DB Error: connect failedDB Error: connect failed 凡人として生きるということ - 押井 守 のレビュー全10件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 凡人として生きるということ (幻冬舎新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

凡人として生きるということ (幻冬舎新書)
凡人として生きるということ (幻冬舎新書)で自分のブログにレビューを書く

凡人として生きるということ

3.2 [3.2](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:225366位
  • Amazon価格:¥ 821
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4344980891(幻冬舎)
凡人として生きるということ (幻冬舎新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.2 [3.2]

 凡人として生きるということ 著者 : 押井守  分類 : 914.6

若者をを食い物にしてる大人?おじさんの話なのだけれど、そう言いながら、そうしてるってことが、何とも許せない本だ。ま、幻冬舎だからな、まさに若者をこれでもかとばかりに食い物にするのは、仕方ないのだろう… このレビューの続きを見る

凡人として生きるということ。非属の才能なんてものを読んだ後もあってか、このタイトルが非常に衝撃的であった。著者は攻殻機動隊やイノセンスで有名な押井守。正直彼の考え方は自分の心の奥でもやもやしていた部… このレビューの続きを見る

3.2

幻冬舎

15:10:By 酒心

うおー。 なんなんだー。 頭がパンクしそうだ。 どうも、毛です。 今年に入ってから結構買っているのが幻冬舎の新書。 去年までは光文社だったのが、だんだんとこちらへと移行。 なんつーか、幻冬舎の… このレビューの続きを見る

若さという幻想。 自由という妄想。 才能という錯覚。 現実に“映画監督”という立場をとる筆者の言葉だから、きっと幻想や妄想、錯覚を起こしている者たちに響くかもしれない。

凡人じゃねぇっ と思ったらamazonのカートに入ってた。 天才とはレオナルド・ダヴィンチのように隠し様の無い才能を持つ人。 だから我々凡人は努力するべきだそうだ。 確かにそうだ。 涙も出ないほどに凡人なのでよくわかる。 凡人か努力凡人か,隠れた才能が無いので2択だ。 んじゃ天才は隠し様が無いから1択なのか,我々凡人の方が幸せかもね。 映画レンタルしてこよ。

【読んだきっかけ】 どっかでインタビューを読んで、ああ、『スカイ・クロラ』観にいこう、と思ってたら上映期間が過ぎてしまった。 古本で見かけたので購入。 【感想】 『スカイ・クロラ』の宣伝が最初… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス 本日付の日経新聞で面白い記事が載っていた。 芸術やスポーツや技能など、あらゆる専門分野における天才は いかにして生まれるかという調査の結果である。 生まれつきある分野の才… このレビューの続きを見る

若干酔拳気味。 とりあえず、本日読了。 私らの世代なら、一度は通るという押井先生の御本。 正直、あまり期待をして読んだ訳では無いのだが、それなりに面白かった。 恐らくは"若い世代"に向けた本だと思う… このレビューの続きを見る

大魔導師かく語りき 押井監督がぶっちゃけてくれました。 ある意味「電波男」も目じゃない喪男論だと思います。 目次はこんな感じ。 第一章 オヤジ論――オヤジになることは愉しい 第二章 自由論――不自… このレビューの続きを見る

関連する商品