DB Error: connect failedDB Error: connect failed デッドライン仕事術 - 吉越 浩一郎 のレビュー全13件 JUGEMブログ

>
[Amazon] デッドライン仕事術 (祥伝社新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

デッドライン仕事術 (祥伝社新書)
デッドライン仕事術 (祥伝社新書)で自分のブログにレビューを書く

デッドライン仕事術

おすすめ!3.3 [3.3](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:22151位
  • Amazon価格:¥ 799
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4396110952(祥伝社)
デッドライン仕事術 (祥伝社新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.3 [3.3]

 デッドライン仕事術 すべての仕事に「締切日」を入れよ  著者 : 吉越浩一郎

上司のお勧めぁN表顱 著者はトリンプの元代表取締役社長。さすが外資系企業の日本法人社長、発想は完全に外国人。旧態依然とした習慣は日本刀でばっさり真っ二つ!会議は話し合いや報告の場ではなく、戦いの最前… このレビューの続きを見る

そろそろ来年の手帳のことを考える時期がきました。 そういえば、手帳用語で最近知ったのですが、 縦に入った時間軸のことを「バーチカル」というらしいですね!知らなかった。 友人に教えてもらって以来、使う機会… このレビューの続きを見る

 問題の解決策を考えるのは担当者の仕事である。会議では、まず担当者に課題を与えて翌日までに結論を出すよう指示し、翌朝の会議でその説明を受ける。こちらは、その是非を判断するだけだ。会議は「物事を話し合う場」ではなく、「物事を決める場」なのだ。そこを勘違いして、みんなで集まって話し合おうとするから、会議は無駄に長引くのではないだろうか。

 欧米のビジネスマンにとって、「仕事」の対極にあるのは「遊び」である。だから彼らはオフタイムになると積極的に遊ぶ。ビジネス以外の人間関係も広いし、バカンスも長い。(中略) 一方、日本のビジネスマンに… このレビューの続きを見る

勘違いしてはいけないのは、「ワークライフバランス」の「ライフ」とは、人生すべてを指しているわけではないということだ。そこを正しく理解している日本人はおそろしく少ないのだが、ここで使われている「ライフ」は「人生」ではなく「私生活」と訳すべきなのである。 当然、その「ライフ」に「ワーク」は含まれていない。

ビジネス書ばっかり読んでますね。よくない兆候です。 下着メーカートリンプの元社長の、 「これがトリンプを成長させた会社作りだ」 というノウハウの書かれた本です。 ノウハウ自体は興味深いし、この方が… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  自分自身どこまで実行できるか?チャレンジすべき可能性はあると思う。 ここ二年程になるのかな?仕事術の類の本をなんだか読んでいる。 それまではさほど気にしてなかったんだけど、本屋で見かけるようになって 手にとっている。  そんな類の本を数冊読んだ中で、この本が一番有益であった。 厚さもちょうどいいし、値段も気にならない。

JUGEMテーマ:日記・一般 実は最近社内で残業や休日出勤に対して非常に監視が厳しくなっています。 私自身も槍玉にあがっている一人で、業務改善命令が出ています。 私が入社した頃は残業は当たり前、先輩が… このレビューの続きを見る

読んだ本 801と5/6

00:26:By

吉越浩一郎著

JUGEMテーマ:読書 この著者の本は初めてである。読んでみたいなぁ〜と思いつつも単行本を買う ほどではない。基本的にビジネス書って嫌いなのだ。  管理する側の人間が読んでも、会社組織の下の部分で働く人間が読んでも 面白いんじゃないかな?現在の自分の働き方がベストではない、という前提で謙虚な立場&視点で読むと面白いと思った。

第1章 仕事のスピードを3倍にする ──まず、残業を止めてみる ・なぜ、日本のホワイトカラーの生産性は低いのか? ・「時間」を固定すれば、「効率」は必然的に上がる 第2章 即断即決 ──どうすれば決断力は身… このレビューの続きを見る

吉越元トリンプ社長の考え方は共感できる。 仕事にデッドラインをもうけて、スピーディに即断即決で結論を 出して仕事をどんどん前に進めていく。 好きなマネジメントの型である。 「仕事のスピードをあ… このレビューの続きを見る

関連する商品