DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 百瀬、こっちを向いて。 - 中田 永一 のレビュー全25件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 百瀬、こっちを向いて。

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

百瀬、こっちを向いて。
百瀬、こっちを向いて。で自分のブログにレビューを書く

百瀬、こっちを向いて。

おすすめ!4 [4](25件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ハードカバー
  • Amazonランキング:237156位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4396632975(祥伝社)
百瀬、こっちを向いて。のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(25件) 4 [4]

  朝日奈くんを読んでからほどなく、表題の作品が手に入ったので読みました。 いやー。いいですね。 こちらも短編集(連作でない)です。 うん。いいな。他のこと言えない。語彙少なすぎる。 登場人物の心… このレビューの続きを見る

乙一のラブコメ別名義、中田永一。単行本を買ったのに、寝かせている間に文庫本が出てしまった...。アンソロジーの文庫も買っていたのだが、中身は同じだった。ショック。収録は以下の4点。百瀬、こっちを向いて。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 

 【感想】--------------------------------------☆恐るべし中田永一さん...--------------------------------------「読書界を騒然とさせた話題の大型新人、初めての恋愛小説集」って帯には書いてあったんで… このレビューの続きを見る

読んだよ! 中田永一さんの短編集。 「百瀬、こっちを向いて」と「なみうちぎわ」は以前アンソロジーにおさめられてました。 でも初出時と加筆修正箇所があるらしく… 初出の方がよかった気が!? 初めて読んだ「キャ… このレビューの続きを見る

1時間半ほど人待ちをしなくてはならないときに立ち読みしたのがこの小説。 (とはいえ最近の書店は椅子も用意されているのでゆっくり座って読んだ。ありがたや) 思った以上に中村航系の私好みの文章、そして… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 久々に恋愛小説を読みました。 「百瀬、こっちを向いて。」 「なみうちぎわ」 「キャベツ畑に彼の声」 「小梅が通る」 という4つの短篇から成っています。 この4作品の共通点は、 “コ… このレビューの続きを見る

感想は「せつねー!!!」の一言に尽きる。超いい。ピュアでかなしくて、でも癒された。4編入っていて、どれも恋愛モノ。それも純愛。主人公はみんな暗かったり、モテなかったりして、友達も少ないの。でもそんな主… このレビューの続きを見る

幼なじみの宮崎先輩に頼まれて人間レベル2の僕は 先輩の二股相手である百瀬とつきあうフリをすることとなり 次第に本当に彼女のことを好きになってしまう 「百瀬、こっちを向いて。」 家庭教師をしていた小太郎が溺… このレビューの続きを見る

自分を「人間レベルが低い」と自覚している相原は、 全く女子と縁がないまま一生を終えるものだと思って いました。しかし、幼馴染みで3年の宮崎先輩にある 頼みごとをされ、状況が一変します。 高校生が主人公の短篇小説が4つ収録されていますが、 どれも爽やかでいながら他の小説とは少し違っていて 久しぶりに楽しめる恋愛小説でした。 恋の甘酸っぱい苦しさが絶妙な表題作がやはり好きです。

百瀬、こっちを向いて。

19:55:By kb

+++++++++++++++++++++++++++++++++ 百瀬、こっちを向いて。 内向的で地味な高校生、主人公のノボル。 彼は、幼馴染でもあり、近所に住む兄のような存在の宮崎先輩に憧れてい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 恋愛小説は好きではないけれど、なんとなくタイトルが頭に引っかかって気になっていた一冊。 友人宅で見つけて、思わず借りてしまいました。 読書好きの友人曰く、「これは多分、乙一」と… このレビューの続きを見る

私はアンソロジーってあんまり読まない人なので、この中田永一さんって全く知りませんでした。覆面作家さんなんですね〜この本も全くのノーマークだったんですが、「本の雑誌」の2008年上半期ベスト10にこの本が入… このレビューの続きを見る

 真っ白い本です。ブックカバーが。白い本といえば「恋愛寫眞」も白かった。こちらは文庫本になってて…ハードカバーの本が文庫になると、なんとなくショックですね… 話戻しまして、「百瀬、こっちを向いて」 … このレビューの続きを見る

地味で冴えない主人公は幼馴染みの先輩に「百瀬と付き合っているフリ」をして欲しいと頼まれる。先輩は、誰もが羨む美人の彼女がいながら百瀬とも付き合っていて、それを彼女に疑われているので、なんとか誤魔化し… このレビューの続きを見る

僕は(自称)人間レベル2。地味で暗い、クラスの底辺のような存在。 当然モテるわけもなく、女子なんて縁の無い存在だったのに… ある日、幼なじみの瞬兄ちゃん(人間レベル90)に頼まれてしまった。 彼の浮気相手… このレビューの続きを見る

新人作家、中田永一の初の作品集…ということになってますが、これって「死者のための音楽」を書いた山白朝子と同じ人が覆面で書いているともっぱらの評判。 で、覆面被っている人の作品が前から好きなので、これ… このレビューの続きを見る

あらすじ 恋愛アンソロジー『I LOVE YOU』にて大絶賛された中田永一、満を持しての単行本デビュー! クラスの中で最も「人間レベル」が低い“僕”は、いわば教室の障害物のようなものだった。いつもできるだけひっ… このレビューの続きを見る

 僕と手を繋ぐなんて、酷いにもほどがある。母と話してくれるなんて、髪を切ってくれるなんて、罪深いにもほどがある。それらの行為が後に僕をどん底に突き落とすなんて、彼女は気づかなかったのだ。楽しい記憶や… このレビューの続きを見る

内容紹介 恋愛アンソロジー『I LOVE YOU』にて大絶賛された中田永一、満を持しての単行本デビュー! クラスの中で最も「人間レベル」が低い“僕”は、いわば教室の障害物のようなものだった。いつもできるだけひっ… このレビューの続きを見る

 アンソロジー『I LOVE YOU』に収録された「百瀬、こっちを向いて。」で颯爽と登場した覆面作家中田永一さんのデビュー短編集。 ●「百瀬、こっちを向いて。」  人間レベルが低い僕は、幼馴染の宮崎先輩からの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 市川拓司氏絶賛! 「ささやかな人生に訪れた、奇跡のような輝き。これを読んだら絶対恋したくなる。」 恋愛アンソロジー「I LOVE YOU」などで読書界を騒然とさせた話題の大型新人、初めての恋… このレビューの続きを見る

★読了本★ 「百瀬、こっちを向いて。」 中田 永一 良かった〜〜!!あの方の別名義というウワサがあるらしいですね。 ウワサを聞いた時点で、そうとしか思えなくなってしまったんですが、 どっちにしろ素晴らし… このレビューの続きを見る

正体が乙一さんなんじゃないかとも囁かれている覆面作家さんの初単行本、ということで買ってしまいました。 どうでもいいけど、中田永一、って対称的な漢字を使用してるんですねぇ。(『永』は微妙か) 爽や… このレビューの続きを見る

新人さん……ということになっている方の最初のハードカバーです。 (恋愛小説の作品集で高評価で単独デビューとのこと) しかし、どうもこの作家さんは、誰か別の有名作家さんではないかといううわさ。 その騒… このレビューの続きを見る

関連する商品