DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 陽気なギャングの日常と襲撃 - 伊坂 幸太郎 のレビュー全20件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)
陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)で自分のブログにレビューを書く

陽気なギャングの日常と襲撃

おすすめ!3.7 [3.7](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:7267位
  • Amazon価格:¥ 710
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4396335210(祥伝社)
陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 3.7 [3.7]

 【伊坂幸太郎 祥伝社文庫】 前半が連作短編集めいた4編。 後半は前半の伏線を回収しつつの、お馴染みの4人組みによる強盗、誘拐事件、カジノ潜入などなどもりだくさん。 途中で久遠が捕まったり、銃… このレビューの続きを見る

前作「陽気なギャングが地球を回す」の続編。 前半は4人の主人公たちのそれぞれの日常が描かれ、後半は4人での襲撃。 前半の日常部分は単なる日常かと思いきや後半に繋がる伏線がきっちりおかれていて、さすが伊坂ワールド!とゆう感じ。 前作では成瀬さんは「頼もしい!良い人!」ってイメージやったけど・・・まぁまぁ問題児(笑)

 作家別マイベスト14回目です。今回は、伊坂幸太郎さんで行きたいと思います。「陽気なギャングが地球を回す」「死神の精度」「フィッシュストーリー」「アヒルと鴨のコインロッカー」「重力ピエロ」「ゴー… このレビューの続きを見る

嘘を見破る名人、スリの天才、完璧な体内時計を持つ女、演説の達人、 誰も傷つけること無くスマートで陽気な銀行強盗達によるそれぞれの日常の話。 そして、銀行襲撃の後に、ひょんな事から誘拐事件に首を突っ… このレビューの続きを見る

  こんばんわ。 今日も暑かった。外出時間は短かったけど、焼けた。 さて、今日は最近読んでなかったかる〜い小説です。 前作「陽気なギャングが地球を回す」の続編で、前作同様に個性豊かな主人公たちが… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 一人は相手の嘘を瞬時に見分けることができる男・成瀬、一人は話し始めると何時間でもベラベラと喋り続ける男・響野、一人はどんな相手からもスリを働くことができる男・久遠、一人は1秒まで… このレビューの続きを見る

新書サイズを買ったはいいけど、サイズ的に読む気にならず、 ついに文庫版を買いました。 やー、やっぱり面白いなあ。 伊坂の血圧の低い感じのユーモアがとても好きです。 成瀬かっこいいなー。 クールで無駄がなくて。 『地球を回す』が好きな人なら楽しめると思います。

乾燥させたらガチガチに固まってしまったエジプト産土壌を、粉々になるまで砕き続けるという、 非常に理系離れした実験(実験か?)を毎日続け、さらに週2回のウエイトをこなしていたら、 まるで上半身がグリズリ… このレビューの続きを見る

 イマイチと言いつつ  続編を発見したのでゲット。  こっちの方が全然おもしろーーい。  前作を踏まえて、キャラとかちゃんと理解してるからかな。  これも映画化されてるんで  それぞれを当てはめて読んだけ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般   おもしろかった〜♬♬前作に続いて一気に読んでしまいました。 ほんと、この4人はいいキャラしてるなぁ。一人ずつしか登場しない短編でも十分おもしろい!4人がそろうと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 長野からこんにちはー 相変わらずぐーたらしとります。 なにしろ車がないとどこにも行くところ無いですからね。。。 プチ引きこもりですよ。 さてさて、今回は本のレビュー。 ずっと前に買… このレビューの続きを見る

  「陽気なギャングが地球を回す」の続編、あの銀行強盗4人との再会。しばらく時間をおいてからの再会なのに、キャラクターが濃いためか、一人ひとりを鮮明に思い出す。そして「陽気なギャングが地球を回… このレビューの続きを見る

登場人物のおさらいをしてみよう。 +++++++++++++++++++++++++++ 〜銀行強盗(ギャング)の皆さん〜 ○成瀬 嘘を見破る名人。市役所の地域生活課に勤めている。 ○響野 演説の達人… このレビューの続きを見る

「陽気なギャングが地球を回す」の続編です。 やっと文庫版が発売されました。 今回は4人それぞれの日常が描かれながらも連作小説のようになっています。 今回も何故彼らが銀行強盗をするのかという理由は描かれ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 どんな嘘でも見抜く男、巧みな演説で人を煙に巻く男、天才的なスリ師の男、正確な体内時計を持つ女。四人は銀行を襲撃するチームだった。前作『陽気なギャングが地球を回す』の続編で、それぞれ… このレビューの続きを見る

 陽気なギャングが地球を回す の続編なんだけど、非常に惜しい作品だったね^^^というのも、前作は主人公である銀行強盗4人組が強盗したり、トラブルに巻き込まれるのをメインに扱ってたんだけど、今回は… このレビューの続きを見る

ご陽気続き。

10:36:By ザラメバ

文庫版になるのを待ってました。 やっぱ楽しいな〜。強引なお人よしだな〜。 やっぱ奇数より偶数がいざという時、いいよね。

「 今の日本で、公衆電話を探すのは至難の業かもしれない」「本当に大変だったぞ。どこもかしこも撤去されているし、よっぽど、歩いている若者を殴りつけて携帯電話を奪おうかと思ったくらいだ」「すぐに公衆電話が… このレビューの続きを見る

 20090914

「陽気なギャングが地球を回す」の続編。 演説の達人、嘘を見破る才能、スリの天才、体内時計を持つ技巧派運転手。 2人でも3人でもなく4人だからできるロマンある銀行強盗。 前作で活躍した4人の日常がそれぞれに描かれていて、 銀行強盗さん達の普段の生活が垣間見れてとても面白い。 短編でそれぞれの日常の一幕を描きながらそれだけで終わらないのが更に楽しい。

関連する商品