>
[Amazon] 吉祥寺の朝日奈くん

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

吉祥寺の朝日奈くん
吉祥寺の朝日奈くんで自分のブログにレビューを書く

吉祥寺の朝日奈くん

3.2 [3.2](22件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:133672位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4396633300(祥伝社)
吉祥寺の朝日奈くんのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(22件) 3.2 [3.2]

JUGEMテーマ:読書 

  

吉祥寺の朝比奈くん著:中田永一購入したのは妹の結婚式に行く東京駅だったかな。表題作を含む短編5作。「交換日記はじめました!」という一番始めの作品を読むとこの作者のスタイルというのがわかる。意表をつくよ… このレビューの続きを見る

中田永一氏は、とある有名作家の別名義、覆面作家ということで・・・もうご本人から発表されたようですが、本書を読んでいる時は、はっきりしていなかった頃でした。私自身は、読んで文体が似ているとはあまり感じ… このレビューの続きを見る

  こんばんわ 母から「お米いる?」と言われてそういえば少なくなってたから どうしよっかなー買うと高いしなー、んじゃ送ってもらおうかなと適当に返して さっきご飯炊こうとしたら一合ぶんしか余ってなか… このレビューの続きを見る

交換日記始めました! 恋人同士の圭太と遥が内緒で交わしていた交換日記。二人だけの秘密だったはずが…。 ラクガキをめぐる冒険 高校二年のときにクラスメイトだった遠山真之介。五年後の今、不思議なことに同級生… このレビューの続きを見る

吉祥寺の朝日奈くん

10:27:By planet17

内容紹介 収録作品 交換日記始めました! 恋人同士の圭太と遥が内緒で交わしていた交換日記。二人だけの秘密だったはずが…。 ラクガキをめぐる冒険 高校二年のときにクラスメイトだった遠山真之介。五年後の今… このレビューの続きを見る

xxx

19:39:By 鳥books

 乙一の裏ネームと実しやかに囁かれる中田永一の2冊目。 真偽の程はさておき、テンション低めの会話や、ぐだぐだな人物の思考回路、起承転結の「転」はまさに乙一的。わたしは好き。 ただ、これが乙一だとし… このレビューの続きを見る

 「交換日記はじめました」「ラクガキをめぐる冒険」「三角形はこわさないでおく」「うるさいおなか」「吉祥寺の朝比奈くん」 最近ツイッター上で中田永一=乙一という事がはっきりと分かった訳ですが、これも… このレビューの続きを見る

あらすじ: 交換日記始めました! 恋人同士の圭太と遥が内緒で交わしていた交換日記。二人だけの秘密だったはずが…。 ラクガキをめぐる冒険 高校二年のときにクラスメイトだった遠山真之介。五年後の今、不思議なこ… このレビューの続きを見る

  またまた はじめての作家さん。 「百瀬、こっちを向いて」 どこかで聞いた言葉だと思ったら この人が前に書いた話やったのか、と 。 何気なく図書館で借りてきたんやけど、 長編だと思ったら短編だったん… このレビューの続きを見る

悪くはなかったんだけど、中々進まず返却。 「百瀬−」ほどパンチのある短編集ではなかったかな。 青春小説なのにやはりどこかミステリー要素があるのよね。 伏線が潜んでいる感じ。 本多孝好が好きな人にはお勧めの作家さん。

内容紹介 収録作品 交換日記始めました! 恋人同士の圭太と遥が内緒で交わしていた交換日記。二人だけの秘密だったはずが…。 ラクガキをめぐる冒険 高校二年のときにクラスメイトだった遠山真之介。五年後の今、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 山田真野。上から読んでも、下から読んでも、ヤマダマヤ。彼女はそれをいやがっていたが、僕には関係なかった。最後までずっと「山田さん」と呼んでいたからだ−。中田永一が贈る至高の… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:恋愛小説  ● 吉祥寺の朝比奈くん / 中田永一  ● 祥伝社  ● 1680円  ● 評価 ☆☆☆☆ 「交換日記始めました!」  恋人同士の圭太と遥が内緒で交わしていた交換日記それは二人だけの秘密だ… このレビューの続きを見る

20010年3月14日。吉祥寺にあった百貨店、「伊勢丹 吉祥寺店」が閉店しました。  はじめて吉祥寺の伊勢丹へ行ったのは、多分、吉祥寺に引越してきた十数年前のこと。 伊勢丹はもともと新宿店によく行っていた… このレビューの続きを見る

 『百瀬、こっちを向いて。』後、待望の新作です。 今回も短篇により、ちょっと切ない恋愛模様が展開されています。 著者の恋愛ものは、甘酸っぱい青春の恋心を描きつつも、 ミステリ要素があるというところが… このレビューの続きを見る

高校時代の交換日記が交番に届けられ家族の連絡ノートとなりフリーマーケットで売買され再び男の手に戻ってくる「交換日記はじめました!」高校の地味な男子と連絡を取ろうと同級生に声をかけやっと見つけた彼の研… このレビューの続きを見る

そっか〜そういうことだったのかーー『百瀬、こっちを向いて』がとても好きだったし、帯に書いてある言葉に、期待大になり久しぶりに購入して読みました。んーーーなんて書こうか悩む。まずは、短篇だったことにび… このレビューの続きを見る

うおおおおお!まじで中田永一おもしれええええ!もう本当この人の作品好き。惚れた。「百瀬、こっちを向いて。」でデビューした作家さんの2作目。「吉祥寺の朝日奈くん」という本を読んだ。「交換日記はじめました… このレビューの続きを見る

「百瀬、こっちを向いて。」に続く中田永一の第二作品集。 中田さんはひねくれた恋愛小説を書かせたら随一。  5作の中・短編小説が収録されていますが、いずれも恋愛小説、ですがひねくれまくってます。 お話… このレビューの続きを見る

イケメンたくさんのさわやかな恋愛小説だった。 どんでん返しもあって、メリハリがあって面白かった。好きな作家だ。 ユーモアのセンスと漫画のチョイスも好き。MASTERキートンとかな。 べたべたしくない雰囲… このレビューの続きを見る

関連する商品