DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 陽気なギャングが地球を回す - 伊坂 幸太郎 のレビュー全96件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)で自分のブログにレビューを書く

陽気なギャングが地球を回す

おすすめ!3.7 [3.7](96件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:12471位
  • Amazon価格:¥ 679
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4396332688(祥伝社)
陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(96件) 3.7 [3.7]

【伊坂幸太郎 祥伝社文庫】 5月に映画公開するらしい、本作。 『オーデュポンの祈り』、『ラッシュ・ライフ』と、小説的なトリックが満載の話しだったので、映画化はどうかな、と思いつつ読んでみたのですが… このレビューの続きを見る

伊坂ワールド☆☆☆大好き!! 淡々とした中にどんどん引き込まれていく感じがすごいです。 主人公4人それぞれが、個性的で特殊な能力(特技?)を持っている魅力的な人物像。 作中に散りばめられた伏線がパズルのようにはめられていく過程が面白い!!

「陽気なギャングが地球を回す」 作・伊坂幸太郎 ■あらすじ 4人の銀行強盗がてんやわんやで行く物語  ■感想 いやぁ!伊坂サンの書く物語は適わないですな(全・д・)ゞ 冒頭、銀行強盗… このレビューの続きを見る

BUNKO

01:19:By maibu's diary

 JUGEMテーマ:オススメの本文庫本が読みたい気分になったので家族からもおすすめ文庫を借りました。一番右の、イン・ザ・プールはわたくしのです。文庫の中で読みやすいと感じ、面白かった。今回借りたのは重… このレビューの続きを見る

5月に映画公開されます。 http://www.yo-gang.com/ 活字だと面白いんだけど、映画にしたらつまらなそうっていう小説が結構あります。 でもこれは、活字でも面白いし、映画にしても面白そうっていう… このレビューの続きを見る

最近のことを色々書いていこうと思う。<a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm15630734">【ニコニコ動画】『初音ミク… このレビューの続きを見る

さらさらっとすごいスピードで読めました。 愉快な銀行強盗4人のおはなし。 おもろかったーーー てゆか、この本読んでおもったんだけど 愛すべきキャラクターの登場人物がいたら そのひとたちが動いたり、会話す… このレビューの続きを見る

【あらすじ】 相手の嘘を見抜くことが出来る成瀬、性格な時間を計ることができる雪子、スリの天才である久遠、演説の達人である響野。個性的な特技を持つ4人は、ある日運命的な出会いをし、やがて共に銀行強盗を… このレビューの続きを見る

   嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。 四人は百発百中の銀行強盗だった…はずが、思わぬ誤算が!! 強盗の売上を強盗に奪われるって…(笑) ハイテンポで面白かった〜。何よりキャラが良い。 冷静な成瀬が好きだわ〜。 (27日読了)

JUGEMテーマ:読書 読書の秋、満喫していますか? 最近の私のヒットは、遅ればせながら伊坂幸太郎氏です。 実は、この続編「陽気なギャングの日常と逆襲」から、読んでしまった私。 できれば、地球を回すから、読んでくださいね。 4人組のギャングたち、個性的で面白いです。 読んで楽しく、読み終わってす〜っと気持ちいい、そんなシリーズです。 ぜひ、読書の秋、読んでみてくださいませ。 

  引き続き上司が本を貸してくれるので、初めて読む著者の作品を次々読んでいます。 今回はこの2冊。 まず『陽気なギャングが地球を回す』ですが、伊坂幸太郎さん、面白かったです!! そんな細かいことまで… このレビューの続きを見る

もう9月になったというのに毎日暑いですね。それでも少し風が涼しくなったような気もします。このまま涼しくなれー。さて、伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」です。伊坂作品って独特な言葉のセンスがおも… このレビューの続きを見る

3.7

これは(・∀・)イイ!!

23:20:By

JUGEMテーマ:最近読んでる本 WarCraft3のblogなんて誰も読みたくない事は良く判った。 このまま辞めてしまおう もともと、くだらない事を書いて友達を増やしたかったが 無理だと判った。 昔から本が好きだった… このレビューの続きを見る

今さら伊坂幸太郎ですか?って言われそうなくらいに話題の人なのに、ほとんど読んでない伊坂孝太郎です。これで2冊目? 伊坂幸太郎の文章はテンポもいいし読みやすいことはわかっていたのですが、やっぱりテン… このレビューの続きを見る

乾燥させたらガチガチに固まってしまったエジプト産土壌を、粉々になるまで砕き続けるという、 非常に理系離れした実験(実験か?)を毎日続け、さらに週2回のウエイトをこなしていたら、 まるで上半身がグリズリ… このレビューの続きを見る

キャラクターが素敵。若干先がよめた。

読了

04:52:By THE RED NOTEBOOK

読了 

 読み始める

(→2/13) 

  個性的で陽気な4人組の銀行強盗の話。 強盗手順は至ってシンプルで、展開もご都合主義で単純、伏線もわかりやすい(途中で気づけちゃうくらい)のですが、4人組の突出しすぎている個性がそこに不思議な色… このレビューの続きを見る

もう伊坂さんワールド全開な感じです!!! 彼の軽妙洒脱な文章スタイルと物語がすごくマッチしていると思いました。 ストーリーと一見関係なさそうなエピソードも ちゃんとつながってくるので油断せず しっかり読んでいって下さいね 最後の最後のエピソードが実に心憎い!

読みやすい話で面白いはずなんだけど なかなか進まず。 寝る前に読むと眠くなってた。 なんでだろう。

JUGEMテーマ:小説全般 面白かった!!登場人物1人1人のキャラがしっかり確立されてて、現実にほんとにいるんじゃないかって思うくらい。でもありえない能力を持ってる人とかもいるんだけどね〜。これ読むと、こ… このレビューの続きを見る

普段あまり活字を読まない私ですが最近、電車の中で本を読んでたりします。最近読んだ本。痛快、の一言につきる。「映画とかになりそうだな」って思ってたら後からこれがとっくの昔に映画になっていた事を知る(笑)なさそうでありそうな、すごい能力をもった4人の銀行強盗のはなし。私もなにかすごい能力が欲しい。

ロマンはどこだ?

3.7

52冊目

16:40:By ただの日記

 

3.7

先日

22:39:By 1、2の3、でっ!

 携帯をトイレに落としてションボリしました。やまぐちです。 なんか落としそうな気はしてたんですよ・・・そしたら案の定だよ! 救出が早かったおかげか一命を取り留めました。三秒ルールだな!(違) なんだか… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 人の嘘を見抜く男、スリの名人、演説の達人、正確な体内時計を持つ女、四人は人を傷付けない「銀行強盗」の仲間たち。今回も首尾良く銀行を襲撃し、4千万円という大金を強奪したまでは良かった… このレビューの続きを見る

嘘を見抜く成瀬、天才的なスリの技術を持つ久遠、 話し好きで演説家の響野、秒単位の体内時計を持つ雪野。 4人の銀行強盗が織り成すサスペンス小説。 二転三転どころではない最後の展開は スピ… このレビューの続きを見る

4人組の銀行強盗のお話 ロマンはどこだ ● 内容(「BOOK」データベースより) 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった…はずが、思わ… このレビューの続きを見る

 本の表紙とかタイトルで分かるように、非常にポップな内容で最後まで明るく楽しく読める一冊だったと思う!4人の主人公がいて、人の嘘を見抜ける、絶対にバレずにスリができる、体内時計が異常に正確、そし… このレビューの続きを見る

 陽気なギャングが地球を回す               映画化  著者 : 伊坂幸太郎  受賞歴 : 第13回サントリーミステリー大賞 佳作         2004年このミステリーがすごい! 6位

ラノベ嫌い、と言ったら、試しに読んでみなって!とともだちが数ヶ月前に貸してくれたものです。Pよ借りっぱなしすまん!明日返す!とここで言ってどうする!で、やっとその気になって「試しに読んでみ」たんですが… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎読み進め計画も着々と進んでおります。 今回は初めて映像化された伊坂作品「陽気なギャングが地球を回す」を読みました。 伊坂作品は映像化とすこぶる相性がよく、この作品以外にも「死神の精度」「… このレビューの続きを見る

 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金… このレビューの続きを見る

も読みましたー 軽いです 私的には面白いけどいまいち・・・・先が読めた でも、一人一人はすごい好きw キャラクターは好きねんけど、お話し的にはうーんかな? 続き物もあるみたいで読みたいな♪

ようき 【陽気】 気分。にぎやかで明るいこと。また、そのさま。 「お酒を飲むと、―になる」 ぎゃんぐ 【ギャング】 ?暴力的犯罪者のグループ、日本で言うところの強盗団。  ?銀行強盗団。 嘘を見抜く名… このレビューの続きを見る

 伊坂幸太郎、初めて読みました うん、きっと映画が好きなんやろーな、って思うようなストーリー展開と状況 はっきり言っちゃえば、こんなシーンがどっかの映画であったような・・・・・って思えるような 最初の… このレビューの続きを見る

面白いですよ、この本。 痛快なはこびで こうなったらいいな〜 と思うほうに物語が進んでくれる、 後味のさわやかな話です。 銀行強盗が、本業なのか?全うな仕事もしながらの副業程度なのか 主人公たちが軽い!… このレビューの続きを見る

 あらすじ嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、思わぬ誤算が。せっかくの 「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃… このレビューの続きを見る

またまた読みました^^ 大好き!伊坂幸太郎さんの 陽気なギャングが地球を回す 良かったー なんていうか、 重力ピエロとかと比べると かなりバラエティ(笑) でも面白い! あらすじドウゾ どんな嘘も見抜いてし… このレビューの続きを見る

「ロマンはどこだ」成瀬さんに惚れた。映画も観たい。銀行襲撃シーンたまらん。響野さんの演説が好き。

 ☆あらすじ(文庫裏より) 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった・・・はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売り上げ」を、逃走中に… このレビューの続きを見る

かつてこんなに楽しい犯罪小説があっただろうか?(2004/06/18) 伊坂幸太郎の作品ってほとんどが仙台が舞台だが本作は横浜が舞台である。 持ち前の“軽妙洒脱な会話”と“緻密な構成”で持って多くのファンを獲得した氏の作品において、本作は遊び心満載のエンターテイメント作品となっている。 今や読者を本に没頭させてくれる力は他のどの作家にも引けをとらない。

すんごい面白かった!! 文字だけなのに、軽快なテンポ感。 銀行強盗するシーンはどきどきしたし、 べったべたな展開だったけど、読み終わったときにスカッとしたなー。 響野すんごいいいわ〜。 しかし、お前の能力は銀行強盗に要らないだろ!!(笑) いや、しかし、ロマンか、ロマンだー! 映画版の方もみたいな〜。  

採点: 5.5点 最高の物語だと感じた『重力ピエロ』以来の伊坂幸太郎作品。良い意味で軽快な、悪い意味で軽い小説だった。氏の作品の中でも非常に読みやすい部類に入る作品ではないだろうか。ちなみに私はそれほど… このレビューの続きを見る

陽気なギャングが地球を回す 出版社 / 著者からの内容紹介 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、思わぬ誤算が。せっかくの… このレビューの続きを見る

 『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎の小説。4人の銀行強盗を中心としたお話。ストーリーは正直、先が読めます。でもでも、会話が、会話が面白い。伊坂さんの小説は会話のセンスがすばらしい。どんな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。 この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、思わぬ誤算が。 せっかくの「売… このレビューの続きを見る

タイトル:陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫) ハイテンポな都会派サスペンス。 装丁に惹かれて買ったみた本。意外とおもしろかった。最後まで飽きずに読めた。 それも会話の軽快さと小気味いい話のテン… このレビューの続きを見る

181

20:18:By tubutub u

旅しながら とか ちょこちょこ読みすすめて読了。 ひとり映画で当時みていたので 登場人物は映画のままに頭を動く やっぱり本のほうがおもしろい。 言葉のやりとりが軽快で巧妙で そのひとつひとつに顔… このレビューの続きを見る

(あらすじ) 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。 この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった・・・ はずが、思わぬ誤算が。 せっかくの「売上」を、逃走中に、 あろうこと… このレビューの続きを見る

さすが伊坂幸太郎さん!!! だいぶ前に読んだけど,印象つよすぎて 読み返してしまったよ--。 ぜっっったいオススメする^^ キャラ濃いのに, なんか受け入れられちゃうんだよねぇ。 漫画も読んだことあるけど, わたしはこっちの方がすきかな。

「陽気なギャングが地球を回す」(伊坂幸太郎) 人間ウソ発見器男、ロマンを愛する演説の達人(自称)、若き天才スリ師、絶対体内時計女。 そんな4人が揃ったら、一体何が起こる? ショウのような犯罪を!サーカス… このレビューの続きを見る

面白かった!★4.5。 同作者の「ゴールデン・スランバー」がかなり面白かったので、 他の作品も読んでみようと手にとったのがコレ。 軽い気持ちで読めそうだぞと期待大で読み始め、 その期待は裏切られること… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 嘘を見抜く名人、天才スリ、 演説の達人、精確な体内時計を持つ女。 この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった ……はずが、思わぬ誤算が。 せっかくの「売上」を、逃走中に… このレビューの続きを見る

多分タイトルだけなら最初に知った作品。やっと読みました。 話は…おもしろかったです。でも、すごくおもしろかった!ってなれなかったのは、このテンポのいい作品を、仕事の合間にちまちま読んでしまったからで… このレビューの続きを見る

本はさいこー ちょっと、スナッチやロックストックなどに通ずるものがあり、 その手のものが大好きなわたしは、 ニヤニヤが止まりません。 特に、演説がGOOD。 映画は・・・・ 配役は好きな方ばか… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 どうやら、既に映画になっているらしい作品。 もうあたし、伊坂作品は相当読みましたが、これもさすがな作品。 というか、ここまで読むと、もう、 「あー、これが伊坂だな」ってくらいにな… このレビューの続きを見る

文庫になるのを待っていた ちょうど文字疲れのときの読んだので、かなり飛ばして読みました。 もう会社の人に貸してしまったので、戻ってきたらきちんと再レビューしまs

初伊坂作品。 テンポが早くて飽きずに読めた。 成瀬さんがかっこ良すぎ。

『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎 読了。 またもや伊坂作品。ノンストップ(笑) これもかなり面白かったです。本当にどうしてこんなにキャラが立つのか。 どんな嘘も見抜く成瀬。演説の腕はピカイ… このレビューの続きを見る

嘘を見破る人、スリの人、演説の人、時計の人。 4人の「人」が集まって、完璧な「銀行強盗」をする。 「それが、ロマンだろ?」って。 全部上手くいったはずなのに、どこかが違う。 登場人物の飄々とした人物像が好き。 あんなサバサバしていたら、それはカッコいい! 物語は多少の「驚き」があって、「納得」がある。

ロスの旅のお供の1冊に、見事選ばれた子でございます。 というか、旅立つ前日に買ったんでね。丁度いいやーと連れて行き、機内で読みました。 いやぁ〜、これ面白かった!! 全然展開が読めなくて、早く先が知… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 すきすきー こういうテイスト。 嘘を見抜く才能をもった成瀬と 口から出まかせをつかせたら右に出る者はいない響野と スリ名人の久遠と 正確な体内時計を持つ雪子。 この非凡な4人組… このレビューの続きを見る

このブログ初のレビューをしようと思います! この本は1年ぐらい前に読みました。 当時はなんやねんこれは!ってぐらい感動しました。 登場人物のかっこよさといいハイテンポなお話がたまらなかったです。 … このレビューの続きを見る

≪内容≫ 嘘を見抜ける成瀬。話出したら止まらない響野。スリが得意な久遠。体内時計がある雪子。この4人が集まれば、強盗事件が起こる。それもロマンを漂わせながら。 「せっかく盗んだ金を1人も手にしないなん… このレビューの続きを見る

もうすっかり伊坂幸太郎の虜です。 魅力的な登場人物に、ストーリー展開。ほんとに面白いのでかなりオススメ。 彼の本は、どの作品でも巧妙な会話が繰り広げられるところが好き。 特にこの本はそれが軽妙に表現されてる。続編も読まなくっちゃ。

『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎

一気に読むのが小説の読み方ですが、 伊坂作品は本当に読み始めたら最後までノンストップ。 話の続きが気になってしまって、読み終えずにはいられません。 本作も魅力的な人物がたくさん登場。 テンポよくお… このレビューの続きを見る

●読み終えた。最後のほう、読みながら「ん? あ、分かった、アレだろ」なんて少し解った。進歩したな、すげえじゃん(俺)。って少し思った。 四人の会話がとってもいい。テンポよく、センスよく。そこらへんは今まで読んだ伊坂作品の中で一番だって思いました。

小難しい話とか 怖い話はいやなのです、 こーゆーお話がいい。 なんていうんだろうか、 こうゆうジャンルは。

http://jugem.jp/mono/asin.php?asin=4063721426 最初に読んだのが上の漫画版。テンポ良くてそこそこ面白かったと思うのですが、ラストが思い出せません・・・何故・・・原作と一緒だっけ?アレ?? 「ラッシュ… このレビューの続きを見る

夏休みの補習地獄で本を読む気すら起きなかったのですが、漸く読書再開。 夏休み一発目は映画化もした有名なこちらの作品です。 これは重力ピエロやオーデュボンの祈りとは違って比較的さらっと読めました。 … このレビューの続きを見る

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女、四人の銀行強盗は百発百中。ところが、ある日逃走中に現金を奪われてしまって…。 わたし、伊坂さんの作品を「スゲー!やっぱ伊坂天才!大好き!… このレビューの続きを見る

面白い。 この一言だと思った本。 のらない気分をスカッとさせてもらった本。 えー!?とか思ってると、面白くて笑っちゃうような結末。 個人的に、成瀬がめっちゃ素敵です。 成瀬みたいなクールな人好きです… このレビューの続きを見る

あるグループが銀行強盗を試みるんですが、 基本的に血は流れないし、陽気に、愉快にストーリは進んでいきます。 こういったテイストはなかなか味わえないんじゃないでしょうか。

特殊能力を持つギャングのお話と聞いて、思い浮かぶのは何でしょうか?格好よいプロ集団?超能力集団?現実離れしたストーリーや派手な演出などでしょうか。 けれど描かれているのは、個性的な面々というだけの一… このレビューの続きを見る

必ず嘘を見抜く男・成瀬、スリの天才・久遠、演説の達人・響野、 正確な体内時計を持つ女・雪子。4人は銀行強盗を企み実行する。 計画は大成功…のはずが逃亡中、別の強盗と出くわして盗んだ金を奪われてしまう。 奪い返すべく強盗の一人の家に侵入するがそこで見つけたものは…。

入院中にオススメで持ってきてもらった一冊。 ちょうど1年前に出会った伊坂幸太郎初体験♪ 映画化前ということで宣伝も見たんだけど、やっぱり小説が面白い☆ ばらばらに進行していた一人一人のストーリーが纏まっていく展開が好き。 気軽にトライできる伊坂作品導入向きです。 他の作品に比べてライトノベルっぽい感じ。

あっ、これってルパン??? 個性的で、強盗なのに憎めないキャラクターたちがいい。 展開は驚くようなものではないけれど、その軽さがいい。 2冊読んで、伊坂さんは、陳腐だけれど、そこが逆に魅力になってる作家だなとおもった。 もっと読んでみたい。 個人的には章のはじめについている辞書っぽいコーナーがツボだった(笑)。

とても楽しめる作品でした。 今まで読んだことのないストーリー性で登場人物の設定もよかったです。

最初ははっきり言ってつまんねーとか思いながら読んでましたエヘ☆響野さんの素敵演説とか、部分的に面白いなーと思う部分はあったんだけども。たしかに登場人物はみんな濃くて愉快ではあったんだがそれ以上にはどう… このレビューの続きを見る

ギャング! まさしくこんな話に打ってつけの語り口だったのね、伊坂さん。と感嘆。 そうだよねぇ、あの真剣な時に不意にコケる面白さ、 その才能がより引き立ってしっくりくる作品になってます。 面白い、最後… このレビューの続きを見る

面白かったな、これ。 ギャングのキャラ設定が、とてもいい。

映画にもなりましたね。 色んな特技も持った4人に男女が銀行を襲う話。 登場人物はどこか憎めない魅力的な人ばかり。 映画の配役を知っていて読んだけど、(映画は見てない) 成瀬役が大沢たかおさんとい… このレビューの続きを見る

今日もやることは得にないのでレビューでもしようかなっていう感じです。今日のは陽気なギャングが地球を回すっていう本なんですが、なんといっても面白い!結構長いんだけどそこがいい! スリの達人、人間嘘発見… このレビューの続きを見る

≪出版社 / 著者からの内容紹介≫ 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。 この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、思わぬ誤算が。 せっかくの「売上」を、逃走中にあろ… このレビューの続きを見る

 最近いやらしい犯罪が増えています。いろんな意味で。  で、たいていの犯罪、というか、全ての犯罪において必ず存在するのが「言い訳」だと思うんです。「お金が欲しかった」とか「むしゃくしゃしていた」と… このレビューの続きを見る

昨日録画しておいた南場智子、出演番組をみる。 夜勤明けも何のその、前のめりにみることができました。 泣く子も黙る,寝てるオヤジも起きる、マッキンゼーの仕事力+人事力 恐るべし♪ では、おやすみなさい

個人的に久遠はおしゃれめがねで天パで細身イメージ 久々のキャラの濃い小説を読んだなぁという感じ、です。 映画キャストは雪子さんだけ納得。響野は素の唐沢さんあたりのイメージ。 んで成瀬が佐藤浩市かな… このレビューの続きを見る

映画にもなった、話題の作品をやっと。 新書で気になっていたのですが、文庫になったので買いました。 文庫になった途端、2作目の「日常と襲撃」ばかり本屋に並んでいるのには困った。 さて、語り口は非常軽妙… このレビューの続きを見る

3回あるうちの1回の受験が終わったから羽を伸ばそうと思ってずっと本読んでた。 (20日にまた受験なのにね!休む暇ないはずなのにね!) 伊坂さんのお話はやっぱり面白いなあって思う。最初は点が散らば… このレビューの続きを見る

読み終わりました。 と言っても、読むのは2回目。 以前図書館で借りて読んだんだけど、今回はわざわざ買ったんだよ。 でも、お金払う価値ある1冊(私はひたすら図書館派) なら最初から買えよって話よね(笑) … このレビューの続きを見る

関連する商品