>
[Amazon] 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実
日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実で自分のブログにレビューを書く

日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実

3 [3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:417616位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4396612273(祥伝社)
日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3 [3]

1950年、六・二五韓国戦乱(朝鮮戦争)が起こると、中国は侵略者の金日成を援助して、韓国に莫大な数の人民の犠牲を生ぜしめ、反撃した国連軍と韓国軍が、同年11月21日、北朝鮮全土を占領し、宿願の南北統一を目前に控えた矢先、またもや中国共産軍は、約150万を動員した人海戦術で金日成北韓軍を助けた。そのため民族の統一は挫折した。

 大国を誇った東方族が俄かに同化された理由は、三国の中で最小であった新羅が敵対していた唐と連合して、百済と高句麗を背後から攻め滅ぼし、広大な国土を唐に譲り、自らを大唐国新羅郡に甘んじたためで、それ以… このレビューの続きを見る

 夫を北に拉致された家族の悲しみは言いようがない。それも、夫を失うことに加えて「連座制」によって、残された家族までが北の共産匪賊(パルカンイ)と見なされ、(中略)その子どもたちは「パルカンイの子」とレッテルを貼られる。そうなると就職も事実上不可能となり、その結果自殺を考える者も多い。 これが、戦後60年の韓国という国家の知られざる真の姿である。

 1953年、韓国の南北が休戦したとき、チャーチルは韓国を「私は74歳まで、その流血の国を聞いたことがなかった」と言った。チャーチルほどの博学な政治家が、韓国を知らなかったというのは、われわれをして反省を促しめる。

 一つには戦時中の日本で欠乏していた銅を、一般市民に供出させたが、朝鮮においてそのやり方が強引すぎて、しかもその代償がなかったことが挙げられる。とくに朝鮮では、祭壇の器具がほとんど銅製品であったが、… このレビューの続きを見る

わずか32年間で人口がほぼ倍増しているという事実は、いかに日本統治を否定する議論が提起されようと、それらを無意味にするものといえるだろう。 李朝518年間は、現在の北朝鮮と同じく、数人の王朝人と両班が国家… このレビューの続きを見る

李朝518年間、枯死同然の土地を再生させて蘇らせた功労者の中で、野口遵(のぐちしたがう)と彼の同僚の多くは、この地の土となって朝鮮の国土と百章を肥やし、奨学金を与え、賢人を育成した。野口はこの国の最高級… このレビューの続きを見る

関連する商品