DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 新釈 走れメロス 他四篇 - 森見 登美彦 のレビュー全56件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 新釈 走れメロス 他四篇

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

新釈 走れメロス 他四篇
新釈 走れメロス 他四篇で自分のブログにレビューを書く

新釈 走れメロス 他四篇

おすすめ!3.4 [3.4](56件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:424912位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4396632797(祥伝社)
新釈 走れメロス 他四篇のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(56件) 3.4 [3.4]

いつも笑わせてもらう森見作品。「山月記」や「走れメロス」は微妙に原作をのこしつつ、森見世界を満喫させられる作品です。 舞台は全て京大なんで、前作品の登場人物とかが出てきます。単品で読んでも面白いけど、… このレビューの続きを見る

  絶対無理だと思ったのに 私頑張った\(^0^)/ 1日で読んでやったぜ これで全部読了! 読めずに返すことなくってよかった なんか損した気分になるもん さてさてレビューしますねん

内容(「BOOK」データベースより) 異様なテンションで京都の街を突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、五つの傑作短編。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 

新釈 走れメロス 森見登美彦 祥伝社 「山月記」 「藪の中」 「走れメロス」 「桜の森の満開の下」 「百物語」 誰もが知ってる名作を現代の京都を舞台に置き換えて書かれた作品。 表題作、にやにやしながら読んでしまう。新釈のメロスとセリヌンティウスの一筋縄ではいかない友情に乾杯。詭弁論部のメンバーとの軽快なやり取りも好き。

新釈とつけられたとおり森見登美彦ファンにはたまらない一冊。 かくも有名な「走れメロス」。 森見さんが手掛かるとこうも違った面白さになり、 それでいてなおかつ未だに「走れメロス」なんです。 こうも縦横… このレビューの続きを見る

3.4

筆力

13:59:By Re: みちくさ

図書館にて、タイトルに惹かれ、借りてきたもの。たまたま今、太宰の『人間失格』が漫画家の古屋兎丸氏の手によって現代風にアレンジされた作品を読んでおり、近代文学は、現代というフィルターを通るとこんなカタ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  森見登美彦著『新釈 走れメロス 他四編』を読了。  文学の名作を森見登美彦がアレンジしたら、こんな短編集になるんですね。雰囲気はそれぞれ違っているけど、どれも森見登美彦だなぁという感じ。  以下、ネタバレ感想。 

  表紙もいいし中身にも絵が描いている。  自分は桜の森の満開の下が一番良かったです。山月記は原作を愛しすぎているのでそれをもちろん越えられない。いや越えることを目指しているのではないのだが。それにしても森見、愛すべきトホホである。

3.4

ピアノフォルテ

20:14:By knock ; lucK

+ 『ゼルプの裁き』ベルンハルト・シュリンクの推理小説。文章のせいか、なんなのか、推理小説の中でかんがえるとなんとなくかたくるしい、整った小説だなあと云う印象。それにしても、どの本読んでもナチとか人権… このレビューの続きを見る

 異様なテンションで京都の街を突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、五つの傑作短編。 森見ワールドです。 「山月記」  「藪の中」 「走れメロス」 「桜の森の満開の下」 … このレビューの続きを見る

 

森見さんの話は↓の1冊しか読んだことがなかったので借りたものです 森見さんふうに変身した古典作品たちはどれも生き生きと現代ふうになっていてこれもまたかわいらしかったです 読んだことある作品であれば、… このレビューの続きを見る

異様なテンションで京都の街を突っ走る表題作をはじめ、 先達への敬意が切なさと笑いをさそう、五つの傑作短編。 (「BOOK」データベースより) 読みやすさ: サクサクっす。2時間いらないくらい。 内容: … このレビューの続きを見る

3.4

今日から4連休

13:56:By Freedom

文学史に載っている有名な作品を森見さんが模した作品集。 「山月記」と「走れメロス」は元を読んだ事があったので印象に残りました。 1番面白かったのは「走れメロス」。 「百物語」の原作を読んでみたいです。 森鴎外は読んだ事が無いし。

新訳ではなく、<新釈>です。 面白かったーー。 『山月記』『走れメロス』『百物語』は知っていたけど 『藪の中』『桜の森の満開の下』は寡聞にして知らなかった。 しかも、『山月記』は全て読んだあとにやっ… このレビューの続きを見る

読み始める

[出版社商品紹介] 「走れメロス」他、誰もが知っている名作短編を現代の京都に蘇らせて5本収録。気鋭が放つ古典的名作リミックス集。 収録作品:山月記/藪の中/走れメロス/桜の森の満開の下/百物語 … このレビューの続きを見る

obaさんお薦めの森見さんの本を読んでみようかなーと思っていたらdskさんが持っていたので読みました。ブラボーですね、モラトリアム。

---------------------------------------------------------- 楽しませていただきました。 森見さんて天狗好き?

メロスはセリヌンティウスとの友情を示すために 様々な困難を乗り越えて親友の下へ走った。 芽野史郎は芹名とのひねくれた友情を示すために 多くの追っ手を巻きながら京都中を逃げ回った。 筆者が惹きつけられ… このレビューの続きを見る

[新釈]走れメロス 他四篇 森見 登美彦著、祥伝社 中島敦「山月記」、芥川龍之介「藪の中」、太宰治「走れメロス」、 坂口安吾「桜の森の満開の下」、森鴎外「百物語」。 上記の古典的短編を、森見登美彦流に… このレビューの続きを見る

3.4

新釈 走れメロス 他四篇

19:41:By

JUGEMテーマ:小説全般最近、森見 登美彦さんの作品を読みあさっておりますieieです。 今回紹介する作品は、古典名作を大学生の私生活で描いたらどうなるか? 的な作品となっております。 ieieは走れメロスく… このレビューの続きを見る

図書館貸し出し(→5/9)

あまりのつまらなさに、山月記、藪の中、走れメロスの途中まで、で返却期限が来てしまった。 今人気だから頑張ろうと思ったんだけどなんか無理だった。特に走れメロス。なにこれ、おもしろいの??宗教かなにかですか、と私は思ったんだけど…。 これがおもしろくないと感じるわたしが異常なのかな。。。 ちょっとしばらくこの作家に触れることは無いような気がします。

 へんてこりんな短編集だったけど面白かった。どの話もよかったな。  元ネタでちゃんと内容覚えてるのは「山月記」と「走れメロス」だけだなあ。「藪の中」は読んだはずなのにすっかり忘れてるし(何せ読んだのは… このレビューの続きを見る

名の知られた5つの古典的短編を、現代に置き換えて書かれた話 5篇ともが全くの独立した話ではなく、微妙に関連しあっていました。 表題作の『走れメロス』は“まさかそんな風に走るとは・・・”と可笑しく驚きました 『桜の森の満開の下』だけは坂口安吾原作の話を少しも知らなかったので、今度読んでみたいと思います JUGEMテーマ:読書

新釈 走れメロス 他四篇 / 森見 登美彦 誰もが知っているような有名な作品を、舞台を現代に置き換え新たな形で甦らせたもの。 確かに元の作品が下敷きになってはいる。しかし、雰囲気やらテンションやら、異… このレビューの続きを見る

走れメロス

12:29:By rosism

森見氏はこれが三冊目かな。 象の尻とか乙女ネタが出てきてにやにやしてもーた。 メロスの疾走感が好きだなぁ。 原作読んだことあるのは山月記とメロスだけだったけど他のも面白かった。 桜〜は元のやつ読んでみたいね|ω・`) 有頂天家族も借りたからこれから読むつもり。 きつねのはなしは学校にあったから借りてくるつもり。 森見氏ブームはしばし続きそうな予感(o´艸`o)

名著を現代風にアレンジ?リミックス?するとこうなる、という実験的な作品。「走れメロス」「山月記」「藪の中」は読んだ事あったけど、他2作品は原作の内容を知らなかった。 ん〜図書館で膨大なリクエストが入… このレビューの続きを見る

んーと……。 「走れメロス」は「夜は短し歩けよ乙女 side B」って感じのバカっぽさ全開で楽しかったけど、他のはどうだろう。 面白くないことはなかったけど、「藪の中」と「桜の森の満開の下」はオリジナルのイン… このレビューの続きを見る

森見さん大好きです(告白)。 何これどこをどうしたらあの名作があんなになっちゃうの!? その奇想天外すぎる発想は一体どこからでてくるの! おもしろすぎて一気に読んでしまいました。これは原典のファンも… このレビューの続きを見る

近代文学リミックス集。 これでいまのところ本になっている森見作品制覇! 「走れメロス」以外、名前しか知らない作品が多かったんですが それでも楽しめました。 でも元の作品知ってた方が楽しめたんだろう… このレビューの続きを見る

有名な古典を元に作られた短編集。偏屈どもが京都を跋扈しております。 元になってる作品読んだこと無いのでどういう風にアレンジしているのか分からないのが寂しい・・・。太宰治なら前に古本屋で買ったのが本棚… このレビューの続きを見る

ちょっと面白かった。 5編の純文学作品を、森見らしく京大を舞台にリメイク。やっぱり京大なのか、と嘆息せずにはいられない。が、うまいことそれぞれの話のエッセンスが生きてる感じ。他の小説に出てくる樋口… このレビューの続きを見る

これは、これは…見事に原作の伝えたかった事を潰してくれています。 それを面白いと取るか、何と無礼なヤツ、と取るか。 それは個人的な見解で分かれるのではないでしょうか。 ちなみにどちらかと言えば私は後者… このレビューの続きを見る

あの名作が、京の都に甦る!? 暴走する恋と友情―― 若き文士・森見登美彦の近代文学リミックス集! その時、彼の腕を通りすがりの女性が必死で掴み、「ちょっとすいません!」と叫んだ。思わず見返した相手は驚く… このレビューの続きを見る

あの名作が、京の都に甦る!? 暴走する恋と友情ーー 若き文士・森見登美彦の近代文学リミックス集! 異様なテンションで京都の街を突っ走る表題作をはじめ、 先達への敬意(リスペクト)が切なさと笑いをさそう… このレビューの続きを見る

 す き で す !  絶対元ねたが読みたくなる。表題作はギャグとしての完成度が高すぎる。あと芹名!

☆☆☆★ 「新釈」とあるように、有名古典5作を森見風にアレンジした短編集。 私は「薮の中」と「百物語」の2作の原典が未読です。元ネタを知っていたからこそ楽しめた部分もあり、またその逆も有りという感じでし… このレビューの続きを見る

「あるのだ。そういう友情もあるのだ。型にはめられた友情ばかりではないのだ。声高に美しい友情を賞賛して甘ったるく助け合い、相擁しているばかりが友情ではない。そんな恥ずかしい友情は願い下げだ!俺たちの友… このレビューの続きを見る

「夜は短し歩けよ乙女」ほどの衝撃がないのは、短篇だからなんだろうか。 っつか、元ネタを「走れメロス」と「藪の中」しか知らない自分もどうかって感じなんだけど、文学作品あんまり読んだことないんでしょうが… このレビューの続きを見る

ワールドユースも、アジアカップも、しょぼい試合だったので(アルビの選手が出てないっても理由)、ちょっとパス。 森見登美彦の『新釈 走れメロス』を読破。こういった手法の小説は初めて読んだが、おもしろか… このレビューの続きを見る

もりみーの本2冊目です。夜は短し歩けよ乙女と舞台が同じで、登場人物のつながりが見れて楽しめました。山月記と走れメロス以外は原作知らないです。いいなぁと思ったのは、桜の森の満開の下と藪の中。景色が美しいです。京都の香りがたちこめてます。メロスはびっくりしてしまった。カフェで読んでたんだけど、なんども噴出しそうになりました。やばす。

それぞれの短篇がリンクし、「夜は短し〜」とも 繋がっているところが楽しいです。 全部が良いけれど、表題の「メロス」が面白かったです。

「山月記」「藪の中」「走れメロス」「桜の森の満開の下」「百物語」森見版名作集。 巨匠たちの名作を、森見ワールド=京都のダメ学生の自堕落な生活で再現した作品集です。 原作を既読なのは、教科書に載って… このレビューの続きを見る

祥伝社 / 2007年3月20日初版 / 1400円 あの名作が、京の都に甦る!? その時、彼の腕を通りすがりの女性が必死で掴み、「ちょっとすいません!」と叫んだ。思わず見返した相手は驚くほどに可憐な乙女で… このレビューの続きを見る

3.4

Book0526

19:11:By KIMのえにっき

本屋大賞「夜は短し、歩けよ乙女」のヒトの作品。 走れメロスのパロディ。桃色ブリーフ一丁で京都を駆けるorz

あの名作が、京の都に甦る!? 暴走する恋と友情――若き文士・森見登美彦の近代文学リミックス集!祥伝社HPより 面白かったです。 どんな感じなのかと思ってたら、想像してたよりまんまの森見節。 原作が有名ど… このレビューの続きを見る

有名な『夜は短し歩けよ乙女』を読む前に、なぜか先に読んでしまいました。 堅い本、過去の名作、洋書にひたすら疎いわたしが元ネタを全て知ってるのは、明らかに近代文学が好きすぎた高校の国語教育の賜物です。… このレビューの続きを見る

購入して読んだ! 京都が舞台ってのに惹かれました。 「走れメロス」で芽野が走ってたところがとても身近で楽しかった。 短編が読みやすくて好きだなあ。 うつらうつらしながら「その時歴史が動いた」の再放送見た。 頼朝はとても良いと思います。 鎌倉いきてー。 腰越はまだ行ってないから…。 まあこっちは義経か。

なんとなく愛すべきレトロな雰囲気の表紙です。教科書に登場する「山月記」「藪の中」「走れメロス」「桜の森の満開の下」「百物語」5話が、森見登美彦氏の手により、現代バージョンに甦りました。著者がチョイスした5話は、なかなかではありませんか!どのような現代風な話になったんでしょうね。「桜の森の満開の下」は坂口安吾の作品です。それぞれ、原作も是非、高校生の皆さん!読んでください。高校生のうちにね!

楽しかった。 パンツ一丁で踊るとかそういうネタが好き過ぎるな、私は。

連載モノの原稿が溜まったおかげで最近立て続けに読めている森見作品。嬉しい限りですな。乙一と並ぶフェイバリットな同い年生まれ作家です。 今回の短編集は、明治〜昭和中期までの名作短編を現代の京都(例によ… このレビューの続きを見る

2007/03/17 うわあ、なんてばかばかしいんだ! 文体がちょっと面白可笑しくなってるだけだろうなんて思ってたわたしが間違ってました。おもしろいよ。

関連する商品