 裁判を傍聴したコトがないから・・・直接耳にするコトがない。 どんなコト言ってんだろうとすごく興味があったもので購入しました。

気になってます。 今度購入してみようかな??

―私、あなたのファンになりました― 何で、タイトルに『爆笑』ってつけたんだろう…? いえ、とても面白かったんですが…。ちょっと『爆笑』とは違うんじゃないだろうかと疑問が残るタイトルです。うーん、普通に… このレビューの続きを見る

関連する商品