>
[Amazon] それでも人生にイエスと言う

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

それでも人生にイエスと言う
それでも人生にイエスと言うで自分のブログにレビューを書く

それでも人生にイエスと言う

おすすめ!3.8 [3.8](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:3483位
  • Amazon価格:¥ 1,836
  • ユーズド価格:¥ 598
  • ISBN/ASIN:4393363604(春秋社)
それでも人生にイエスと言うのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.8 [3.8]

和解したとはいっても多分妹と母の二人で私の悪口は言ってると思う。   今は「わかりあえないことを受け容れる」   これだけだ。 ↓それを教えてくれた本たち。  最近「外人の書いたものしか読まないわ!」ときどっていたが、はる奈さんの本はとてもよかった。  

3.8

夜と霧

09:44:By 思ったこといろいろ

題名は「夜と霧」だが、まだ買ってもないし見てもない。   放送大学時代、講師が紹介した本で何度か読んでみようと思うが強制収容所体験を知るのが怖かった。 ・・・でまだ読んでいない。   … このレビューの続きを見る

昨年読んでたのかな…なんどか借りたけどすごくよかったです。買おうか考え中。載せてないけどちょっとは本は読んでます。

夜と霧 新版 意味による癒し ロゴセラピー入門 それでも人生にイエスと言う

3.8

夜と霧

07:58:By 薬の本屋さん

収容所での体験の記述は壮絶で 思わず目を覆いたくなるものがありますが 極限の環境においての 人間観察、洞察の究極の研究成果が ここに記されています  

 著者であるビクトール・フランクルは、戦時中にナチスの手により強制収容所に送られて、愛する家族を虐殺されながらも生き延びたオーストリアの精神科医である。彼が収容所の中で体験したことを、のちに本と… このレビューの続きを見る

  昨今、 「〜の哲学」「〜の思想」などと もっともらしい題を付けた読み物が 巷にあふれている。 が、それらのほとんどはマガイ物だ。 この名著 『それでも人生にイエスと言う』を 読み終えて、まずそ… このレビューの続きを見る

 先日読んだ「夜と霧」が最高に良かったので、フランクルの著書をもう一冊読んでみました。 この本により、「我々は人生に何かを期待する」のではなく、「我々が人生から問われている」という彼の考え方にさ… このレビューの続きを見る

関連する商品